Skip to content
イノーバマーケティングチーム2024/03/31 12:53:263 min read

コンテンツマーケティング成功の鍵を握るキーワード選定のコツ

1. はじめに

コンテンツマーケティングを成功させるためには、適切なキーワード選定が不可欠です。魅力的で価値のあるコンテンツを作成しても、ターゲットユーザーに届かなければ意味がありません。キーワード選定は、コンテンツがユーザーに発見され、読まれるために重要な役割を果たします。

適切なキーワードを選定することで、検索エンジン上での露出が増え、自社のコンテンツがユーザーに見つけてもらいやすくなります。また、ユーザーのニーズに合ったキーワードを選ぶことで、コンテンツの質や満足度も向上します。

本コラムでは、私の経験を踏まえ、コンテンツマーケティングにおけるキーワード選定の重要性と、その具体的な方法についてお話しします。キーワード選定のコツを理解し、実践することで、コンテンツマーケティングの成果を最大化することができるでしょう。

2. キーワード選定の基本的なアプローチ

ターゲットユーザーを理解する

キーワード選定の第一歩は、ターゲットユーザーを深く理解することです。ユーザーのニーズや悩みを把握することで、その解決に役立つキーワードを選ぶことができます。

ペルソナを作成することは、ユーザー理解に効果的な方法です。ペルソナとは、ターゲットユーザーの典型的な人物像を具体的に描写したものです。年齢、性別、職業、趣味、悩みなどの属性を詳細に設定し、あたかも実在の人物のように扱います。

ペルソナ作成のためには、インタビューやアンケートを実施し、リアルなユーザーの声を集めることが重要です。サンプル数が多いほど、精度の高いペルソナを作成できます。また、自社の製品やサービスを利用しているユーザーだけでなく、競合他社の製品やサービスを利用しているユーザーの声も参考になります。

ペルソナを活用することで、ユーザーの視点に立ったキーワード選定が可能になります。「このペルソナが抱えている悩みを解決するためには、どのようなキーワードが適切だろうか」と考えることで、ユーザーに寄り添ったキーワードを選ぶことができるでしょう。

競合他社のキーワードを分析する

競合他社のコンテンツを調査し、どのようなキーワードを使っているかを分析することも重要です。競合他社が狙っているキーワードを把握することで、自社のキーワード戦略を練る上での参考になります。

競合他社のコンテンツを分析する際は、以下の点に注目しましょう。

  • タイトルや見出しに使われているキーワード
  • 本文中で繰り返し使われているキーワード
  • メタタグ(タイトルタグ、ディスクリプションタグ、h1タグなど)に使われているキーワード
  • URLに含まれているキーワード

これらの情報を整理し、競合他社がどのようなキーワードを重視しているかを分析します。

ただし、競合他社のキーワードをそのまま真似するのは避けましょう。自社の強みを活かせるキーワードを選ぶことが重要です。競合他社の分析結果をもとに、自社ならではの切り口や表現方法を考えることが大切です。

自社の強みや特徴を活かしたキーワードを考える

自社の製品やサービスの差別化ポイントを洗い出し、それを活かしたキーワードを発想することも効果的です。他社にはない独自の価値提供を表現できるキーワードは、競合との差別化につながります。

自社の強みや特徴を言語化するためには、以下のような質問を考えてみるとよいでしょう。

  • 自社の製品やサービスの最大の特徴は何か?
  • 競合他社にはない、自社ならではの強みは何か?
  • ユーザーから見た自社の製品やサービスのメリットは何か?
  • 自社の製品やサービスを一言で表すとしたら、どのようなフレーズになるか?

