Skip to content
イノーバマーケティングチーム2024/03/31 8:08:5516 min read

【第一人者が徹底解説!】オウンドメディアとは?企業が取り組むべき理由と成功のポイントとは?

宗像淳-1こんにちは。イノーバの代表の宗像 淳です。本日は、コンテンツマーケティングと切っても切り離せない、オウンドメディアについて取り上げます。ぜひ楽しみながら学びを深めてください。

近年、企業のマーケティング戦略において、オウンドメディアの重要性が高まっています。オウンドメディアとは、企業が自ら所有し、運営するメディアのことを指します。自社のWebサイトやブログ、SNSアカウントなどがこれに該当します。

 

しかし、オウンドメディアを単なる情報発信の場と捉えるのは適切ではありません。オウンドメディアの真の価値は、企業と顧客との関係性を築き、強化することにあります。つまり、オウンドメディアは、企業の成長戦略を加速させる最強のコンテンツマーケティング手法なのです。

 

本記事では、オウンドメディアの定義や特徴、メリットについて詳しく解説します。また、オウンドメディアを成功に導くための戦略や事例についても紹介します。さらに、今後のオウンドメディアの展望についても触れていきます。

 

企業の経営者やマーケティング担当者の方々は、ぜひ本記事を通じて、オウンドメディアの可能性を再認識していただければと思います。それでは、早速、オウンドメディアの基本的な理解から始めていきましょう。

 

1 オウンドメディアの定義と本質

1.1. オウンドメディアとは何か

オウンドメディアとは、企業が自ら所有し、運営するメディアのことを指します。具体的には、自社のWebサイトやブログ、SNSアカウントなどが該当します。オウンドメディアは、企業が自らの情報を発信し、顧客とのコミュニケーションを図るための重要な手段です。

 オウンドメディアとは

従来のマスメディア広告やインターネット広告とは異なり、オウンドメディアでは企業が主体となってコンテンツを制作し、配信します。この自主性と柔軟性が、オウンドメディアの大きな特徴といえるでしょう。

 

1.2. オウンドメディアの特徴と役割

オウンドメディアには、以下のような特徴があります。

 

企業が自ら情報を発信できる

顧客との直接的なコミュニケーションが可能

ブランドイメージを構築し、強化できる

顧客との長期的な関係性を築ける

コストを抑えながら、継続的な情報発信ができる

 

これらの特徴から、オウンドメディアには、以下のような役割が期待されています。 

自社の製品やサービスの価値を伝える

顧客の問題解決や課題達成を支援する

業界の最新トレンドや有益な情報を提供する

顧客とのエンゲージメントを高め、ロイヤリティを向上させる

自社の専門性や独自性を訴求し、競合との差別化を図る

 

関連記事:オウンドメディアの7つの驚きのメリットと失敗しない運用のコツ

 

1.3. オウンドメディアとホームページ・ブログの違い

オウンドメディアとホームページブログは、似て非なるものです。ホームページは、企業の基本情報を伝えることに主眼が置かれています。一方、ブログは、比較的カジュアルな情報発信の場として活用されることが多いでしょう。

 

これに対し、オウンドメディアは、企業の専門性を活かした高品質なコンテンツを提供することで、顧客との信頼関係を構築することを目的としています。つまり、オウンドメディアは、ホームページとブログの中間に位置する、戦略的なコンテンツマーケティングの場だと言えます。

関連記事:【2024年最新版】オウンドメディアとホームページの違いを徹底比較!目的や運用のコツまで

 

1.4. オウンドメディアがもたらす3つの価値(共感・信頼・革新)

オウンドメディアは、企業にとって以下の3つの価値をもたらします。

 

  • 共感:オウンドメディアを通じて、顧客の悩みや課題に寄り添ったコンテンツを提供することで、顧客との共感を生み出すことができます。
  • 信頼:オウンドメディアで専門的で有益なコンテンツを継続的に提供することで、企業の信頼性を高めることができます。
  • 革新:オウンドメディアは、企業の新たな挑戦や取り組みを伝える場としても機能します。イノベーションを起こす企業としてのイメージを構築できるでしょう。

オウンドメディアによる顧客獲得・顧客育成のプロセス

このように、オウンドメディアは、共感、信頼、革新という3つの価値を生み出すことで、企業の成長戦略を力強く支えるのです。

 顧客と関係を深める!オウンドメディア運営の目的と成功する5つのポイント

オウンドメディアが注目される7つの理由と成功のための完全ガイド【2024年最新】

 

1.5. オウンドメディアの種類と活用方法

オウンドメディアは、その目的や形態に応じて、いくつかの種類に分類できます。オウンドメディアの特徴を理解し、自社に最適な活用方法を見出すことが重要です。

ブログ型オウンドメディア:

企業ブログとも呼ばれるこのタイプは、比較的カジュアルな情報発信に適しています。会社の日常的な活動や、従業員の声を伝えることで、親しみやすいブランドイメージを構築できます。また、SEO効果も期待でき、検索流入の獲得につながります。

Webマガジン型オウンドメディア:

Webマガジンは、より専門的で体系的なコンテンツ配信に向いています。自社の強みを活かした高品質な記事を定期的に発信することで、ブランドの信頼性と権威性を高められます。ターゲットユーザーの課題解決に寄与する情報を提供し、ロイヤルティの向上を目指します。

製品活用型オウンドメディア:

自社製品やサービスの活用方法に特化したオウンドメディアです。ハウツー記事やユーザーインタビューなどを通じて、製品の魅力や価値を訴求します。ユーザーコミュニティの形成にも役立ち、口コミでの拡散効果も期待できるでしょう。

ブランドストーリー型オウンドメディア:

企業の歴史や理念、ビジョンなどを伝えるオウンドメディアです。ブランドにまつわるエピソードや、社会貢献活動の取り組みなどを発信することで、共感を呼ぶストーリーを紡ぎます。ブランドの世界観を訴求し、ファンの獲得につなげることができます。

