Skip to content
イノーバマーケティングチーム2024/03/07 12:33:514 min read

【2024年最新】コンテンツ制作の基礎知識を網羅!目的・手順・コツを徹底解説

コンテンツ制作とは?その目的と重要性

コンテンツ制作の目的

コンテンツ制作とは、企業や組織が自社のウェブサイトやSNS、メールマガジンなどのメディアで発信する情報を作成することです。その主な目的は以下の通りです。

  1. ブランド認知の向上
  2. 専門性・信頼性のアピール
  3. 顧客との関係性の構築
  4. 潜在顧客の掘り起こし
  5. 商品・サービスの訴求

魅力的で価値のあるコンテンツを発信することで、企業は自社の存在感を高め、ターゲットとなる顧客に対して積極的にアプローチすることができます。

例えば、あるBtoBのSaaS企業では、自社サービスに関連する課題についての解説ブログを定期的に更新しています。記事では、課題の背景や影響について詳しく説明し、具体的な解決方法を提示しています。このようなコンテンツを通じて、同社は自社の専門性をアピールし、潜在顧客の関心を引き付けることに成功しています。

なぜコンテンツ制作が重要なのか

インターネットやスマートフォンの普及により、消費者の情報収集の方法は大きく変化しました。今や多くの人が、商品やサービスを購入する際には、まずウェブサイトで情報を探します。企業がウェブ上で積極的に情報発信をしていなければ、顧客に選んでもらえる機会を逃してしまうでしょう。

また、コンテンツ制作は、長期的なブランディングにも欠かせません。一時的な広告とは異なり、コンテンツはウェブサイト上に蓄積され、長期間にわたって顧客との接点を作り続けます。高品質なコンテンツを継続的に発信することで、企業は自社のブランドイメージを確立し、顧客からの信頼を勝ち取ることができるのです。

イノーバのB2Bマーケティング支援サービス

弊社イノーバでは、BtoBの企業様のマーケティングを総合的に支援するサービスを提供しています。コンテンツ制作だけでなく、戦略の立案から、SEO、メールマーケティング、リードジェネレーションまで、ワンストップでサポートいたします。
マーケティングのプロ集団であるイノーバのチームが、貴社の事業成長に貢献いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

コンテンツ制作の種類と特徴

コンテンツには様々な種類があり、それぞれ目的や特徴が異なります。代表的なコンテンツとして、以下の4つが挙げられます。

ブログ記事

ブログ記事は、最も一般的なコンテンツの形式です。企業のウェブサイトに設けられたブログで、業界の動向や自社の取り組み、商品・サービスの活用方法など、様々なトピックについて発信します。
検索エンジン経由での流入を狙えることがブログの大きな特徴です。狙ったキーワードで上位表示させることで、多くの潜在顧客を呼び込むことができます。
また、記事に関連商品へのリンクを貼ることで、ダイレクトに売上に結びつけることも可能です。

例えば、企業向けの勤怠管理システムを提供している企業のブログでは、以下のようなトピックが考えられます。

  • リモートワーク時代の勤怠管理の課題と解決策
  • 勤怠管理システム導入による業務効率化の事例紹介
  • 労務リスクを避けるための勤怠管理のポイント

このように、自社の商品やサービスに関連する課題をテーマに、有益な情報を発信していくのです。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、特定のテーマについての問題提起や、解決策の提示を行う報告書形式のコンテンツです。ブログ記事よりも専門的で、内容が濃いのが特徴です。
企業が自社の専門性を示し、リードの獲得を目的としてホワイトペーパーを作成するケースが多くあります。多くの場合、問い合わせや資料請求のためのフォームと組み合わせ、見込み客の情報を取得します。

例えば、セキュリティソフトを販売している企業なら、以下のようなホワイトペーパーを発行するのが有効でしょう。

  • 急増するサイバー攻撃の脅威と対策
  • 進化するウイルスの特徴と最新のセキュリティ技術
  • セキュリティ対策の費用対効果の考え方

どのような企業にも当てはまる一般的な内容ではなく、自社ならではの視点からの考察を示すことが重要です。

動画コンテンツ

動画は視聴率が高く、ソーシャルメディア上でのシェアも期待できる人気のコンテンツです。商品の紹介や、会社案内、CEOメッセージなど、様々な場面で活用できます。
文章では伝えきれない非言語情報も含めて発信できる点が動画の強みです。社員の表情や仕草、オフィスの雰囲気なども伝わるため、企業の人となりをアピールするのに適しています。