これらの質問に答えることで、自社の強みや特徴を端的に表現できるキーワードのアイデアが生まれます。

例えば、「24時間365日対応の電話サポート」が自社の強みだとしましょう。この場合、「24時間電話サポート」「365日電話対応」などのキーワードが候補になります。自社ならではの魅力を表現できるキーワードを選定することで、ユーザーに自社の価値を効果的にアピールできます。

3. 具体的なキーワード選定の手順

ステップ1: ターゲットユーザーのペルソナを明確にする

前述の通り、ペルソナ作成はキーワード選定に欠かせないプロセスです。インタビューやアンケートを通じて、ユーザーの属性、ニーズ、悩みなどを明確にしましょう。

インタビューは、ユーザーの生の声を聞くことができる点で有効です。ただし、インタビュー対象者の選定には注意が必要です。自社の製品やサービスを利用しているユーザーだけでなく、利用していないユーザーや、競合他社の製品やサービスを利用しているユーザーも対象に含めると、多角的な視点が得られます。

アンケートは、インタビューに比べて多くのサンプルを集めることができる点が利点です。ただし、質問内容を吟味し、ユーザーの本音を引き出せるような設計が重要です。選択式の質問だけでなく、自由記述式の質問を設けることで、ユーザーの生の声を収集しましょう。

インタビューやアンケートで得られた情報をもとに、ペルソナを作成します。ペルソナは、できる限り具体的に描写することが大切です。単に「30代の男性会社員」というだけでなく、「35歳の男性会社員。IT企業に勤務し、年収は600万円。仕事では毎日パソコンを使用している。プライベートではゴルフを趣味としており、月に1回はラウンドに行く。仕事の効率化に役立つツールを探している」といった具合に、詳細な設定を行います。

ペルソナを活用することで、ユーザーの視点に立ったキーワード選定が可能になります。「このペルソナが抱えている悩みを解決するためには、どのようなキーワードが適切だろうか」と考えることで、ユーザーに寄り添ったキーワードを選ぶことができるでしょう。

ステップ2: 関連するキーワードを幅広く洗い出す

ペルソナを明確にしたら、次は関連するキーワードを幅広く洗い出します。キーワードのアイデア出しには、様々な発想法があります。

連想ゲームは、あるキーワードから連想される言葉を次々に挙げていく方法です。例えば、「ダイエット」というキーワードから、「筋トレ」「食事制限」「糖質制限」「有酸素運動」などの関連キーワードを連想することができます。

マインドマップは、中心にテーマを置き、そこから関連する言葉を放射状に展開していく方法です。「ダイエット」を中心に置き、「運動」「食事」「サプリメント」などのサブテーマを設定し、さらにそこから関連するキーワードを展開していきます。

キーワードツールを活用するのも効果的です。GoogleキーワードプランナーやUbersuggestなどのツールを使うと、入力したキーワードに関連する語句を自動で提案してくれます。ツールが提案するキーワードをもとに、さらにアイデアを膨らませていきましょう。

ステップ3: キーワードの検索ボリュームと競合度をチェックする

洗い出したキーワードの中から、実際にコンテンツで使用するキーワードを選定していきます。その際に重要なのが、キーワードの検索ボリュームと競合度のチェックです。

検索ボリュームとは、そのキーワードがどれくらいの頻度で検索されているかを示す指標です。検索ボリュームが高いということは、そのキーワードに対するユーザーの関心が高いということを意味します。一方、競合度とは、そのキーワードを対象にコンテンツを作成している競合サイトの多さを示します。競合度が高いということは、そのキーワードを狙ったコンテンツが多数存在し、上位表示が難しいということを意味します。

Googleキーワードプランナーを使うと、キーワードの検索ボリュームと競合度を確認できます。キーワードプランナーは、Google広告を運用するためのツールですが、キーワード選定にも役立ちます。

理想的なのは、検索ボリュームが高く、競合度が適度であるキーワードを選ぶことです。検索ボリュームが高ければ、多くのユーザーにリーチできる可能性が高まります。一方、競合度が高すぎると、上位表示が難しくなるため、適度な競合度のキーワードを選ぶことが重要です。

ただし、検索ボリュームや競合度だけでキーワードを選ぶのは避けましょう。ユーザーのニーズや検索意図に合ったキーワードを選ぶことが何より大切です。

ステップ4: 自社の強みや特徴に合致するキーワードを絞り込む

検索ボリュームと競合度の観点からキーワードを絞り込んだら、次は自社の強みや特徴に合致するキーワードを選びます。選定したキーワードと自社の製品・サービスの関連性を評価し、優先度の高いキーワードに絞り込んでいきましょう。

キーワードと自社の製品・サービスの関連性を評価する際は、以下のような視点を持つとよいでしょう。

  • そのキーワードは、自社の製品・サービスの特徴や強みを表現できているか?
  • そのキーワードは、自社の製品・サービスの利用シーンやメリットを想起させるか?
  • そのキーワードは、自社の製品・サービスに関心を持つユーザーが使いそうな言葉か?