ニュース&トピックス型オウンドメディア:

企業の最新ニュースやプレスリリースを配信するタイプです。事業の動向や新サービスの情報などを積極的に発信することで、ステークホルダーとのコミュニケーションを図ります。メディア露出の獲得にも効果的です。

関連記事:オウンドメディアの種類と特徴を徹底比較!目的別の活用方法も解説

 

コーヒーブレイク:宗像が物申す「オウンドメディア戦国時代を勝ち抜くために」

宗像淳-1

かつて、オウンドメディアを始めれば、ライバルが少なかったため、ある程度の成果を上げることができました。しかし、今や多くの企業がしのぎを削る戦国時代。SEOでの上位表示も困難になり、SNSでの発信も欠かせません。この激動の時代を勝ち抜くには、どうすればよいのでしょうか。

  1. 独自性を追求する 
    他社と同じようなコンテンツでは、埋もれてしまいます。自社ならではの強みを活かした、オリジナリティあふれるコンテンツを創出しましょう。
  2. ユーザー目線に立つ 
    単なる自社の宣伝では、読者に響きません。ユーザーの課題や悩みに寄り添い、役立つ情報を提供することが重要です。
  3. マルチチャネル展開 
    ブログだけでなく、SNSやメールマガジンなど、多様なチャネルを活用しましょう。ユーザーとの接点を増やすことで、認知度とエンゲージメントを高められます。
  4. コンテンツの質にこだわる 
    量より質が勝負の分かれ目。読者を引き付ける、価値あるコンテンツを地道に発信し続けることが、長期的な成功への鍵となるでしょう。

オウンドメディア戦国時代を制するのは、簡単ではありません。しかし、独自性と質にこだわり、ユーザー目線でマルチチャネルに展開することで、激戦を勝ち抜いていくことができるはずです。工夫を凝らし、粘り強く取り組んでいきましょう。


<AI時代のオウンドメディア戦略>上級者向け

AI技術の発展により、記事作成が容易になりつつあります。音楽業界がレコードからCDへ、そしてライブ中心へと移り変わったように、コンテンツ業界も大きな変革の波が押し寄せています。このようなAI時代に、オウンドメディアはどうあるべきなのでしょうか。

  1. 人間ならではの視点と洞察 AIは膨大なデータから効率的にコンテンツを生成できますが、人間特有の創造性や共感性には及びません。独自の視点と深い洞察を持ったコンテンツで、差別化を図ることが重要です。
  2. パーソナライズされたコンテンツ AIを活用することで、ユーザー一人ひとりの嗜好や行動履歴に合わせたパーソナライズされたコンテンツを提供できます。的確なターゲティングで、エンゲージメントを高めましょう。
  3. インタラクティブなコンテンツ AIを駆使した対話型のコンテンツや、ゲーミフィケーションを取り入れることで、ユーザーの能動的な参加を促せます。双方向のコミュニケーションが、ブランドとの絆を深めます。
  4. 音声・動画コンテンツの強化 AIによるテキストベースのコンテンツが氾濫する中、音声や動画といったリッチなコンテンツに注目が集まるでしょう。感情や臨場感を伝えられる音声・動画は、強力な武器になり得ます。
  5. 実体験とのシームレスな連携 オンラインコンテンツと実際の体験をシームレスに結びつけることで、ユーザーとの接点を増やせます。イベントやポップアップストアなど、リアルな場とデジタルの融合が鍵となります。

AI時代のオウンドメディアは、人間ならではの強みを活かしつつ、AIの力を取り入れることが求められます。パーソナライズ化、インタラクティブ性、音声・動画の活用、そしてリアルとの連携。これらを軸に、ユーザーの心を掴むコンテンツを発信し続けることが、勝ち残るための道筋となるでしょう。

このように、オウンドメディアを取り巻く環境は大きく変化しています。しかし、変化を恐れるのではなく、新たな時代の波を味方につけることが重要です。次章では、そんな時代の中で、なぜオウンドメディアが注目を集めているのか、その理由について解説していきます。


 

2 オウンドメディアが注目される理由

近年、オウンドメディアが企業のマーケティング戦略において重要な位置を占めるようになっています。その背景には、メディア環境の変化と、マーケティング手法の進化があります。ここでは、オウンドメディアが注目される理由について、詳しく見ていきましょう。

 

2.1. トリプルメディアの時代とオウンドメディアの重要性

現代のメディア環境は、ペイドメディア(広告)、アーンドメディア(口コミ)、オウンドメディア(自社メディア)の3つが並び立つ、の時代だと言われています。この中で、オウンドメディアの重要性が高まっているのです。

 

2.1.1. ペイドメディア(広告)の限界

従来のマスメディア広告やインターネット広告は、ペイドメディアに分類されます。しかし、広告に対する消費者の信頼度は年々低下しており、広告だけでは十分な効果を得られなくなっています。また、広告ブロッカーの普及により、広告自体が届きにくくなっているのも事実です。

コンテンツマーケティングがなぜ求められるのか

こうした状況下で、企業は自社の情報を確実に顧客に届ける alternative を模索するようになりました。その答えの1つが、オウンドメディアなのです。

CPCからLTVへ

 

2.1.2. アーンドメディア(口コミ)の影響力

ソーシャルメディアの普及により、消費者の口コミが購買意思決定に与える影響は非常に大きくなっています。アーンドメディアとも呼ばれるこの口コミを、企業は無視できなくなっているのです。

 

オウンドメディアは、アーンドメディアと親和性が高いメディアです。オウンドメディアで提供される価値ある情報が、消費者の間で自発的に共有されることで、口コミの効果を最大化することができます。

関連記事:オウンドメディアとアーンドメディア、それぞれの特徴と使い分け方

 

2.2. インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの台頭

近年、マーケティングの世界では、インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングが注目を集めています。インバウンドマーケティングとは、顧客の関心や問題意識に合わせて情報を提供し、自然に自社の製品やサービスに誘導する手法です。

 

一方、コンテンツマーケティングとは、顧客に価値あるコンテンツを提供することで、ブランドへの信頼や愛着を高める手法を指します。

 

オウンドメディアは、インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングの実践の場として、最適なメディアだと言えます。オウンドメディアを通じて、顧客のニーズに合わせた情報を提供し、信頼関係を構築することができるのです。

関連記事:コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いとは?