例えば、動画制作会社が実際の制作の様子を動画で紹介するのは効果的です。スタッフのインタビューや撮影風景、編集作業の流れなどを映像で見せることで、同社のスキルの高さを強く印象付けることができるでしょう。

インフォグラフィック

インフォグラフィックは、情報やデータをビジュアル化して表現するコンテンツです。グラフやチャート、イラストなどを使い、複雑な情報をわかりやすく伝えるのが目的です。
テキストだけの記事と比べて、はるかに多くの情報を盛り込めます。また、読者の目を引きやすく、SNSでのシェア率も高いのが特徴です。

例えば、人材系の企業なら、以下のようなトピックでインフォグラフィックを作成できるでしょう。

  • 景気動向と求人倍率の推移
  • 各業界の平均年収と転職率の比較
  • 働き方改革関連法の概要と企業の対応状況

もともとデータの形で存在する情報を、見やすく加工してビジュアルに表現するのがポイントです。

コンテンツ制作の手順

コンテンツ制作を成功させるためには、しっかりとしたプロセスを踏むことが重要です。ここでは、コンテンツ制作の一般的な流れを5つのステップに分けて説明します。

1. 企画・戦略立案

まず行うのがコンテンツの企画です。ここでは、コンテンツの目的を明確にし、ターゲットとなる顧客層を定めます。
また、競合他社の事例を参考にしながら、自社ならではの切り口を見つける必要もあります。他社と同じような内容では、読者に刺さりません。
キーワード選定もこの段階で行います。SEOを意識したキーワードを選ぶことで、検索上位表示を狙っていきます。

具体的には、以下のような手順で企画を進めていきます。

  1. コンテンツの目的を設定する(ブランディング、リード獲得など)
  2. ターゲットペルソナを明確にする(職種、役職、課題など)
  3. 競合他社の事例を分析する
  4. テーマと切り口を決める
  5. キーワードを選定する

この段階では、マーケティング部門と制作部門が連携し、戦略的な方向性を定めることが求められます。

2. 取材・情報収集

企画が固まったら、次はコンテンツのネタ集めです。情報収集を十分に行い、説得力のある内容にしていきます。
自社内の関係者へのインタビューはもちろん、外部の専門家への取材も検討しましょう。インタビューでは、具体的な事例を引き出すことを心がけます。
また、可能であれば実際に現場を見学し、臨場感のあるリアルな情報も集めておくと良いでしょう。

情報収集で押さえるべきポイントは以下の通りです。

  • 自社内の関係者への取材(営業、製品開発など)
  • 外部専門家へのインタビュー
  • 現場の見学、体験
  • 文献調査(白書、調査レポート、専門書など)
  • ウェブ上の情報収集(業界メディア、競合他社の記事など)

集めた情報は、信頼できるソースから得たものかどうかを確認し、事実関係を検証することが重要です。

3. 構成・ライティング

情報収集が済んだら、コンテンツの構成を考えます。集めた情報を整理し、伝えるべきことを明確にした上で、論理的な流れを作っていきます。
起承転結の法則を意識し、読者を引き込む構成を心がけましょう。前述のインタビューで得た具体的な事例は、ストーリー仕立てで盛り込むと効果的です。
セクションごとに見出しを付け、読みやすい記事になるよう工夫します。

ライティングのコツをいくつか挙げておきます。

  • 読者目線で書く。専門用語は避け、わかりやすい言葉で説明する。
  • 事実と意見を明確に区別する。根拠のない主張は避ける。
  • 一文は短めにまとめる。長過ぎる文章は読みにくい。
  • 能動態で書く。受け身の表現は感情に訴求しにくい。
  • 例示を多用する。抽象的な説明よりも、具体例のほうがわかりやすい。

最後に、誤字脱字や事実誤認がないかしっかりチェックしましょう。校正作業は念入りに行います。

4. デザイン・フォーマット調整

ライティングが終わったら、デザインの工程に入ります。記事内の画像選定、図表の作成、レイアウトの調整などを行います。
キャッチーな見出し画像を用意したり、適度に画像を挿入したりすることで、読者の興味を引き付けるビジュアルに仕上げていきます。
フォントの種類や文字サイズ、行間なども、読みやすさを考えて最適化します。

