Skip to content
イノーバマーケティングチーム2024/02/02 14:38:18< 1 min read

リアルタイム分析とは?今注目を集めている背景や導入のメリットについて解説

リアルタイム分析は、収集した情報をすぐに分析してマーケティングなどに活用できる状態にするシステム・手法です。

集めた情報をしばらく保管するのはなく、その場ですぐに分析・活用できるようにすることで、最新の情報を参考にさまざまな行動を起こせます。

リアルタイム分析を利用する環境を定着させることで、今後の事業に多くのメリットを与えられるでしょう。

こちらでリアルタイム分析の概要や普及している背景、メリットや必要な準備などについて確認してみてください。

リアルタイム分析とは?

リアルタイム分析とは、収集した情報をその場で分析して活用すること、もしくはそのためのシステムを意味します。

リアルタイム分析を行うことで、最新情報を参考にした意思決定や顧客へのスピーディな情報提供などを行えるので、企業としての対応力を高められます。

情報の詳細や重要性を早く把握できれば、ビジネスチャンスの獲得やリスク回避もしやすくなるでしょう。

従来のようにデータの収集から分析までタイムラグがある方法では、情報が持つ本来の価値を活かし切れないケースがあります。

情報収集と分析業務が徒労に終わったり、効果を最大化できなかったりといったデメリットにつながるので、リアルタイム分析の導入は今後多くの企業に検討されるでしょう。

リアルタイム分析の種類

リアルタイム分析には2つの種類があり、それぞれに特徴があります。

以下を参考に、リアルタイム分析の種類を確認しておきましょう。

オンデマンド分析

オンデマンド分析は、ユーザーやシステムが確認作業を実行したタイミングで分析が実行されるリアルタイム分析の手法です。

こちらからアプローチをしなければ(もしくはシステムによる定期的な対応がなければ)分析が行われませんが、分析を依頼した段階でその時点での最新情報を獲得できるので、特定の情報をいますぐ確認したい場合に便利となります。

こちらから情報を引き出す分析システムであることから、プル型のリアルタイム分析とも言われます。

継続的リアルタイム分析

継続的リアルタイム分析とは、何かしらのイベントが発生したときにユーザーに対してアクションを起こしたり、確認を促したりする機能です。

常に継続して分析業務が行われるため、何か問題が発生した場合にはすぐに気づくことができます。

設定したタイミングで情報をユーザーに提供することから、プッシュ型のリアルタイム分析とされています。

リアルタイム分析が普及している背景

リアルタイム分析が普及している背景には、AI(人工知能)やIoTなどの技術革新が関係しています。

AI技術やIoT技術が発展して多くの企業に浸透したことによって、さまざまなモノを対象にデータ収集が可能となりました。

その結果情報をしばらくの期間保管する「ストック型」のデータ処理から、現在注目されている「リアルタイム型」のデータ処理方法への移行にメリットが見出されるようになっているのです。

AIやIoTシステムの導入を進めることで、リアルタイムのデータ収集が難しくなくなったため、今後もリアルタイム分析の普及は進んでいくでしょう。

情報の更新速度が早い現代では、蓄積されたデータは少しの期間で古くなってしまい、陳腐化する場合があります。

既に過去のものとなったデータを参考に意思決定をしても、それが現在の状況にマッチするとは限らず、想定していた効果が得られないケースも考えられるでしょう。

そのためなるべく鮮度の高い情報を活用することが重要で、その点でもリアルタイム分析がおすすめされます。

さらにリアルタイム分析が今後定着することを考えると、リアルタイム分析をしている企業としていない企業で、意思決定のスピードに差が出ることになるでしょう。

意思決定に遅れが生じれば他企業に利益を取られてしまい、成果の出ない決定を行ったことによる事業展開のタイムロスも問題となります。

リアルタイム分析は今後のIT技術の進展やDX化の流れによっては当たり前の手法になる可能性もあるので、普及している背景を理解して早めに導入を検討することも考えられるでしょう。

