必見!企業ホームページ構築、再構築時に気にするべきSEO順位を上げる要因とは

SEO

デジタル社会のいま、企業ホームページを活用して集客をすることはどの業種においても必要不可欠な手法となってきています。サイトへの集客を行うためには、SEO対策をしっかり行い検索エンジンの検索結果上位に自社のサイトを出さなければなりません。

SEO施策として、コンテンツの内容自体を最適化することが大切です。しかし、SEO施策の半分ほどはサイト構成などが関わるバックエンドの内容となることは知っていますか?では、自社サイトの検索結果順位を上げるためにはどのような構成のホームページを構築すべきなのでしょうか。

SEO順位を決めるアルゴリズムとは?

人々がGoogleを使う理由は、「何かを検索して答えを探したいから」ということです。つまり、Googleには「いかに早く、読み手の質問を解決する答えが載ったページを検索結果に出すか」という使命があるのです。Googleのアルゴリズムとは、簡単に言うとGoogleの使命を果たすためにGoogleが作り出した法則のようなものになります。そして、Googleのアルゴリズムに優良サイト(質のよいサイト)と認知されると検索結果の上位にコンテンツが表示されるのです。

Googleは、何千、何億と存在するウェブページのなかから、読み手の質問に適切に答えると思われるサイトを順に検索結果に表示します。読み手が入力したキーワードを理解し、何千、何億と存在するページを瞬時に読み込んで検索結果として表示するためのアルゴリズム。決して単純なものではないということは誰でも想像ができるのではないでしょうか。では、アルゴリズムはどのようなことを行うのでしょうか。


アルゴリズムの動き

Googleのアルゴリズムは、まず「入力されたキーワードを分析」して検索の意図を把握します。その際、ことばの打ち間違えなども想定し、入力された質問が特定なものか(例:東京の渋谷区で今開いているインド料理屋)、そうでないか(例:インド料理屋)ということまでも分析します。次に、アルゴリズムは質問の内容にマッチするウェブサイトを探します。基本的には、まず質問に入っているキーワードを含んだサイトを探し、同時にサイト内にキーワードが何回出てきているか、どこに出てきているかなどを分析します。

また、サイト内の情報や仕組みがどれほど便利か評価しています。例えば、Googleのアルゴリズムは信頼されているニュースサイトや大学、政府のサイトからリンクされているものを高く評価したり、UX/UIの性能が良いサイトも高く評価したりされます。そして最後に、アルゴリズムで評価の良いサイトを検索結果に表示するのです。

順位を上げる要因とは?

前述したアルゴリズムの説明は、あくまでもGoogleが公開しているアルゴリズムの仕組みであり、一部でしかありません。ここに記した以外にも多くの要因を元にアルゴリズムが機能し、検索結果順位に反映されているのです。だからこそ、「これをやれば検索結果が上がる」という答えは存在しません。

しかし、「これをすればアルゴリズムに評価される」という要因は存在します。以下には、担当者がまず行うべき技術面でのSEO施策を3つまとめます。

モバイル最適化

ウェブサイトのモバイル対応はきちんとされているでしょうか。Googleは、PCとモバイルで全く別の検索結果を表示します。つまり、モバイル対応されていないサイトは、Googleのモバイル検索結果に全く表示されないのです。

Googleで行われる検索の半分以上がモバイルで行われている現代、サイトをモバイル対応しないという選択肢はもはやありません。

ページスピードの最適化

Googleは、2秒以内でページの読み込みが行われることを想定しています。なので、2秒以上読み込みに時間がかかるサイトはユーザー体験を損なうため、検索結果順位に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。また、クローラへの影響だけでなく、読み込み時間が遅いことはUX的にも良くありませんし、ウェブ離脱率の上昇やコンバージョン率の低下にもつながってしまいます。

ページスピードを落とさないためにも、スクリプト、画像、CSSファイルなどがきちんと圧縮されているか確認をしましょう。

XMLサイトマップ

サイト内のナビゲーションが整っていると、読み手にとって見やすいサイトとなります。それに加え、Googleクローラは、サイトのナビゲーションを理解することに重点を当てる傾向があります。

読み手のためにサイトマップを設けることは一般的ですが、GoogleのクローラのためにもXMLサイトマップというファイルを作成し、Googleがサイトを探しやすいように設定するのを忘れないようにしましょう

SEO順位をチェックするツール3選

SEO施策を行う前、行ったあとにSEO順位をチェックすることができると効果があるのか、なかったのか判断をすることができます。以下の3つのツールが、代表的なツールと言えるでしょう。

SEOチェキ

1つのコンテンツURLに対し、キーワード3つまでをチェックすることができます。検索結果としては、GoogleとYahooの検索結果順位を見ることができます。

ドッチモ

こちらも、1つのコンテンツURLに対し、キーワード3つまでをチェックすることができます。SEOチェキと違いGoogleの検索結果のみ表示可能ですが、モバイル検索結果とPC検索結果両方を見ることができます。

SEOチェキ検索順位チェッカー

このツールでは、キーワード5つまでをGoogle、Yahoo、Bing、それぞれPCとモバイル両方の検索結果を見ることができます。

SEO順位を上げるためにはバックエンドの最適化が大切

アルゴリズムについて理解すると分かる通り、検索結果順位をあげるためには、ここで紹介したテクニカル面での最適化が大変重要となっていることがわかったでしょうか。サイトのバックエンドを調整するためには、サーバーの管理を行っているIT部署との連携が必要となってきます。よって、ウェブ運営部署とIT部署との連携が大切になるのです。

TOP