これらの視点を踏まえて、自社の強みを活かせるキーワードを優先的に選定します。

例えば、「オーガニックコットン」を使用した衣料品を販売している企業の場合、「オーガニックコットン」「肌に優しい」「天然素材」などのキーワードが優先度が高いと言えます。これらのキーワードは、自社の製品の特徴や強みを表現しており、製品に関心を持つユーザーが使いそうな言葉だからです。

ステップ5: 選定したキーワードを活用するコンテンツを企画する

選定したキーワードを実際にコンテンツで活用するには、キーワードからコンテンツのアイデアを発想することが必要です。キーワードをもとに、ユーザーにとって価値のある情報を提供できるコンテンツを企画しましょう。

コンテンツのアイデア出しには、以下のような方法があります。

  • キーワードを中心に、5W1H(誰が・何を・いつ・どこで・なぜ・どのように)で考える
  • キーワードに関連する問題や課題を列挙し、その解決策を提案する
  • キーワードに関連するトレンドや最新情報を調査し、解説する
  • キーワードに関連する基礎知識や入門情報をまとめる

アイデア出しの際は、ユーザーの視点に立つことが大切です。「このキーワードでユーザーが検索した際に、どのような情報を求めているだろうか」と考えることで、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを企画できます。

また、コンテンツの企画段階から、SEOを意識することも重要です。選定したキーワードを適切な位置(タイトル、見出し、本文中など)に自然に配置することで、検索エンジンに対してコンテンツの関連性をアピールできます。

ただし、キーワードを無理に詰め込むのは避けましょう。あくまでもユーザーにとって価値のある情報を提供することが第一です。キーワードは、自然な文脈の中で使用するようにしましょう。

4. キーワード選定におけるよくある失敗例と対策

検索ボリュームばかりを重視してしまう

キーワード選定において、検索ボリュームは重要な指標ですが、それだけを重視するのは危険です。検索ボリュームが高くても、ユーザーのニーズに合っていなければ、コンテンツの効果は限定的です。

検索ボリュームに惑わされないためには、キーワードの検索意図を考慮することが大切です。ユーザーがそのキーワードで検索した際に、どのような情報を求めているのかを推測し、それに合ったコンテンツを提供することが重要です。

例えば、「ダイエット」というキーワードは検索ボリュームが高いですが、ユーザーの検索意図は様々です。「ダイエットの方法」「ダイエットの成功事例」「ダイエット食品」など、ユーザーが求める情報は多岐にわたります。そのため、「ダイエット」というキーワードを使用する際は、ユーザーの検索意図を明確にし、それに合ったコンテンツを作成することが求められます。

競合が激しすぎるキーワードを選んでしまう

競合が激しいキーワードを選ぶと、コンテンツが上位表示されにくくなります。特に、自社の知名度や権威性が低い場合は、競合サイトに埋もれてしまう可能性が高くなります。

競合が激しいキーワードを避けるためには、長尾キーワードを活用するのが効果的です。長尾キーワードとは、複数の単語で構成された具体的なキーワードのことを指します。例えば、「ダイエット」という一般的なキーワードではなく、「30代女性向けダイエット方法」といった具体的なキーワードを使用することで、競合を回避できます。

また、ニッチな領域でのキーワード選定も有効です。競合が少ない領域で、自社の専門性を活かせるキーワードを選ぶことで、効果的にユーザーにリーチできます。

ターゲットユーザーのニーズに合わないキーワードを選んでしまう

キーワード選定において、ターゲットユーザーのニーズを考慮することは非常に重要です。ユーザーのニーズに合わないキーワードを選んでしまうと、コンテンツの効果が限定的になってしまいます。