関連記事:オウンドメディアマーケティングの基礎知識と成功のコツ

 

2.3. 企業ブランディングにおけるオウンドメディアの役割

オウンドメディアは、企業ブランディングにおいても重要な役割を果たします。オウンドメディアを通じて、企業は自社の価値観やビジョン、ストーリーを伝えることができます。

 

一貫したメッセージを発信し続けることで、企業は独自のブランドイメージを確立することができるのです。また、オウンドメディアは、企業の人となりを伝える場としても機能します。経営者や社員の思いを伝えることで、顧客との距離を縮めることができるでしょう。

 

以上のように、メディア環境の変化やマーケティング手法の進化を背景に、オウンドメディアへの注目が高まっています。次章では、オウンドメディアを成功に導くための基本戦略について解説します。

 関連記事:

オウンドメディアでブランディングを成功に導く13のポイント|効果的な手法と注意点

【2024年最新】オウンドメディアでブランディングを成功させる完全ガイド【事例10選&7つのステップ】

3 オウンドメディアの基本戦略

オウンドメディアを成功に導くためには、明確な戦略が必要不可欠です。ここでは、オウンドメディアの基本戦略について、4つの観点から解説します。

 

3.1. オウンドメディア成功のための3つの要素

オウンドメディアを成功させるには、以下の3つの要素を押さえることが重要です。

 

3.1.1. ターゲットユーザーの明確化とペルソナ設定

オウンドメディアで提供するコンテンツは、ターゲットユーザーのニーズや関心事に合致していなければなりません。そのためには、ターゲットユーザーを明確に定義し、ペルソナ(架空の理想的な顧客像)を設定することが重要です。

ペルソナインサイト

ペルソナを設定することで、ターゲットユーザーの悩みや課題、趣味嗜好などを具体的にイメージできます。この情報に基づいてコンテンツを企画することで、ユーザーに刺さる情報を提供できるようになるのです。

 

3.1.2. 独自性と価値提供を意識したコンテンツ企画

オウンドメディアで提供するコンテンツは、他社にはない独自性が求められます。自社ならではの視点や切り口で、ユーザーに新たな気づきや学びを提供することが重要です。

 

また、コンテンツは単なる情報の羅列ではなく、ユーザーにとって価値のあるものでなければなりません。ユーザーの問題解決や目的達成に寄与するコンテンツを提供することで、ユーザーからの信頼を獲得できるでしょう。

 

3.1.3:魅力的なオウンドメディアを作るためのデザイン戦略

オウンドメディアの成功には、ユーザーを引き付ける魅力的なデザインが欠かせません。記事の内容が良くても、見た目が悪ければ読者は離脱してしまうでしょう。そこで本章では、オウンドメディアのデザイン戦略について解説します。

まず重要なのは、ブランドイメージを反映したビジュアルの一貫性です。サイトのカラーやレイアウト、画像などに統一感を持たせることで、ブランドの世界観を効果的に伝えられます。また、記事内容を的確に表現したアイキャッチ画像は、読者の興味を引くために重要な役割を果たします。

次に、ユーザビリティを意識したデザインも大切です。読みやすいフォントサイズや行間、スマートフォンでの表示最適化など、快適な読書体験を提供する工夫が求められます。記事内の適切な位置にCTAボタンを配置することで、ユーザーアクションを促すことも可能です。

デザイントレンドを踏まえつつ、自社らしさを打ち出すことも重要です。画一的なデザインでは、他社との差別化が図れません。ターゲットユーザーの感性に訴求する、オリジナリティあふれるデザインを目指しましょう。

魅力的なデザインは、オウンドメディアの価値を高め、読者との絆を深めてくれます。デザインの力を活かして、ユーザーに選ばれ続けるオウンドメディアを作っていきましょう。

関連記事:

【2024年最新】オウンドメディア成功の鍵!ユーザーを引き付ける魅力的なデザイン事例17選

ツールは?コンテンツは? オウンドメディア構築の基本

 【2024年最新】失敗しないオウンドメディアの作り方 - 目的別の手順でスムーズに成果を出せる!

オウンドメディア制作会社おすすめ9選【2024年最新】

 

3.1.4. 一貫性のあるブランドストーリーの構築

オウンドメディアは、企業ブランドを構築する上でも重要な役割を果たします。オウンドメディアで発信するコンテンツは、企業の価値観やビジョンと整合性が取れている必要があります。

 

一貫性のあるブランドストーリーを構築することで、ユーザーに対して明確なブランドイメージを植え付けることができます。ブランドストーリーは、コンテンツの企画段階から意識しておくことが大切です。

 

3.2. SEOを意識した記事制作とキーワード選定

オウンドメディアの記事を多くのユーザーに届けるためには、SEO(検索エンジン最適化)を意識した記事制作が欠かせません。ユーザーが検索しそうなキーワードを適切に選定し、記事に自然に盛り込むことが重要です。

 

また、記事の構成もSEOを意識する必要があります。見出しタグを適切に使用し、本文を読みやすい構成にすることで、検索エンジンからの評価を高めることができるでしょう。

関連記事:

【2024年最新】オウンドメディアのPV数の理想と現実〜目標設定と改善策の決定版〜

オウンドメディアでPVを伸ばす秘訣!集客のための効果的な手法を大公開

オウンドメディアのPV数を劇的に改善するには?運営の極意を大公開!