スマートフォンの普及により、モバイルフレンドリーなデザインも必須です。スマホの画面でも読みやすいレイアウトを心がけましょう。

また、ウェブ上の記事には、SEOのための施策も必要です。以下のような点に気をつけます。

  • タイトルにキーワードを盛り込む
  • メタディスクリプションを最適化する
  • 画像のalt属性を設定する
  • 構造化マークアップを実装する

このあたりは、HTMLの知識が必要になるので、ウェブ担当者とも協力しながら進めていきましょう。

5. 公開・プロモーション

コンテンツが完成したら、いよいよ公開です。自社のウェブサイトやブログに記事を掲載し、世の中に向けて発信します。
公開のタイミングは、閲覧数が見込める曜日や時間帯を狙うのが効果的です。アクセス解析のデータを見ると、最適なタイミングがわかるはずです。

そして、公開後のプロモーション活動も欠かせません。SNSでの拡散はもちろん、メールマガジンやオウンドメディアでも告知しましょう。
場合によっては、プレスリリースを配信して、メディア露出を狙うのも一案です。業界紙やニュースサイトに取り上げられれば、一気に注目度が上がります。

プロモーションの例をいくつか挙げておきます。

  • SNS(Twitter、Facebook、LinkedIn)での発信
  • 自社メルマガでの告知
  • 関連記事からの内部リンク
  • プレスリリースの配信
  • インフルエンサーやパートナー企業への拡散依頼
  • リターゲティング広告の実施

公開後は、アクセス解析ツールで記事の閲覧状況をチェックし、PDCAサイクルを回していきましょう。

AIを活用したコンテンツ制作

近年、コンテンツ制作の現場でもAIの活用が進んでいます。ここでは、AIを用いたコンテンツ制作のメリット・デメリットを解説します。

AIを使ったコンテンツ制作の効率化

AIライティングツールを活用することで、コンテンツ制作の大幅な効率化が期待できます。
例えば、ブログ記事を1本作るのにライターが半日かかっていたのが、AIを使えば1時間で仕上がる、といったことも可能です。
また、キーワードや記事の方向性を指示するだけで、後はAIが文章を自動生成してくれるため、人的工数を大きくカットできます。

AIならではのメリットもあります。AIは大量のデータから学習しているため、網羅的な情報を含んだ記事を作れます。
また、人間だと思いつきにくい切り口のアイデアを出してくれることも。ネタ切れを防ぐ役割も果たしてくれるでしょう。

AIツール活用時の注意点

ただし、AIツールの利用には注意点もあります。現状のAIは、事実関係の正確性が保証されていません。
場合によっては、誤った情報を含む文章を生成してしまうリスクがあります。AIが生成した文章は、必ず人間が最終確認を行う必要があります。

また、AIには創造性はありません。型にはまった表現になりがちで、ツール独特の癖のある文章になることも。
あまりAIに頼り過ぎず、人間ならではのオリジナリティを加えることが大切です。

人間とAIの協働によるコンテンツ制作

理想的なのは、AIと人間とが協働してコンテンツを作っていく姿です。
例えば、記事の骨子をAIに作ってもらい、肉付けを人間が行う。あるいは、AIに文章を生成してもらった後に、人間が全体を推敲し、洗練させる。
このように、AIの効率性と、人間のクリエイティビティを組み合わせることで、高品質なコンテンツを短時間で量産できるはずです。

AIをうまく活用し、人間とAIとの最適な協働体制を作り上げることが、今後のコンテンツ制作の鍵となるでしょう。

コンテンツ制作に必要なスキルと体制

最後に、コンテンツ制作に求められるスキルと、社内の推進体制について説明します。

ライティングスキル

何よりも重要なのは、文章力です。読者を引き込む、説得力のあるコピーライティング能力が不可欠です。
単に情報を羅列するだけでなく、ストーリーを織り交ぜて、読者の心に響く文章が書ける人材が求められます。

記事の構成力も大切なスキルです。集めた情報をどのように料理し、伝えるべきことを論理的に組み立てられるかが問われます。
起承転結を押さえ、読者を最後まで飽きさせない構成力が求められるでしょう。

デザインスキル

記事の見た目の美しさも、読者の印象を大きく左右します。ビジュアルでインパクトのあるデザインができるスキルも重視したいところです。
キャッチーな見出し画像、読みやすいレイアウト、図解やグラフなどを効果的に使える人材がいると心強いはずです。

ウェブデザインの基礎スキルがあれば、よりクオリティの高い記事に仕上げられます。デザインツールの使い方にも精通しておきたいスキルと言えるでしょう。

マーケティングスキル

コンテンツ制作には、マーケティングの知識も必要不可欠です。ターゲットとなる顧客像を理解し、その心理や行動パターンを意識した記事設計ができなくてはなりません。
顧客インサイトを持ち、ペルソナを明確にした上でコンテンツを制作する。マーケティング視点を持ったメンバーの存在が欠かせません。

