こんなお悩みをお持ちの方におすすめです

こんな悩みを持つ方におすすめですのイメージ写真
  • ホームページからの売上げや問い合わせを増やしたい
  • リスティング等の広告費の経費がかさんで経営が圧迫されている
  • ポータルやモールに出しているが、お金がかかる
  • SEOを外注してきたが、成果がでない
  • アウトバウンド型の営業は効率が悪い

ネットでお客さまとの接点をどうつくるかが勝負

消費者はますますネットで情報収集をするようになり、ネットでの発信の重要性は急速に高まっています。特に、ウェブサイトが重要な情報源として見られています。

オウンドメディア 注目の効果

オウンドメディアとは、自社が所有する(Owned)メディアを意味します。

例えば、企業が運営するホームページ、ブログ、ウェブマガジン、ツイッターアカウントなど。オウンドメディアへの注目が高まりつつあり、現在は50%の企業がすでにオウンドメディアを所有している、もしくは所有したいと考えています。


広告やアウトバウンド型の営業の効果が低下する一方で、オウンドメディアによってさまざまな効果が得られることがわかっています。

  • 新規顧客への認知を高められるのアイコン

    新規顧客への認知を高められる

  • 新規顧客の信頼度を高められるのアイコン

    新規顧客の信頼度を高められる

  • 商品、サービスに関する問い合わせ件数が増えるのアイコン

    商品、サービスに関する問い合わせ件数が増える

  • 商品、サービスの直接的な購入が増加するのアイコン

    商品、サービスの直接的な購入が増加する

  • メディア収益が得られるのアイコン

    メディア収益が得られる

  • 見込み顧客のデータを取得できるのアイコン

    見込み顧客のデータを取得できる

  • ECサイトへの流入が増加するのアイコン

    ECサイトへの流入が増加する

オウンドメディア・コンテンツマーケティングの基本については以下をどうぞ

従来のホームページにプラスαの集客

これまでのホームページがすでに商品やサービスを探している人のための情報を発信するのに対し、オウンドメディアはまだ商品やサービスを探していない人に向けて有益な情報を発信し、興味を喚起するものです。

オウンドメディアなら、今までのホームページにプラスαでお客さまを集められます。

顧客獲得に特化して機能拡張した
パワフルなオウンドメディア

買い手側の情報収集能力がかつてないほど高まっています。買い手は、広告等で押し付けられる情報ではなく、自ら積極的にネットで収集した情報を重視しています。そして、ネット上での見込み顧客との接点をきっかけとして、良好な関係を築けている企業の商品が選ばれるようになってきました。新規顧客を獲得し売上を上げるには、ネット上で有益な情報を発信し、顧客との信頼を構築することが重要です。

イノーバが提供するCMSのCloud CMO(クラウド・シーエムオー)は、従来型のウェブサイトに「集客」、「参客」、「追客」の機能を内蔵。顧客獲得に特化して機能拡張したパワフルなオウンドメディアをつくることができます。

集客→参客→追客の3つのステップで顧客創出
オウンドメディア オールインワン・パック

オウンドメディア オールインワンパックでは、オウンドメディアを活用した顧客獲得を3つのステップで最適化します。

集客→参客→追客の3つのステップ
ステップ① 集客の画像

オウンドメディアをつくって人を集める

まずは、集客力のあるコンテンツ(記事や動画など)をつくり、オウンドメディアで発信しましょう。検索エンジンやSNSで集客できるコンテンツの力が大切です。

イノーバは自社で蓄積したコンテンツ制作やSEO(検索エンジン最適化)のノウハウをもとに、集客力のあるコンテンツを制作し、提供しています。

オウンドメディアの構築は、私たちが開発した専用CMS「Cloud CMO(クラウド・シーエムオー)」を使用します。SEOに最適化されたサイト構造なので、SEO会社に別途発注する必要はありません。スマートフォン、SNS連携にも対応。簡単な操作で、ご自身で記事を執筆、公開することもできます。