 

3.3. ソーシャルメディアとの連携による情報拡散

オウンドメディアの情報を拡散するためには、ソーシャルメディアとの連携が効果的です。記事にソーシャルボタンを設置し、ユーザーがワンクリックでシェアできるようにしておくことが大切です。

 

また、自社のソーシャルメディアアカウントでも積極的に記事を紹介することで、より多くのユーザーにリーチできるようになります。ユーザーとのコミュニケーションを通じて、エンゲージメントを高めることも重要でしょう。

関連記事:オウンドメディア×SNS活用の極意!集客力を高める最新手法を大公開

3.4. コンバージョンを意識したCTA(行動喚起)の設置

オウンドメディアの最終的な目的は、ユーザーを顧客に転換することです。そのためには、コンバージョンを意識したCTACall to Action:行動喚起)の設置が欠かせません。

CTA

記事の末尾や適切な位置に、問い合わせボタンや資料請求フォームを配置することで、ユーザーのアクションを促すことができます。CTAは、ユーザーの状況や記事の内容に合わせて、適切なものを選ぶことが大切です。 

3.5. オウンドメディアのSEO対策

オウンドメディアで上位表示を獲得するためには、戦略的なSEO対策が欠かせません。ここでは、オウンドメディアのSEO対策について詳しく解説します。

キーワード選定とコンテンツ最適化

オウンドメディアのSEO対策で最も重要なのは、適切なキーワードの選定とコンテンツの最適化です。ターゲットユーザーが検索しそうなキーワードを調査し、記事内に自然に盛り込むことが求められます。タイトルや見出し、本文中に効果的にキーワードを配置することで、検索エンジンからの評価を高めることができるでしょう。

内部リンク構造の最適化

オウンドメディア内の記事同士を適切にリンクさせることは、SEO対策において非常に重要です。関連性の高い記事同士を相互にリンクさせることで、サイト内の導線を最適化し、ユーザーの回遊性を高められます。また、重要なページに内部リンクを集中させることで、サイト構造をGoogleに的確に伝えることができるでしょう。

外部リンクの獲得方法

オウンドメディアの記事が他サイトから多数リンクされることは、SEO対策上非常に有利に働きます。信頼性の高い外部サイトからのリンクを獲得するためには、良質なコンテンツを継続的に発信し続けることが重要です。また、ゲストポストや相互リンクなどの施策を通じて、戦略的にリンクを獲得していくことも効果的でしょう。

テクニカルSEOのポイント

オウンドメディアのSEO対策では、テクニカルな側面も無視できません。サイトの表示速度やモバイルフレンドリー性、セキュリティ対策などは、検索エンジンからの評価に直結する重要な要素です。定期的にサイトの健全性をチェックし、必要な改善を施すことが求められます。

 

以上が、オウンドメディアの基本戦略です。これらの戦略を踏まえて、自社のオウンドメディアを運営することが成功への近道となるでしょう。次章では、オウンドメディア運用のベストプラクティスについて解説します。

 【初心者必見】オウンドメディア設計の基本から応用まで!成果を最短で出すための戦略と12の手順

【2024年最新版】オウンドメディアの集客方法 - 網羅的ガイド

 

4 オウンドメディア運用のベストプラクティス

オウンドメディアを効果的に運用するためには、いくつかのベストプラクティスを押さえておく必要があります。ここでは、オウンドメディア運用のポイントについて、5つの観点から解説します。

 【2024年最新】オウンドメディア活用の完全ガイド - 戦略的運用術を解説

 

4.1. 編集カレンダーの作成と更新頻度の維持

オウンドメディアを継続的に運営するためには、編集カレンダーを作成することが重要です。編集カレンダーとは、記事の公開スケジュールを管理するためのツールです。

エディトリアルカレンダー

 

編集カレンダーを作成することで、記事の企画から公開までのプロセスを可視化し、効率的に進めることができます。また、定期的に記事を公開するためのペースメーカーとしても機能します。

 

更新頻度は、業種や目的によって異なりますが、最低でも週に12本は公開することが望ましいでしょう。ただし、更新頻度よりも内容の質を重視することが大切です。

 

4.2. 外部ライターや専門家の起用によるコンテンツ品質の向上

オウンドメディアのコンテンツ品質を高めるためには、外部ライターや専門家を起用することも効果的です。社内のリソースだけでは、専門的な知見やライティングスキルが不足している場合もあるでしょう。

 

外部ライターを起用する際は、自社の業界や商品に詳しく、ブランドの世界観を理解している人を選ぶことが重要です。また、記事の方向性やトーン&マナーを明確に伝え、細かいディレクションを行うことも欠かせません。

 

専門家の監修を受けることで、記事の信頼性を高めることもできます。専門家のコメントを記事に盛り込むことで、ユーザーに対して説得力のあるメッセージを伝えられるでしょう。

関連記事:

オウンドメディアのライター採用ガイド|必要スキルと探し方のコツ

【2024年版】プロが伝授!オウンドメディアで質の高い記事を書くための7つのノウハウ

オウンドメディアの記事の書き方 - SEOのプロが教える上位表示テクニック

 

4.3. ユーザーフィードバックの収集と分析

オウンドメディアを改善するためには、ユーザーからのフィードバックを収集し、分析することが重要です。ユーザーの声に耳を傾けることで、ニーズや課題を把握し、よりユーザー目線のコンテンツを提供できるようになります。

 

フィードバックの収集方法としては、記事へのコメント欄の設置や、アンケートフォームの設置などが挙げられます。また、ソーシャルメディア上での反応を分析することも有効でしょう。

 

収集したフィードバックは、定性的・定量的に分析することが大切です。頻出するキーワードや傾向を把握し、コンテンツ企画に反映させることで、ユーザーのエンゲージメントを高められるはずです。

 

4.4. A/Bテストなどを活用した継続的な改善

オウンドメディアの改善には、データに基づくアプローチが欠かせません。A/Bテストは、異なる2つのバージョンを比較し、より効果の高い方を選ぶ手法です。

 