キーワード選定などのSEOスキルも求められます。検索意図を理解し、最適なキーワードを選び、記事に自然に盛り込む。
そのための情報収集力とデータ分析力が問われるでしょう。

自社内の体制づくり

以上のようなスキルを持った人材を社内に揃え、コンテンツ制作を推進していく体制づくりが必要です。
できれば専任のコンテンツ制作チームを作るのが理想です。ライター、デザイナー、マーケターなどの専門人材をアサインし、各自の専門性を活かせる環境を整備しましょう。

とは言え、大がかりな体制を作るのは容易ではありません。少人数でスタートして、徐々に体制を拡張していくのも一案です。
例えば、ライターとデザイナーの2名体制から始め、実績を積んだ段階で人員を増やす。あるいは、兼任メンバーを集め、プロジェクト単位で体制を組むのも有効でしょう。
大切なのは、コンテンツ制作の重要性を社内で共有し、トップダウンで推進していくことです。

コラム:コンテンツ制作を外注するメリットとデメリット

自社にリソースがない場合は、外部にコンテンツ制作を発注するという選択肢もあります。
外注のメリットとしては、専門スキルを持った人材を確保できる点が挙げられます。また、社内リソースを割かずに済むのも大きな利点です。
一方、デメリットとしては、外部パートナーとのコミュニケーションコストが発生することや、機密情報の流出リスクなどがあります。
自社の状況を見極めた上で、外注も選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

コンテンツ制作の成功事例と失敗例

実際のコンテンツ制作の事例を見ていきましょう。成功例と失敗例を取り上げ、そこから学ぶべきポイントを解説します。

成功事例1: ターゲットに刺さるブログ記事

ある不動産テック企業では、「賃貸物件オーナー向けのお役立ち情報」をテーマにしたブログ運営に注力しました。
空室対策や入居者トラブルの解決方法など、オーナーの関心が高いトピックを取り上げ、実践的なノウハウを提供。
記事は、同社の担当者への取材をもとに書かれており、現場感のあるリアルな内容だったのが特徴です。

ブログ開始から1年で、月間10万PVを達成。オーナー層から高い支持を集め、問い合わせ数も大幅に増加しました。
転居希望者など、ターゲット外の読者も少なくなかったのですが、オーナー層に特化した情報を発信し続けたことで、ブランディングに成功した好例と言えるでしょう。

成功のポイント

  • ターゲットを明確にし、刺さるコンテンツを制作する
  • 表面的な情報ではなく、実践的なノウハウを提供する
  • 現場の生の声を取り入れ、リアリティのある内容にする

成功事例2: 拡散性の高いインフォグラフィック

人材系ベンチャー企業のケースでは、「日本の労働人口の推移」を図解したインフォグラフィックが大きな反響を呼びました。
2050年までの労働人口の変化を、グラフを使ってビジュアライズ。高齢化に伴う労働力不足の深刻さを訴求力高く伝えました。
インフォグラフィックは、同社のウェブサイトに掲載したのみならず、ダウンロード可能な画像として提供。多くのメディアに転載され、ソーシャルメディアでもバズるなど、大きな拡散効果を生み出しました。

ページビューは50万を超え、自社サイトへの流入数は10倍に増加。採用関連サービスの認知拡大に貢献し、新規顧客の獲得にもつながったそうです。
拡散性の高いコンテンツの制作が、認知獲得に直結した成功事例だと言えます。

成功のポイント

  • インパクトのあるビジュアルで、強いメッセージ性を持たせる
  • 誰もが共有したくなる、バズる要素を盛り込む
  • 転載を促進するために、画像のダウンロードを用意する

失敗例1: ターゲットを見誤ったホワイトペーパー

製造業向けのIoTソリューションを手がけるシステム開発会社では、技術的な内容を盛り込んだホワイトペーパーが、ほとんど読まれないという事態に。
製造ラインの自動化に関する、IoT活用事例を紹介した内容だったのですが、想定したターゲット層にはあまりにも専門的過ぎたようです。

本来のターゲットは、工場の経営者や管理職層でしたが、彼らにとっては技術的な詳細は不要な情報だったのです。
経営的な視点から見たメリットや、導入効果をもっとわかりやすく訴求すべきだったと反省しているそうです。
膨大な時間と労力をかけて作成したホワイトペーパーでしたが、ターゲット選定を誤ったがために、十分な成果を挙げることができませんでした。