リアルタイム分析のメリット

リアルタイム分析には、その仕組みならではのメリットがあります。

導入におけるメリットはいくつかあるので、以下を参考にチェックしてみましょう。

顧客ニーズに素早く反応できる

リアルタイム分析の導入は、顧客ニーズへの素早い反応につながるメリットがあります。

顧客ニーズは常に変化するので、最新の情報を参考にして行動に移すことが重要です。

そのためリアルタイム分析によるスピーディな情報の活用に、大きな価値が見出されるでしょう。


例えば小売業なら顧客の入店をリアルタイム分析で検知し、退店するまでの時間にスマホアプリなどへお得な情報の通知やクーポンを配布して購入を促すことができます。

店内の顧客ニーズに対して即座に対応することも目指せるので、ビジネスチャンスが増加するでしょう。

あらゆるトラブルへのリスク管理が行える

リアルタイム分析を使えば、業務中に発生するあらゆるトラブルに対してリスク管理が行えます。

問題を発生させている原因の特定や対処法も素早く分析結果から考案できるので、適切な処理にかかるまでの時間を短縮可能です。


例えばカスタマーセンターで顧客からの複雑な質問に応えるための情報をリアルタイム分析で引き出せれば、クレームにつながる前に素早く対応できます。

顧客体験(CX)の向上にもつながることから、クレームに近い問い合わせも企業にとってのメリットになり得るでしょう。


そのほか、機械の部品状態をリアルタイムで確認し、破損の可能性を分析して壊れる前に交換するなどの処置が取れます。

取得した情報に危険性を示唆する内容や考慮すべきリスクが含まれていても、リアルタイムに対応ができるためリスクの肥大化を防げるでしょう。

リアルタイムで問題の発生を予測し、リスクを抑えるための調整や修正などが可能な点は、リアルタイム分析のメリットです。

リアルタイム分析に必要な準備

リアルタイム分析を導入する際には、いくつか準備しておくべき要素があります。

どのような準備が必要になるのかを、以下で確認しておきましょう。

業務プロセスの見直し

リアルタイム分析を導入するのなら、これまでの業務プロセスを見直す必要があります。

データを一定期間溜め込んだ後で分析する従来のスタイルから、すぐに収集した情報を分析して活用する流れを構築し、リアルタイム分析の有効活用を図りましょう。

一方で、どれだけリアルタイム分析に適した環境を作っても、システムを利用する側が使いこなせなければ意味がありません。

従業員にはリアルタイム分析の意味や効果を説明して、ワークフローの改善にも着手することが考えられます。

リアルタイム分析を行う専用の担当者の配置

リアルタイム分析の導入時には、専用の担当者を配置することも必要です。

分析結果をすぐに共有したり、結果から施策を考案したりする専任の担当者をつければ、より効率的にリアルタイム分析を活用できます。

オンデマンド分析と継続的リアルタイム分析のどちらにも、分析結果に対応する担当者は必要となるので、適任者の選定と教育の準備を進めておきましょう。

データ収集と整理の効率化

リアルタイム分析には、データ収集と整理を効率化する環境も必要です。

スムーズに分析を完了させるには、蓄積したデータを整理して使いやすくしておく環境が求められます。

各種専用の収集・管理ツールを活用して、社内の環境改善を行う方法も考えられるでしょう。


また、リアルタイム分析では検知するデータを明確化することも必要です。

特定の条件に合致した情報を検知したときにだけ通知を行うように設定することで、作業を効率化できます。

リアルタイム分析で情報を素早く有効活用しよう

リアルタイム分析は、情報の分析プロセスを大きく変えるきっかけになるシステムです。

従来の分析方法では間に合わなかったトラブルへの対処や事業における意思決定も、リアルタイム分析を使うことで可能となるでしょう。

この機会にリアルタイム分析の特徴を確認し、活用を検討してみてください。

avatar

イノーバマーケティングチーム

株式会社イノーバの「イノーバマーケティングチーム」は、多様なバックグラウンドを持つメンバーにより編成されています。マーケティングの最前線で蓄積された知識と経験を生かし、読者に価値ある洞察と具体的な戦略を提供します。

関連記事