例えば、記事のタイトルや本文の表現、CTAボタンの色などをA/Bテストすることで、より高いパフォーマンスを発揮する組み合わせを見つけ出すことができます。

 

A/Bテストの結果は、継続的な改善に活かすことが重要です。効果の高かった要素を他の記事にも適用し、PDCAサイクルを回し続けることが、オウンドメディアの進化につながるでしょう。

 

4.5. オウンドメディア運営体制の構築と社内連携

オウンドメディアを継続的に運営するためには、社内の体制づくりも欠かせません。オウンドメディアの目的や戦略を社内で共有し、各部門の協力を得ることが重要です。

 

特に、コンテンツ制作には様々な部門の協力が必要となります。例えば、商品開発部門には専門知識の提供を、カスタマーサポート部門にはユーザーの声の共有を依頼するなど、社内の知見を結集することが求められます。

 

また、オウンドメディア専任のチームを設置することも検討すべきでしょう。専任チームがあれば、より戦略的かつ継続的にオウンドメディアを運営することができます。

オウンドメディア 運営体制

以上が、オウンドメディア運用のベストプラクティスです。これらのポイントを押さえることで、より効果的にオウンドメディアを運営できるはずです。次章では、オウンドメディアのKPIと効果測定について解説します。

 

4.6.:オウンドメディア運営を支援する外部パートナーの活用

オウンドメディアの運営には、多岐にわたる専門性が求められます。社内リソースだけでは限界があるケースも少なくありません。そこで、外部パートナーの力を上手に活用することが重要になります。

コンテンツ制作会社は、高品質な記事の安定的な提供を可能にしてくれます。専門ライターのネットワークを持ち、トレンドを踏まえた企画力も魅力です。デザイン会社は、オウンドメディアの見た目を大きく向上させてくれるでしょう。ブランディングの視点を持ちつつ、ユーザー目線でのUI/UX設計ができる点が強みです。

オウンドメディアの戦略立案や運用面でサポートしてくれるのが、コンサルティング会社の存在です。豊富な運営ノウハウを元に、PDCAサイクルの確立から、効果検証までを一貫して支援。専門的な視点で課題を抽出し、改善策を提案してくれます。

外部パートナー選定の際は、オウンドメディア運営の実績や、自社ビジネスへの理解度を重視しましょう。単発の発注ではなく、長期的な視点でパートナーシップを築くことが理想的です。二人三脚で、オウンドメディアの成長を目指していくことが大切です。

社内の強みを活かしつつ、外部の専門性も積極的に取り入れる。それが、オウンドメディア運営における成功の秘訣だと言えるでしょう。

参考記事:

【2024年最新】オウンドメディアコンサルティング徹底解説!成功の鍵は戦略と運用体制

【2024年最新】オウンドメディア外注の成功法則!選び方のコツから費用目安、おすすめ会社まで徹底解説

 オウンドメディアを成功に導く!支援企業を7つ厳選!役割や選び方を徹底解説

オウンドメディア運用代行会社の選び方と注意点|主要な10社を紹介!【2024年版】

 

5 オウンドメディアのKPIと効果測定

オウンドメディアを運営する上で、適切なKPIKey Performance Indicator:重要業績評価指標)を設定し、効果測定を行うことが重要です。ここでは、オウンドメディアのKPIと効果測定について、詳しく見ていきましょう。

 

5.1. オウンドメディアに適したKPIの設定

 

オウンドメディアのKPIは、大きく分けて以下の3つに分類できます。

 

5.1.1. アクセス数、滞在時間、直帰率などのアクセス解析指標

 

オウンドメディアの基本的なKPIは、アクセス解析指標です。アクセス数(PVページビュー)、ユーザー数(UUユニークユーザー)、滞在時間、直帰率などが代表的な指標です。

 

これらの指標を継続的に計測することで、オウンドメディアの全体的なパフォーマンスを把握することができます。アクセス数や滞在時間が増加傾向にあれば、コンテンツがユーザーに評価されている証拠だと言えるでしょう。

 

5.1.2. エンゲージメント率、シェア数などのソーシャル指標

 

オウンドメディアの記事がソーシャルメディア上でどれだけ拡散されているかを測定するのが、ソーシャル指標です。代表的な指標には、エンゲージメント率(記事に対するリアクション数÷リーチ数)やシェア数などがあります。

 

ソーシャル指標は、オウンドメディアの記事がユーザーにとって価値のあるものかどうかを判断する上で重要な指標です。エンゲージメント率が高く、シェア数が多い記事は、ユーザーから支持されている証拠だと言えます。

 

5.1.3. コンバージョン率、リード獲得数などのビジネス指標

オウンドメディアの最終的な目的は、ビジネス上の成果につなげることです。そのため、コンバージョン率(CVRConversion Rate)やリード獲得数などのビジネス指標を設定することが重要です。

 

コンバージョン率は、オウンドメディアの記事を読んだユーザーが、問い合わせや購入などの目的の行動を取った割合を示します。リード獲得数は、オウンドメディアを通じて獲得した見込み客の数を表します。

オウンドメディア KPI (1)

これらの指標を改善することが、オウンドメディアのROI(投資対効果)を高めることにつながります。

基礎知識からコンテンツ最適化までを徹底解説!オウンドメディアのコンバージョン率を劇的に改善する方法

 

5.2. Google Analyticsを活用した効果測定とレポーティング

オウンドメディアのKPIを計測するためには、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを活用することが不可欠です。Google Analyticsを使えば、アクセス数や滞在時間、直帰率などの基本的な指標から、ユーザーの属性や行動、流入元などの詳細な情報まで、幅広いデータを取得することができます。

 関連記事:オウンドメディアの効果測定を体系的に理解し、PDCAサイクルで成果を最大化する方法

これらのデータを定期的に分析し、レポートにまとめることが重要です。レポートは、単なるデータの羅列ではなく、そこから得られる示唆や改善案を含むものでなければなりません。

 

5.3. マーケティング施策への反映とPDCAサイクルの実践

効果測定の結果は、そのままマーケティング施策に反映させることが重要です。オウンドメディアのパフォーマンスが芳しくない場合は、コンテンツの内容や構成、ターゲット設定などを見直す必要があります。

 

また、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を実践することが、オウンドメディアの継続的な改善につながります。効果測定の結果を基に改善策を立て(Plan)、実行し(Do)、再度効果を測定して(Check)、さらなる改善につなげる(Act)。このサイクルを回し続けることが、オウンドメディアの成功の鍵を握ります。

関連記事:

オウンドメディア運用はPDCAサイクルで成功する!上手な活用法をステップ別に解説

オウンドメディアで成果を上げるためのKPI設定とは?主な指標や改善のポイントを解説

「理想のオウンドメディア」を目指すための改善ステップとは?5つのステップを徹底解説!