失敗から得た教訓

  • ターゲットの関心ごとを的確に捉え、情報の切り口を工夫する
  • 専門的な内容は、読者の理解度に合わせて平易に説明する
  • 技術的な話は最小限に留め、ビジネス視点の情報を重視する

失敗例2: クオリティの低い動画コンテンツ

化粧品ブランドを展開するD2Cベンチャーでは、ブランドの世界観を訴求するために、イメージ動画の制作に挑戦しました。
しかし、低予算で制作を外注したため、出来上がった動画のクオリティは散々。安っぽい画質に、つながりのない映像の羅列。到底、ブランドイメージを高める内容ではありませんでした。

動画は、ブランドサイトで公開されるも再生数は伸びず、ユーザーからの評判も芳しくなかったとのこと。
安易な外注発注が仇となり、ブランド価値を毀損しかねない事態となってしまいました。
クオリティにこだわらず安易に動画制作を進めたのが敗因だったようです。

失敗から得た教訓

  • ブランドイメージに見合った、質の高い動画制作を心がける
  • 外注する場合も、しっかりとしたディレクションを行う
  • 低予算で妥協するよりも、力を入れて良質な動画を作る

コンテンツ制作のコツ

最後に、コンテンツ制作を成功に導くコツを伝授します。押さえておきたいポイントを6つ取り上げます。

1. ターゲットの明確化

何よりも重要なのは、ターゲットを明確にすることです。誰に向けたコンテンツなのかを明らかにし、その人たちの関心ごとを徹底的にリサーチします。
ペルソナを設定し、具体的なイメージを持つことがポイント。年齢や職種、悩みや課題などをできるだけ詳細に定義しましょう。
ターゲットのことを深く理解してこそ、刺さるコンテンツが作れるはずです。

例えば、30代の女性管理職をターゲットにするなら、以下のようなペルソナ設定が考えられます。

  • 「山田 花子」37歳、事業会社の人事部長
  • 課題:部下のマネジメントに悩んでいる。メンタル不調の部下が増えている。
  • ニーズ:メンバーのモチベーション向上策、良好なコミュニケーションの取り方

このようなペルソナを意識して情報を発信することで、ターゲットに響くコンテンツになるでしょう。

※ポイント

  • 性別、年代、職種、役職など、具体的な属性を定義する
  • ペルソナの抱える課題やニーズを明確にする

2. 一貫性のあるメッセージ

コンテンツを制作する際は、発信するメッセージに一貫性を持たせることが大切です。
ブログ記事にせよ、動画にせよ、バラバラの内容では読者は混乱します。コンテンツ全体を通して、統一感のあるメッセージを伝えるよう心がけましょう。
トーンアンドマナーも重要です。フレンドリーな語り口にするのか、フォーマルな表現で通すのか。メッセージに合わせて適切なトーンを選ぶことが求められます。

自社の強みや特長をアピールすることを意識するのも効果的。他社にはない独自性を打ち出せるはずです。
ただし、誇大広告にならないよう注意が必要。事実に基づいた、正直なメッセージであることが大前提です。

※ポイント

  • シリーズ物のコンテンツは、テーマに沿ったメッセージを一貫させる
  • トーンアンドマナーを統一し、ブレのない情報発信を心がける
  • 自社の強み・特長を前面に押し出し、他社との差別化を図る

3. 定期的な更新

コンテンツ制作は一過性のものではありません。読者との長期的な関係を築くには、継続的に情報を発信し続ける必要があります。
ブログなら週1回以上、メールマガジンなら月2回以上を目安に、定期的な更新を心がけましょう。
企業のSNSアカウントも同様です。毎日1本以上の投稿が理想的と言われています。

更新頻度を上げれば、それだけ読者との接点も増えます。アクセス数のアップも期待できるでしょう。
一方、更新が滞れば、読者の関心も徐々に失われていきます。飽きられないよう、適度なペースを保つことが肝心です。

※ポイント

  • ブログは週1〜2回以上、SNSは毎日1回以上を更新の目安にする
  • メルマガも月2回以上の配信を心がける
  • 無理のないスケジュールを立て、継続的な更新を実現する