次へのアイコン
ステップ② 参客の画像

オウンドメディアから訪問者の個人情報を集める

オウンドメディアでいきなり商品を売り込む記事を出しても売り上げにはつながりません。まずはメディアサイトに訪れた人の顧客情報を取得します。

お役立ち情報をまとめたPDF資料やクーポンをサイト上で提供する代わりに、メールアドレスや氏名などの情報を登録してもらいましょう。

「オウンドメディアはいくらPVが集まっても見込み客の情報が取れない」というケースが非常に多いですが、イノーバはこの仕組みで、これまでに2万件の顧客情報を取得しています。

オウンドメディア オールインワン・パックでは、顧客情報の取得・顧客化のノウハウをご提供いたします。

次へのアイコン
ステップ③ 追客の画像

取得したメールアドレスに対し、戦略的にメール配信

訪問者の連絡先を集めたら、次はそれらの見込み顧客をファン化し、顧客化する段階です。取得したメールアドレスに対して戦略的にメールマーケティングを行います。

顧客化を促進するためには、定期的に接点をつくり、自社や商品の存在を思い出してもらうことも重要です。Cloud CMOの「ステップメール機能」を使用して事前にメール配信設定をすることで、自動で定期的にメールを送ることができます。

また、見込み顧客を業種、企業規模などのグループに分けてメールを配信する「セグメントメール機能」も搭載されています。ターゲットのニーズに応じた情報配信で、顧客化への転換率を高めます。

メールでは自社のサービスの必要性や優位性を知ってもらったり、セミナーや相談会、見学会に招待して対面での接点をつくったりするなど、ユーザーに問い合わせや売り上げにつながる行動を促進します。

書くのが大変なメルマガもメールテンプレートを使用して簡単に作成可能です。

イノーバのメールでは、ブログやeBookなどのお役立ち情報の配信、自社セミナーの案内などの情報を配信し、実際に資料請求やお問い合わせをいただいています。

分析機能を使って改善スピードアップ

オウンドメディアの良いところは分析ができて改善ができることです。

分析を極める人がオウンドメディアを極めます。 記事のSEO効果を高めて集客を増やす、リードの獲得率を上げる、メルマガのタイトルや本文を工夫して、購入率を上げるなど。日々の分析から見えてきた課題から、改善のための施策が導き出されます。自社で分析できれば外部の会社にお金を払う必要もありません。

Cloud CMOでさまざまなデータを取得できます

PV/UU、メール開封率など基本的なデータのほかに、改善ポイントが見つけるためのさまざまな重要データを取得できます。

  • SEOのキーワードの順位
  • 売上に寄与したページはどれか
  • 訪問者がどういう経路をたどって問い合わせしたか
  • メルマガのどのリンクがクリックされたか

WordPressを使ったオウンドメディア立ち上げとは、ゴールが違います

シンプルなホームページをつくるだけなら、無料で利用可能なコンテンツ管理システム(CMS)の「WordPress」を使うのも選択肢になるでしょう。

しかし最近は、単にホームページを構築しただけでは、なかなかアクセスが集まりません。そのため、ブログ機能を併設したり、オウンドメディア一体型のホームページを構築したりするケースが増えています。それに応えるのが、イノーバが自社開発した見込み客獲得型CMSのCloud CMO(クラウド・シーエムオー)です。


WordPressをカスタマイズして構築することも可能ですが、かなりデザインに手を入れることになるので、信頼できるデザイン会社に依頼して構築する必要があります。構築費が発生するのはもちろん、WordPressはそれ自体は無料ですが、運用のためにサーバー費が別途かかります。Cloud CMOはサーバー費不要でサイトを即日オープンすることが可能です。


また、イノーバが提案するCloud CMOで構築するオウンドメディアは、集客だけでなく、見込み客獲得と案件化をゴールとしています。WordPressは見込み客リストの管理の機能を備えておらず、また、セキュリティ攻撃を受けやすいと一般に言われており、その基盤システムの役割は担えません。Cloud CMOは、まさにそのゴールを達成するために最適化されており、顧客情報を預かり、セキュアに管理する機能を搭載しています。