 

以上が、オウンドメディアのKPIと効果測定に関する解説です。適切なKPIを設定し、データに基づいた運営を行うことが、オウンドメディアを成功に導く上で欠かせません。次章では、オウンドメディアの成功事例と失敗事例について見ていきます。

 

 6 オウンドメディアの成功事例と失敗事例

オウンドメディアを運営する上で、他社の事例を参考にすることは大変有益です。ここでは、BtoBBtoCそれぞれの領域における成功事例と、失敗事例から学ぶべきポイントについて解説します。

 

6.1. BtoBオウンドメディアの成功事例

BtoBのオウンドメディアは、企業の課題解決や業界の最新トレンドなどをテーマに、専門的な情報を提供することが求められます。以下の2つの事例は、BtoBオウンドメディアの優れた取り組みと言えるでしょう。

関連記事:【2024年版】BtoBオウンドメディア運用の注意点と成功事例に学ぶ教訓 

 

6.1.1. サイボウズ式:業界動向と自社サービスの関連性を訴求

「サイボウズ式」は、グループウェアを提供するサイボウズ株式会社が運営するオウンドメディアです。働き方改革や生産性向上など、企業の課題に関連する情報を発信しています。

 

業界の最新動向を取り上げつつ、自社サービスとの関連性を巧みに訴求しているのが特徴です。記事の信頼性を高めるために、専門家の監修を受けているのも効果的だと言えるでしょう。

 

6.1.2. ミエルカジャーナル:顧客の悩みに寄り添う役立つコンテンツ

「ミエルカジャーナル」は、SEOツールをを提供するMIERUCAのオウンドメディアです。SEOに関する情報を中心に、マーケティングや営業に関する記事も発信しています。

 

顧客企業の抱える悩みに寄り添い、実践的なノウハウを提供しているのが特徴です。自社サービスの導入事例も交えることで、信頼性と説得力を高めています。

 

6.2. BtoCオウンドメディアの成功事例

BtoCのオウンドメディアは、自社商品やサービスの魅力を伝えつつ、生活に役立つ情報を提供することが重要です。以下の2つの事例は、BtoCオウンドメディアの優れた取り組みと言えます。

 

6.2.1. THE BAKE MAGAZINE(株式会社BAKE

Bake Magazineのオウンドメディア

THE BAKE MAGAZINE」は、洋菓子の製造・販売事業を展開する株式会社BAKE2015年にスタートしたオウンドメディアです。「おいしいは、しあわせにBAKEる」をコンセプトに、自社製品の紹介だけでなく、「食」に関する独自の取り組みを行なっているブランドや企業、生産者、業界関係者へのインタビューなど、幅広い情報を発信しています。食にまつわる多様なコンテンツを通じて、読者の興味関心を惹きつけ、ブランドへの好感度を高めることに成功しています。

 

6.2.2. 北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)

北欧暮らしの道具店のオウンドメディア

北欧、暮らしの道具店」は、北欧の暮らしのようなグッズを取り扱うECサイトとして2007年に開設されましたが、単なるECサイトにとどまらない、コンテンツマーケティングの成功事例として知られています。北欧雑貨を購入できるだけでなく、商品紹介やレビュー記事、連載コラムなど、北欧の暮らしに興味がある人なら必見の充実したコンテンツを提供。「北欧ライフスタイル」というテーマに沿った一貫性のある情報発信が、ファンを増やす原動力になっています。

 関連記事:

国内外のオウンドメディアの成功事例43選【BtoB/BtoC】

オウンドメディアの成功事例から学ぶ、目的達成のための運営ノウハウまとめ

【2024年最新版】オウンドメディアの成功事例一覧 - 9つの事例と特徴を解説

事例から学ぶ!オウンドメディアサイト成功の全てがわかる、運営ノウハウと差別化のコツ

 

6.3. 失敗事例から学ぶオウンドメディア運営のポイント

オウンドメディア運営で失敗しないためには、以下のようなポイントに注意する必要があります。

 

6.3.1. コンテンツの質が低い、更新頻度が低い

コンテンツの質が低かったり、更新頻度が低かったりすると、読者から見放されてしまいます。常に高品質なコンテンツを定期的に提供し続けることが重要です。

 

6.3.2. ターゲットユーザーのニーズとずれたコンテンツ

ターゲットユーザーのニーズや関心事を的確に捉えていないと、コンテンツが読まれなくなってしまいます。ユーザー理解を深め、ニーズに合ったコンテンツを提供することが欠かせません。

 

6.3.3. 一過性の話題に頼りすぎる

一過性の話題に頼ったコンテンツは、一時的なアクセスアップにつながるかもしれません。しかし、長期的な視点に立って、普遍的な価値のあるコンテンツを発信し続けることが重要です。

 関連記事:

オウンドメディアが継続できない原因9つと挫折しない運営方法

オウンドメディアで失敗しないための15の警告サインと8つの鉄則

「オウンドメディアは意味ない」は本当?運用成功の秘訣とポイント

 