4. クオリティの維持

当然ながら、コンテンツのクオリティも重要です。上述の更新頻度を保ちつつ、常に高品質な情報を届けられるかが問われます。
記事の推敲に時間をかけ、読みやすい文章に仕上げるのはもちろん、誤字脱字や事実誤認のないよう細心の注意を払いましょう。
デザインやレイアウトにも気を配り、読者に見やすい、美しい見た目を心がけることも大切です。

特に意識したいのが、オリジナリティ。情報を寄せ集めただけの、二次情報的なコンテンツでは、読者の心を掴めません。
自社ならではの視点を加え、他にはない切り口で情報を提供する。プロならではのこだわりが、コンテンツの質を大きく左右するはずです。

※ポイント

  • 形式的なチェックを徹底し、ミスのない正確な記事を心がける
  • 読みやすい文章、見やすいレイアウトを意識する
  • オリジナリティを打ち出し、他社との差別化につなげる

5. 効果測定と改善

コンテンツ制作を続けながら、常に効果検証を行うことが欠かせません。PDCAサイクルを回し、制作の成果を定期的に振り返る習慣を持ちましょう。
アクセス解析の指標をチェックし、よく読まれている記事の傾向を分析。SNSでの反響なども合わせて確認します。
効果の薄いコンテンツは思い切ってリニューアルし、手応えのある企画は積極的に展開する。データに基づいた改善を繰り返すことで、次第にコンテンツの精度は上がっていくはずです。

効果測定のポイントを以下に列挙しておきます。

  • PV数、UU数、平均滞在時間などのアクセス指標
  • 読了率、CVR、CPA
  • SNSの反応数(いいね!、リツイートなど)
  • コンテンツ経由の問い合わせ数、成約数

狙った成果が出ていなければ、原因を探り改善策を練る。試行錯誤を重ね、コンテンツ制作のレベルを少しずつ引き上げていくことが大切だと言えます。

6. 各コンテンツ種類の長所を活かした活用法

最後に、各種コンテンツの特性を理解し、その長所を活かすことを意識したいポイントです。
例えば、ブログ記事は検索需要の取り込みに長けています。キーワードを意識した記事設計で、SEO効果を狙うのが王道でしょう。
一方、ホワイトペーパーは専門性の高さをアピールできる強み。自社の知見をふんだんに盛り込んだ、オリジナリティ溢れる内容が求められます。
動画は視聴者の印象に残りやすいのが特徴。ブランドイメージの訴求に効果的と言えるでしょう。

このように、それぞれのコンテンツの長所を見極め、戦略的に使い分けることが肝要です。
例えば、ブログで顧客を集めつつ、ホワイトペーパーでリードを獲得。動画でブランド認知を高める、といった多面的なアプローチが考えられます。
様々なタイプのコンテンツを組み合わせ、相乗効果を生み出す発想が大切だと言えるでしょう。

※ポイント

  • それぞれのコンテンツの特徴を理解し、使い分ける
  • ブログはSEO効果、ホワイトペーパーは専門性訴求、動画はブランディングに活用
  • 複数のコンテンツを連動させ、効果を最大化する

コンテンツ制作の現場では、以上のような多角的な視点を持つことが求められます。
常に高い意識を保ちつつ、情熱を持って取り組む。コツコツと積み重ねることが、成功への近道になるはずです。

コラム: コンテンツ制作は企業の未来を左右する

コンテンツ制作は、一見地味で目立たない地道な活動かもしれません。
しかし、この取り組みが、企業のその先の成長を大きく左右すると言っても過言ではありません。
なぜなら、コンテンツの力は、顧客との信頼関係を築く大きな武器になるからです。

企業にとって、顧客からの厚い信頼を得ることは何より重要。その信頼を勝ち取るカギこそが、良質なコンテンツなのです。
有益な情報を長期的に提供し続けることで、顧客との強固な絆が生まれる。ブランド価値の向上にもつながっていくでしょう。

また、コンテンツ制作は企業にとって、自らの専門性や独自のノウハウを示すまたとないチャンスです。
自社ならではの知見を開示し、業界へ強烈な存在感を示す。その積み重ねが、競合との差別化にもなるはずです。

さらに、顧客の反響を受けながらコンテンツ制作を続けることは、社員の意識改革にも良い影響を及ぼします。
顧客志向の姿勢が組織に根付き、サービス向上への意欲も一層高まるでしょう。
自社の強みを再認識する良い機会にもなるはずです。

そして、業界全体の発展にも貢献できる点も見逃せません。
オリジナリティあふれる良質なコンテンツの発信は、業界知見のレベルアップにつながります。
切磋琢磨しながら、業界全体の底上げを図る。そんな大きな役割も、企業のコンテンツ制作には期待できるのです。