自社で実践したノウハウがあります

イノーバは日本で他社に先駆けてオウンドメディアを実践してきました。

コンテンツ制作、SEO/SNS、リード獲得・分析、一連のノウハウでは他社に負けない自負があります。

  • PV 100,000/月
  • リード獲得数 500件/月
  • 検索結果1位を獲得した検索キーワード600

導入実績260社超

コンテンツマーケティングといえばイノーバ。これまでに260社以上のお客さま企業にサービスを提供しており、圧倒的な経験と知見を蓄積しています。

イノーバ代表からのメッセージ

株式会社イノーバ代表取締役社長CEO 宗像 淳

マーケティングの業務に関わっている皆さまへ、
株式会社イノーバ代表取締役社長CEO 宗像 淳(むなかた すなお)

人員が少なく業務が回らない。どんどん進化するWebマーケティングの知識を習得しなければならない。上司に費用対効果を説明して予算を確保する必要がある——。皆さまは日々、たくさんの課題に直面していると思います。

私は前職のネクスパス時代に、まさにこれらの課題を抱えていました。そして解決策を模索していた時に巡り会ったのがコンテンツマーケティングでした。

当時、米国ではコンテンツマーケティングがブームになっていました。コンテンツマーケティングについて調べるなかで、コンテンツマーケティングを通してホームページからの問い合わせを増やす、高度なメールマーケティングを行い見込み顧客を育成する、見込み顧客の状態を“見える化”してマーケティングのROI(費用対効果)を明確にするなど、多くのことが実現できることを知りました。

しかも、これらの高度なマーケティングは、正しいツールとコンテンツの制作体制を整えれば、少人数で専門スタッフがいなくても実現できることが分かりました。そこに大きな可能性を感じたのです。

しかし、まだ日本にはコンテンツマーケティングのサービスを専門的に提供してる会社がありませんでした。私は、当時の社長を説得し、自己流でコンテンツマーケティングに挑戦することにしました。

英語の書籍やWebサイトを読み、実務の中で失敗を繰り返しながら知識と経験を深めていきました。そして、友人や知人を対象に勉強会を開催すると、多くの人が同じ課題を抱えているということに気づきました。

その後、2011年の3.11 東日本大震災を機に、自分で会社を立ち上げてコンテンツマーケティングのサービス提供を開始しました。コンテンツ制作の受託に始まり、マーケティングオートメーションソフト「Cloud CMO(クラウド・シーエムオー)」を自社開発してリリース、そしてペルソナ設計やカスタマージャーニーなどのコンサルティングサービスも立ち上げました。

おかげさまで、現在までに260社超のお客さまをサポートさせていただき、今までに刊行した書籍は2冊ともマーケティング分野でのベストセラーになりました。「コンテンツマーケティングと言えばイノーバ」として、多くの方から評価をちょうだいしております。

私たちはお客さまに最良のサービスを提供することを信条にしています。そのため、まず自社のマーケティング部門でさまざまな手法を試してノウハウを蓄積し、そのノウハウをもとにサービスを開発・提供しています。

さらに、そうしたノウハウをセミナーやブログ、書籍などを通して皆さまに開示しています。「ノウハウを開示しすぎで大丈夫か」「もったいないのではないか」と言われますが、私たちは自社の専門性を証明するために重要だと考えており、そのようには考えておりません。

私たちはこれまでシリコンバレーのベンチャーキャピタルや、個人投資家から資金を集めています。これはソフトウェアの開発やお客さまに提供するサービスの改善に投資をするためです。

ぜひ私たちのサービスをお試しください。イノーバの経験豊富なコンサルタントが、お客さまに最適なコンテンツマーケティングのプランをご提案いたします。

出版実績

導入事例

  • サイト訪問者分析で営業効率化に成功

    株式会社ニューズベースのロゴ

    株式会社ニューズベース

    詳しく見る
  • 3ヶ月で サイトPVが6倍に

    株式会社光コムのロゴ

    株式会社光コム

    詳しく見る
  • お問い合わせ数が 25%増加

    株式会社CYDASのロゴ

    株式会社CYDAS

    詳しく見る
導入事例をもっと見る

イノーバの各業界でのアプローチやサービスについてイメージを深めたい方は、以下のサービス利用例をどうぞ

サービス利用例はこちら