以上が、オウンドメディアの成功事例と失敗事例から学ぶべきポイントです。他社の事例を参考にしつつ、自社の強みを活かしたオリジナリティのあるコンテンツを提供し続けることが、オウンドメディア成功の鍵を握ると言えるでしょう。次章では、オウンドメディア運営に役立つツールや外部リソースについて解説します。

 

7. オウンドメディア運営のツールと外部リソース

オウンドメディアを効率的かつ効果的に運営するためには、適切なツールや外部リソースを活用することが重要です。ここでは、オウンドメディア運営に役立つツールと外部リソースについて解説します。

 

7.1. コンテンツ管理システム(CMS)の選定

オウンドメディアを運営する上で、コンテンツ管理システム(CMS)の選択は重要な意思決定の1つです。CMSを使えば、コンテンツの作成や更新、公開などを効率的に行うことができます。

 

7.1.1. WordPressMovable TypeDrupalなどの比較

代表的なCMSとしては、WordPressMovable TypeDrupalなどが挙げられます。それぞれに特徴があるため、自社の要件に合ったCMSを選ぶことが重要です。

 

WordPressは、世界中で最も広く使われているCMSで、豊富なプラグインやテーマが利用できるのが特徴です。Movable Typeは、セキュリティ面で優れており、大規模サイトにも適しています。Drupalは、柔軟性が高く、カスタマイズ性に優れています。

 関連記事:【2024年最新】WordPressのテーマ選びで差をつける!オウンドメディア成功の秘訣

 

7.1.2. ヘッドレスCMSの活用

近年、ヘッドレスCMSが注目を集めています。ヘッドレスCMSは、コンテンツの管理と配信を分離することで、様々なデバイスやプラットフォームに柔軟に対応できるのが特徴です。

 

ヘッドレスCMSを活用すれば、APIを通じてコンテンツを配信できるため、ウェブサイトだけでなく、アプリやデジタルサイネージなど、様々なチャネルでコンテンツを活用することができます。

関連記事:オウンドメディアのアプリ化完全ガイド|メリットと方法を徹底解説 

 

7.2. コンテンツ制作を支援するAIツールの活用

オウンドメディアのコンテンツ制作には、AIツールを活用することも有効です。AIライティングアシスタントを使えば、記事の執筆をサポートしてもらうことができます。

 

また、AIを用いた校正ツールを使えば、文章の誤字脱字やわかりにくい表現などを自動的に検出し、修正候補を提示してくれます。これらのAIツールを上手に活用することで、コンテンツ制作の効率を高めることができるでしょう。

 

7.3. アクセス解析ツールとSEOツールの導入

オウンドメディアの効果を測定し、改善につなげるためには、アクセス解析ツールとSEOツールの導入が欠かせません。

 

Google Analyticsは、最も広く使われているアクセス解析ツールの1つです。ユーザーの行動や属性、流入元などを詳細に分析することができます。また、Google Search Consoleは、自サイトの検索パフォーマンスを把握するためのSEOツールとして活用できます。

 

その他にも、SEMrushAhrefsなど、キーワードの調査やバックリンクの分析に役立つSEOツールがあります。これらのツールを活用することで、オウンドメディアのSEO対策を強化することができるでしょう。

オウンドメディアの効果を最大化するデータ分析の極意と実践テクニックを解説

 

7.4. 外部パートナー(制作会社、コンサルティング会社など)との協業

オウンドメディア運営には、多岐にわたる業務が発生します。社内リソースだけで全てを賄うのは難しいケースも多いでしょう。そんな時は、外部パートナーとの協業を検討すると良いでしょう。

 

コンテンツ制作会社は、高品質な記事の安定的な提供を可能にしてくれます。専門ライターのネットワークを持ち、トレンドを踏まえた企画力も魅力です。デザイン会社は、オウンドメディアの見た目を大きく向上させてくれるでしょう。ブランディングの視点を持ちつつ、ユーザー目線でのUI/UX設計ができる点が強みです。

オウンドメディアの戦略立案や運用面でサポートしてくれるのが、コンサルティング会社の存在です。豊富な運営ノウハウを元に、PDCAサイクルの確立から、効果検証までを一貫して支援。専門的な視点で課題を抽出し、改善策を提案してくれます。

外部パートナー選定の際は、オウンドメディア運営の実績や、自社ビジネスへの理解度を重視しましょう。単発の発注ではなく、長期的な視点でパートナーシップを築くことが理想的です。二人三脚で、オウンドメディアの成長を目指していくことが大切です。

社内の強みを活かしつつ、外部の専門性も積極的に取り入れる。それが、オウンドメディア運営における成功の秘訣だと言えるでしょう。

関連記事:【2024年最新】オウンドメディア外注の成功法則!選び方のコツから費用目安、おすすめ会社まで徹底解説

関連記事:【2024年最新】オウンドメディアコンサルティング徹底解説!成功の鍵は戦略と運用体制

以上が、オウンドメディア運営に役立つツールと外部リソースについての解説です。適切なツールを選定し、必要に応じて外部パートナーと協業することで、オウンドメディアの運営効率と効果を高めていきましょう。次章では、オウンドメディアの今後の展望について考察します。

 

8 オウンドメディアの今後の展望

オウンドメディアは、これまで多くの企業のマーケティング戦略に変革をもたらしてきました。今後もその重要性は増し続けると予想されます。ここでは、オウンドメディアの今後の展望について、4つの観点から考察します。

 

8.1. パーソナライゼーションの進化とオウンドメディアの役割

デジタル技術の進歩により、ユーザー一人ひとりに最適化された体験を提供するパーソナライゼーションが進化しています。オウンドメディアにおいても、パーソナライゼーションは重要なテーマになるでしょう。

 

ユーザーの行動履歴や属性情報を基に、一人ひとりに適したコンテンツを自動的に表示する仕組みを構築することで、エンゲージメントの向上と効果的なナーチャリングが可能になります。オウンドメディアは、パーソナライゼーションを実現するための有力なプラットフォームになり得るのです。

