サイトマップはSEOにも効果あり!その必要性と作成するメリットを考える

SEO

みなさんはサイトマップを作っていますか? サイト内にどのようなコンテンツがあるかをリスト化したサイトマップは、Webページの目次の役割を果たすだけでなく、SEO対策においても効果があります。この記事では、サイトマップはなぜ必要なのか、作ることで具体的にどのようなメリットがあるのかを詳細にまとめました。

ユーザー向けと検索エンジン向け、2つのサイトマップ

実はサイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2つの種類があります。どちらもWebサイト内のコンテンツをリスト化したものであることには変わりませんが、それぞれ役割や誰に向けて作られたものであるかが異なります。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップとは、Webサイト内にあるコンテンツをカテゴリごと、階層ごとにまとめて一覧化したもの。サイトを訪れたユーザーが自分の見たいページを探し、スムーズに情報にたどり着けるようにするために作られます。一般的にサイトマップと言えば、こちらを想像する人が多いかもしれません。

一例として、イノーバのサイトマップは以下のようになっています。

sitemap_1.png

コンテンツの量が多い大規模サイトはメニューの項目数も多く、また階層も深くなりがちなため、ユーザーが欲しい情報にたどり着くのは簡単ではありません。せっかくサイトを訪れてくれたのに、ページを探しにくいという理由で離脱されてしまったのでは、せっかくの機会を失うことになってしまいます。

そんなとき、HTMLサイトマップを作成しておけばユーザはどのページからでも目的のページにたどり着くことができます。そのためHTMLサイトマップはサイトの利便性を高め、ユーザービリティを向上するために作られることが多く、ユーザー向けのサイトマップと言うことができます。

XMLサイトマップ

これに対して、XMLサイトマップは検索エンジンに対してサイト内のコンテンツを伝えるために設置されます。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンはクローラーと呼ばれるBot(自動プログラム)を定期的に徘徊させてサイトの情報を集めています。この情報をもとに、サイト内のコンテンツ内容を把握し、ユーザーの入力した検索ワードに対してより適切な検索結果を表示することができるのです。

XMLサイトマップを作ることで、クローラーはコンテンツの構成や更新時期などを参照し、サイトの情報を正確に把握できるようになります。XMLサイトマップはSEOにも効果があるとされるのはそのためで、いわば検索エンジン向けのサイトマップと言うことができるでしょう。

XMLサイトマップはSEOにどのような影響をもたらすか

XMLサイトマップを作ることでSEOにどのような効果があるのか、もう少し詳しく考えてみましょう。

先ほど検索エンジンがWebサイトの情報を集めていることに少し触れましたが、クローラーは必ずしもすべてのページ情報を取得できているわけではありません。通常のリンクをたどりながらサイト内を徘徊するため、サイトの構成によってはどうしても抜けが出てしまう場合があるのです。

具体的には、以下のようなサイトはクローラーが情報を取得しにくいと言われています。

・コンテンツ数が多く階層が深くなりがちな大規模サイト

・外部からのリンクが少ない新規サイト

・リッチメディアコンテンツを多用しているサイト

・リンクされていないコンテンツが多いサイト

言うまでもありませんが、せっかくコンテンツを制作しても検索サイト自体がページの存在を把握していないのであれば、SEO効果はありません。また同様に、ページの公開後クロールされるまでに時間がかかるような場合も、SEOの効果を妨げることになってしまうでしょう。

XMLサイトマップには、サイト内のコンテンツ内容や構成だけでなく、それがどのような頻度で更新されているのか、最終更新日時はいつか、サイト内でどのような重要度を持っているかなどさまざまな情報が含まれています。こうしたサイトの詳細な情報を検索エンジンに直接伝えることで、クローラーもページを徘徊しやすくなります。その結果として、検索エンジンも効率的にインデックスすることができ、SEO効果が向上するというメリットがあるのです。

プラグインを活用したXMLサイトマップの作成方法

SEO対策に取り組むのであればXMLサイトマップはぜひ作成しておきたいところ。ここでは、WordPressのプラグインを使用した、だれでも簡単に作成できる方法をご紹介しましょう。

XMLサイトマップを作成できるプラグインはいくつかありますが、ここでおすすめしたいのは「ALL in One SEO Pack」です。サイトマップ以外の作成以外に、Googleアナリティクスとの連携やSNS設定などさまざまな機能を備えているため、すでにインストール済みというかたも多いかもしれません。以下、サイトマップの作成手順をご紹介します。

XMLサイトマップを有効化する

sitemap_2.png

「ALL in One SEO Pack」をインストール後、左カラムのメニューから「ALL in One SEO→管理機能」の順番にクリック。

XMLサイトマップの「Activate」をクリック

sitemap_3.png

中央に表示されるメニューの中から、XMLサイトマップの「Activate」をクリックして有効化します。

XMLサイトマップのメニュー画面を開く

sitemap_4.png

有効化することで左カラムのメニューに「XMLサイトマップ」が表示されるので、ここをクリックします。

XMLサイトマップの設定

XMLサイトマップのメニューが表示されるので、ここで詳細を設定します。基本的にはデフォルトのままで問題ありませんが、以下の項目だけは変更しておくことをおすすめします。

・RSSサイトマップを作成:チェックを入れる

・更新を予約:サイトの更新頻度にあわせて「毎日」もしくは「毎週」を選択

・投稿タイプ:「投稿」「固定ページ」のみチェックを入れる

・タクソノミー:「カテゴリ」「タグ」のみチェックを入れる

sitemap_5.png

設定が完了したら画面下の「サイトマップを更新」ボタンをクリックしてXMLサイトマップを作成します。

検索エンジンにXMLサイトマップを送信する

XMLサイトマップは作成するだけでなく、検索エンジンに作成したことを伝える必要があります。Googleサーチコンソールを利用して、忘れずに送信しておきましょう。

sitemap_6.png

Googleサーチコンソールの左カラムにあるメニューから「インデックス→サイトマップ」の順にクリックし、サイトマップのURL(通常は「ドメイン+sitemap.xml」です)を入力して「送信」ボタンをクリックします。これでサイトマップの存在がGoogleに通知されました。

XMLサイトマップはSEO対策に欠かせない存在

サイトマップには2つの種類がありますが、特にXMLサイトマップはSEO対策に取り組む上では欠かせない存在です。これまで用意できていなかったという人は、効率的なインデックスを促すためにも作成してみることをおすすめします。