ユーザーのニーズに合ったキーワードを選ぶためには、ペルソナを活用することが有効です。ペルソナを明確にすることで、ユーザーの抱える悩みや課題を具体的にイメージできます。その上で、それらの悩みや課題を解決するためのキーワードを選定することが重要です。

例えば、「30代女性向けダイエット方法」というキーワードを選ぶ際は、30代女性のペルソナを明確にする必要があります。「30代女性で、仕事と育児に忙しく、運動する時間がない。手軽にできるダイエット方法を探している」というペルソナを設定することで、そのペルソナのニーズに合ったキーワード(例えば、「忙しい30代女性向けダイエット」など)を選ぶことができます。

キーワードの組み合わせや関連性を考慮しない

キーワードは、単体で使用するだけでなく、複数のキーワードを組み合わせることで、より効果的なコンテンツを作成できます。キーワードの組み合わせを工夫することで、ユーザーのニーズにより的確に応えることができます。

例えば、「ダイエット」と「レシピ」というキーワードを組み合わせることで、「ダイエットレシピ」というより具体的なキーワードを作ることができます。このキーワードを使用することで、ダイエットに効果的な食事に関心を持つユーザーにアプローチできます。

また、関連キーワードを活用することで、コンテンツの幅を広げることもできます。「ダイエット」に関連するキーワードとして、「運動」「食事制限」「カロリー計算」などが挙げられます。これらの関連キーワードを適切に使用することで、ダイエットに関する総合的な情報を提供できます。

キーワードの組み合わせや関連性を考慮することで、ユーザーのニーズにより的確に応えるコンテンツを作成することができるでしょう。

5. キーワード選定のための便利なツールとその活用法

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告を運用するためのツールですが、キーワード選定にも非常に役立ちます。キーワードプランナーを使うことで、キーワードの検索ボリュームや競合度を確認できます。

キーワードプランナーの基本的な使い方は以下の通りです。

  1. Googleアカウントでログインし、「ツール」からキーワードプランナーを選択する
  2. 「キーワードのアイデアを検索」をクリックする
  3. 検索したいキーワードを入力し、「アイデアを取得」をクリックする
  4. 結果画面で、キーワードの検索ボリュームと競合度を確認する

キーワードプランナーの結果を活用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 検索ボリュームは、そのキーワードの人気度を示す指標ですが、必ずしもユーザーのニーズを反映しているわけではありません。検索意図を考慮することが重要です。
  • 競合度は、そのキーワードを対象にした広告の出稿状況を示す指標です。競合度が高いキーワードは、上位表示が難しい可能性があります。
  • キーワードプランナーのデータは、広告主向けのデータであり、自然検索の状況とは異なる場合があります。あくまでも参考程度に活用しましょう。

 

Google検索の予測変換機能

Google検索の予測変換機能は、ユーザーがよく検索するキーワードを知るための便利な機能です。検索ボックスにキーワードを入力すると、関連するキーワードが予測変換として表示されます。

予測変換機能を活用することで、ユーザーの検索ニーズを知ることができます。例えば、「ダイエット」と入力すると、「ダイエット 食事」「ダイエット 運動」「ダイエット レシピ」などの予測変換が表示されます。これらの予測変換から、ユーザーがダイエットに関してどのような情報を求めているかがわかります。

予測変換を活用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 予測変換は、ユーザーの検索傾向を反映したものですが、必ずしも正確とは限りません。参考程度に活用することが重要です。
  • 予測変換は、地域や時期によって変化する場合があります。定期的にチェックすることが大切です。

 

AnswerThePublic

AnswerThePublicは、ユーザーが検索する際に使用する疑問文や質問文を知ることができるツールです。キーワードを入力すると、そのキーワードに関連する疑問文や質問文が一覧で表示されます。

AnswerThePublicを活用することで、ユーザーが抱える悩みや課題を知ることができます。例えば、「ダイエット」というキーワードを入力すると、「ダイエットはどのくらいの期間で効果が出る?」「ダイエットに効果的な食べ物は?」といった疑問文が表示されます。これらの疑問文から、ユーザーがダイエットに関してどのような情報を求めているかがわかります。