このように、コンテンツ制作の先には、企業の明るい未来が拓けていると言えるでしょう。
地道な取り組みではありますが、その果実はきっと大きい。長期的な視点を持ち、コンテンツの力を信じて邁進していきたいものです。

FAQ:

Q. コンテンツ制作にはどのくらいの費用がかかる?
A. 制作の規模や内容によって大きく異なりますが、外注の場合、ブログ記事1本あたり2〜5万円程度、ホワイトペーパー1本あたり30〜50万円程度が相場と言われています。自社で制作する場合は、社内リソースのコストを考慮する必要があります。ある程度の投資は必要ですが、長期的なリターンを意識して取り組むことが大切です。

Q. コンテンツ制作の外注先はどう選ぶべき?
A. 実績とスキルのあるライターやクリエイターを選ぶことが重要です。過去の制作物を確認し、品質の高さを見極めましょう。また、自社の業界知識やターゲット理解があるかどうかも大切。単に安価な制作会社に依頼するのではなく、自社にマッチする最適なパートナーを見つけることが肝要です。

Q. 効果の出るコンテンツ更新頻度は?
A. 先にも触れたとおり、ブログなら週1〜2回以上、SNSなら毎日1回以上が理想的とされています。ただ、無理のない範囲で高品質なコンテンツを更新し続けることが何より大切。自社の体制やリソースに合わせて、現実的な更新ペースを探っていくことが賢明だと言えます。

Q. コンテンツの効果測定の方法は?
A. Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使い、PV数や滞在時間、直帰率などを確認します。あわせて、CVRやCPAなどのコンバージョン指標もチェック。SNSの反応数も重要な指標の一つです。これらのデータを定期的に分析し、施策の効果を多角的に検証することが求められます。

Q. 良いコンテンツのネタ探しの方法は?
A. 日頃からアンテナを高くして、業界の最新トレンドをキャッチすることが大切です。ニュースサイトやSNSもこまめにチェック。競合他社の動向も見逃さないようにしましょう。また、顧客の声に耳を傾け、彼らの関心ごとを深く理解すること。営業担当者やカスタマーサポートからのフィードバックも有益な情報源となるはずです。

Q. コンテンツ制作に必要な社内の体制は?
A. 企画、ライティング、デザイン、ディレクションなど、各工程に専任の担当者を置くのが理想的です。ただ、小規模な企業などリソースに限りがある場合は、兼任の体制でもやりくりは可能。マーケティング部門が中心となって進め、他部署とも連携しながら少人数で回していく。それぞれの事情に合わせて、最適解を模索することが肝要と言えます。

Q. 自社にコンテンツ制作のスキルがない場合はどうすればいい?
A. 社内にライターやデザイナーがいない企業も少なくありません。そんな場合は、外部リソースの活用を検討しましょう。制作会社やフリーランスへの発注が選択肢の一つ。社内でディレクションができる人材は確保しつつ、実制作は外部に任せる。そんな体制づくりも考えられます。自社の状況を見極め、最善の方法を選択することが求められます。

Q. オウンドメディアとSNSではどちらにも力を入れるべき?
A. オウンドメディアは、自社の専門性や商品・サービスの魅力を存分にアピールできる場。一方、SNSは情報拡散や顧客とのコミュニケーションに効果的。両者の特性は異なりますが、どちらも欠かせない存在と言えます。両輪として並行して取り組み、相乗効果を狙うことが理想的だと考えられます。

Q. BtoBとBtoCでコンテンツ戦略はどう違う?
A. BtoBは企業の意思決定者に訴求することが目的。専門性の高い情報や課題解決策の提示が求められます。一方、B2Cは消費者の感情に響く、エンタメ性のあるコンテンツが重要。商品の魅力を印象的に伝えることが肝要です。ターゲットが異なれば、アプローチも自ずと変わってきます。

Q. コンテンツの最適な文字量は?
A. 記事の目的や媒体によって、ベストな文字量は異なります。一般的には、ブログ記事であれば1,500〜3,000文字程度、ホワイトペーパーなら1万字以上が目安とされています。あまり長過ぎても読者に敬遠されますし、かと言って短すぎても物足りなく感じられます。SEOの観点からは2,000文字以上が推奨されていますが、無理に水増しするよりも読者に響く中身を心がけることが何より大切だと言えます。