AnswerThePublicの結果を活用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • AnswerThePublicは、英語のキーワードにのみ対応しています。日本語のキーワードを検索する際は、英訳する必要があります。
  • AnswerThePublicの結果は、海外のユーザーの検索傾向を反映したものです。日本のユーザーの検索傾向とは異なる場合があります。

answerthepublic (1)

Ubersuggest

Ubersuggestは、キーワードの検索ボリュームや関連キーワードを知ることができるツールです。キーワードを入力すると、そのキーワードの検索ボリュームや関連キーワードが表示されます。

Ubersuggestを活用することで、競合他社のキーワード戦略を分析することができます。Ubersuggestには、競合サイトのキーワードを調査する機能があります。この機能を使うことで、競合他社がどのようなキーワードを狙っているかを知ることができます。

Ubersuggestの結果を活用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • Ubersuggestのデータは、海外の検索エンジンをベースにしています。日本の検索エンジンの状況とは異なる場合があります。
  • Ubersuggestは、キーワードの検索ボリュームを相対的な指標で表示しています。絶対的な検索ボリュームとは異なる場合があります。

 

6. コンテンツマーケティングにおけるキーワード選定の将来展望

 

音声検索の普及がキーワード選定に与える影響

近年、音声検索の利用が増加しています。スマートフォンの普及により、ユーザーが音声で検索する機会が増えているためです。

音声検索の普及は、キーワード選定にも影響を与えます。音声検索では、ユーザーが自然な口語表現で検索することが多いため、より長い文章やフレーズがキーワードとなる傾向にあります。

例えば、テキスト検索では「ダイエット 方法」というキーワードが使われることが多いですが、音声検索では「効果的なダイエットの方法を教えて」といったフレーズが使われることが多くなります。

音声検索に対応するためには、以下の点に注意してキーワード選定を行う必要があります。

  • 自然な口語表現を意識したキーワードを選ぶ
  • 長尾キーワードや質問文を積極的に取り入れる
  • 検索意図を考慮し、ユーザーの求める情報を的確に提供する

 

AIの発展がキーワード選定に与える影響

人工知能(AI)の発展により、検索エンジンのアルゴリズムも高度化しています。AIを活用することで、ユーザーの検索意図をより正確に理解し、適切な検索結果を表示できるようになっています。

AIの発展は、キーワード選定にも影響を与えます。従来のキーワード選定では、キーワードの文字列のみに注目していましたが、AIを活用することで、キーワードの意味や文脈を考慮した選定が可能になります。

例えば、「Apple」というキーワードは、果物のリンゴを指す場合もあれば、アップル社の製品を指す場合もあります。AIを活用することで、検索クエリの文脈からユーザーの検索意図を推測し、適切なコンテンツを提供できるようになります。

AIを活用したキーワード選定を行うためには、以下の点に注意する必要があります。

  • キーワードの意味や文脈を考慮する
  • ユーザーの検索意図を推測し、適切なコンテンツを提供する
  • AIの学習データを定期的にアップデートし、最新の傾向に対応する

 

ユーザーの検索行動の変化に対応したキーワード選定の必要性

ユーザーの検索行動は常に変化しています。新しい製品やサービスが登場したり、社会の関心事が変化したりすることで、ユーザーが検索するキーワードも変化します。

そのため、キーワード選定においては、ユーザーの検索行動の変化に対応することが重要です。定期的にキーワードを見直し、最新のトレンドを取り入れる必要があります。

ユーザーの検索行動の変化に対応するためには、以下の点に注意してキーワード選定を行う必要があります。

  • 定期的にキーワードを見直し、最新のトレンドを取り入れる
  • ソーシャルメディアやニュースなどから、ユーザーの関心事をキャッチする
  • 自社の製品やサービスに関連する業界の動向を把握する

 

7. まとめ

本コラムでは、コンテンツマーケティングにおけるキーワード選定の重要性と具体的な方法について解説しました。

キーワード選定は、コンテンツマーケティングの成功に直結する重要なプロセスです。ユーザーのニーズを理解し、自社の強みを活かせるキーワードを選定することが大切です。

具体的には、以下の手順でキーワード選定を行うことが効果的です。

  1. ターゲットユーザーのペルソナを明確にする
  2. 関連するキーワードを幅広く洗い出す
  3. キーワードの検索ボリュームと競合度をチェックする
  4. 自社の強みや特徴に合致するキーワードを絞り込む
  5. 選定したキーワードを活用するコンテンツを企画する

キーワード選定においては、検索ボリュームや競合度だけでなく、ユーザーのニーズや検索意図を考慮することが重要です。また、キーワードの組み合わせや関連性を考慮することで、より効果的なコンテンツを作成できます。

キーワード選定のためには、Googleキーワードプランナーや Google検索の予測変換機能、AnswerThePublic、Ubersuggestなどのツールを活用すると便利です。これらのツールを使って、ユーザーの検索傾向や関連キーワードを把握しましょう。

今後、音声検索の普及やAIの発展により、キーワード選定の方法も変化していくことが予想されます。ユーザーの検索行動の変化に対応し、継続的にキーワードを最適化・改善していくことが求められます。

コンテンツマーケティングにおいては、キーワード選定だけでなく、コンテンツの質や情報発信力も重要です。選定したキーワードを活用し、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作成・発信することで、コンテンツマーケティングの成果を最大化しましょう。

本コラムで解説したキーワード選定の方法を実践し、コンテンツマーケティングの戦略に役立てていただければ幸いです。

 

FAQ:

Q1. キーワード選定はなぜ重要なのですか?
A1. キーワード選定は、コンテンツがユーザーに発見され、読まれるために重要です。適切なキーワードを選ぶことで、検索エンジン上での露出が増え、コンテンツの効果を最大化できます。

Q2. キーワード選定の基本的なアプローチは何ですか?
A2. キーワード選定の基本的なアプローチは、ターゲットユーザーを理解すること、競合他社のキーワードを分析すること、自社の強みや特徴を活かしたキーワードを考えることです。

Q3. キーワード選定の具体的な手順は何ですか?
A3. キーワード選定の具体的な手順は、以下の通りです。
1. ターゲットユーザーのペルソナを明確にする
2. 関連するキーワードを幅広く洗い出す
3. キーワードの検索ボリュームと競合度をチェックする
4. 自社の強みや特徴に合致するキーワードを絞り込む
5. 選定したキーワードを活用するコンテンツを企画する

Q4. キーワード選定で気をつけるべき失敗例は何ですか?
A4. キーワード選定でよくある失敗例は、以下の通りです。
- 検索ボリュームばかりを重視してしまう
- 競合が激しすぎるキーワードを選んでしまう
- ターゲットユーザーのニーズに合わないキーワードを選んでしまう
- キーワードの組み合わせや関連性を考慮しない

Q5. キーワード選定に役立つツールは何ですか?
A5. キーワード選定に役立つツールは、以下の通りです。
- Googleキーワードプランナー
- Google検索の予測変換機能
- AnswerThePublic
- Ubersuggest

 

チェックリスト:

  •  ターゲットユーザーのペルソナを明確にする
  •  競合他社のキーワードを分析する
  •  自社の強みや特徴を活かしたキーワードを洗い出す
  •  関連するキーワードを幅広く洗い出す
  •  キーワードの検索ボリュームと競合度をチェックする
  •  ユーザーのニーズや検索意図を考慮する
  •  キーワードの組み合わせや関連性を考慮する
  •  自社の強みや特徴に合致するキーワードを絞り込む
  •  選定したキーワードを活用するコンテンツを企画する
  •  定期的にキーワードを見直し、最新のトレンドを取り入れる

以上のFAQとチェックリストを活用し、効果的なキーワード選定を行ってください。

avatar

イノーバマーケティングチーム

株式会社イノーバの「イノーバマーケティングチーム」は、多様なバックグラウンドを持つメンバーにより編成されています。マーケティングの最前線で蓄積された知識と経験を生かし、読者に価値ある洞察と具体的な戦略を提供します。