Q. 読了率を上げるコツは?
A. 読者を飽きさせない工夫が大切です。記事冒頭で興味を引く導入文を用意したり、小見出しを適度に配置したりすると効果的。文章は平易でわかりやすい表現を心がけ、箇条書きも有効活用。画像や動画も読了率アップに役立つはずです。スマホの画面でも読みやすいよう、段落を小分けにするなどの細かな配慮も欠かせません。読者目線に立って、読みやすさを追求することが肝要だと考えられます。

Q. サイトに動画コンテンツは必須?
A. 動画コンテンツは今やマストと言えるでしょう。テキストだけでは伝えきれない臨場感や説得力を、動画ならではの表現力で補うことができます。商品紹介やハウツー、インタビューなど、様々なシーンで効果を発揮。ブランドイメージの訴求にも一役買います。動画制作には手間もコストもかかりますが、是非前向きに検討したい施策の一つです。

Q. インフルエンサーマーケティングとの違いは?
A. インフルエンサーマーケティングは、SNS上の影響力のある個人を活用する手法。企業のコンテンツ制作とは、外部の力を借りるか否かという点で大きく異なります。ただ、自社コンテンツの拡散にインフルエンサーの力を借りるなど、両者を組み合わせることも可能。自社の状況に合わせ、うまく連携させる方法を探っていくことが大切だと言えるでしょう。

Q. コンテンツ制作はインハウスとアウトソーシングのどちらがおすすめ?
A. 自社の体制やリソース、予算などによって最適解は異なります。インハウスなら、自社ならではの視点やノウハウを活かしたコンテンツが作れる一方、人的コストがかかるのがネック。アウトソーシングなら、専門スキルを持つ人材に任せられるメリットがある半面、品質管理の難しさなどのデメリットも。一長一短ありますが、自社の状況をよく見極め、ベストなバランスを探ることが肝心です。

Q. コンテンツの多言語展開のポイントは?
A. グローバル展開を見据えたコンテンツ戦略では、多言語化が欠かせません。単なるダイレクト翻訳ではなく、各言語圏の文化や嗜好もしっかりと考慮することが大切。単語の選び方一つとっても、細かなローカライズが求められます。また、翻訳のクオリティチェックも怠ってはなりません。ネイティブスピーカーの目を通すなどの工夫が必要不可欠。言語の垣根を越え、ブランドの価値を等しく伝えられるよう、入念な準備と継続的な改善が肝要だと言えます。

まとめ

ここまで、コンテンツマーケティングに関する基本知識をご紹介してきました。

冒頭でもお伝えしたように、コンテンツ制作は一朝一夕で成果の出るものではありません。
泥臭く、地道に取り組み続けることが何より大切。
でも、その努力は必ず報われるはず。
顧客との信頼関係を築き、競合との差別化を図る。
そんな大きなメリットを、コンテンツの力はもたらしてくれるのです。
だからこそ、コンテンツ制作には思い切り力を注ぎたい。
自社の個性を存分に発揮し、他社には真似できない唯一無二のコンテンツを生み出す。
その積み重ねが、きっとブランド価値を押し上げ、企業の未来を切り拓いてくれるはずです。

読者の皆さんには、この記事を参考に、さっそくコンテンツ制作の戦略を練っていただければと思います。
最初のうちは手探りでもかまいません。
ゼロから始めて、少しずつでもいいので前に進んでいく。
その先に、必ず成功があるはず。
お客様に愛され、ブランド価値が高まる。
そんな未来を思い描きながら、今日からコンテンツ制作の一歩を踏み出してみませんか。

本稿が、皆さまの取り組みの後押しとなることを、心から願っています。コンテンツの力を信じて、これからも良質な情報発信に邁進しましょう!

 

コンテンツマーケティングの戦略と手法を学ぶためにはこちらもおすすめです。

   - コンテンツマーケティング時代の購買行動モデル「DECAX」を考える

   - 【プロが解説】ペルソナマーケティングを学ぶならこの本がおすすめ!

   - 【2024年最新】ホワイトペーパーと動画の戦略的活用術: コンテンツマーケティングの新法則

   - SEOとコンテンツマーケティングの違いは?ウェブサイトの成果を出すための基礎知識と連携方法

avatar

イノーバマーケティングチーム

株式会社イノーバの「イノーバマーケティングチーム」は、多様なバックグラウンドを持つメンバーにより編成されています。マーケティングの最前線で蓄積された知識と経験を生かし、読者に価値ある洞察と具体的な戦略を提供します。