 

8.2. 動画コンテンツの重要性とオウンドメディアへの活用

動画コンテンツの重要性は年々高まっています。YouTubeに代表される動画プラットフォームの台頭により、ユーザーは動画によって情報を得ることに慣れ親しんでいます。

動画活用のメリット (1)

オウンドメディアにおいても、テキストコンテンツだけでなく、動画コンテンツを積極的に活用することが求められるでしょう。製品の使い方や業界の動向など、動画ならではの表現力を活かしたコンテンツを制作・配信することで、ユーザーの理解を深め、信頼を獲得することができるはずです。

 【徹底解説】オウンドメディアで動画コンテンツを活用する方法|運用のコツから成功事例まで

 

8.3. オウンドメディアを軸としたマーケティング戦略の構築

これからのマーケティングでは、オウンドメディアを軸に据えた戦略構築が重要になってくるでしょう。オウンドメディアで構築した顧客との関係性を起点に、他のマーケティングチャネルでの施策を展開することで、相乗効果を生み出すことができます。

 

例えば、オウンドメディアで獲得したリードに対して、メールマーケティングやリターゲティング広告でアプローチすることで、効果的なナーチャリングが可能になります。オウンドメディアを中心に据えることで、一貫性のあるユーザー体験を提供し、ブランドへの信頼を高めることができるのです。

 関連記事:【2024年最新】オウンドメディアマーケティングの極意!広告や他メディアとの連携から運用のコツまで徹底解説

【2024年完全版】オウンドメディアとリードナーチャリングの化学反応が、マーケティングを変革する

 

 

8.4. グローバル市場におけるオウンドメディアの可能性

グローバル市場での競争が激化する中、オウンドメディアは海外展開の有力な手段になり得ます。自社の強みや独自性を活かしたコンテンツを多言語で発信し、SEO対策を行う事で、海外のユーザーにリーチし、ブランド認知度を高めることができるでしょう。

コンテンツの多言語化 (1)

ただし、グローバル展開においては、現地の文化や習慣、ニーズを理解することが重要です。画一的な発信ではなく、各国・地域に適したローカライズを施すことが求められます。現地パートナーとの協業など、柔軟な対応が必要になるでしょう。

 

まとめ:オウンドメディアが企業の成長戦略を加速させる理由

本記事では、オウンドメディアの基本的な理解から、戦略立案、運用、効果測定、成功事例、今後の展望まで、幅広く解説してきました。

 

オウンドメディアは、企業とユーザーとの関係性を築く上で欠かせないアセットであり、長期的な視点に立った成長戦略の中核を担うものです。ユーザーに価値ある情報を提供し続けることで、ブランドへの信頼を高め、ビジネスの成果につなげることができるのです。

 

また、オウンドメディアは、他のマーケティング施策とも相乗効果を発揮します。SEOやソーシャルメディア、メールマーケティングなど、様々なチャネルと連携することで、より効果的なユーザー体験を提供できるでしょう。

 

今後、パーソナライゼーションや動画コンテンツなど、新たな潮流にも対応しながら、オウンドメディアの可能性は更に広がっていくことが予想されます。グローバル市場への展開も視野に入れつつ、自社の強みを活かしたオリジナリティあふれるコンテンツを発信し続けることが、企業の持続的な成長につながるはずです。

 

オウンドメディアに取り組むことは、決して容易な道のりではありません。しかし、その先には、ユーザーとの強固な信頼関係と、ブランドの価値向上という大きなリターンが待っているのです。

 

企業の成長戦略において、オウンドメディアの重要性は今後ますます高まるでしょう。長期的な視点を持ち、ユーザー視点でコンテンツを磨き上げていくことが、オウンドメディア成功の鍵を握ります。

 

以上で、「【2024年最新】オウンドメディアとは?企業の成長戦略を加速させる最強のコンテンツマーケティング手法」の解説を終わります。オウンドメディアの運営には多くの難しさがあるかもしれません。それでも、ユーザーとの信頼関係構築とブランドの価値向上という大きなメリットがあることを忘れないでください。

 

特にBtoBのオウンドメディア運営には、独自のノウハウが求められます。業界動向や専門的な知見を踏まえつつ、ターゲット企業の課題解決につながるコンテンツを提供し続けることが重要です。

 

この点において、BtoBマーケティング支援のリーディングカンパニーであるイノーバは、オウンドメディア運営で多くの実績を持っています。コンテンツ戦略の立案から、記事制作、効果測定までを一気通貫でサポートし、クライアント企業の成長に貢献してきました。

 

困難に立ち向かう覚悟を持ち、着実に一歩ずつ前進していきましょう。そしてその過程で、イノーバのようなプロフェッショナル集団と協働することを検討してみてはいかがでしょうか。皆さまのオウンドメディア運営が実り多きものとなりますように。

 

オウンドメディアの全体像を知りたい方は、こちらをお読みください。

オウンドメディアのアクセス数の伸ばし方を知りたい方は、こちらをお読みください。

参考書籍

 

いちばんやさしいコンテンツマーケティング

 

商品を売るな

 

FAQ

Q1: オウンドメディアとは何ですか?

A1: オウンドメディアとは、企業が自社で所有・運営するメディアのことです。自社Webサイトやブログ、SNSアカウントなどがこれに当たります。企業が自ら情報を発信し、顧客との関係性を築くための重要な手段と言えます。

オウンドメディアとは?基礎知識から運営のコツまでわかりやすく解説

 

Q2: オウンドメディアを運営するメリットは何ですか?

A2: オウンドメディアを運営することで、自社の思いやビジョンを直接顧客に伝えられる、コストを抑えながら長期的な集客が可能になる、顧客との絆を深められるなどのメリットがあります。

 オウンドメディア運営の7つの驚くべきメリットと、失敗しない運用のコツとは?

 

Q3: オウンドメディアの失敗事例にはどのようなものがありますか?

A3: コンテンツの質が低い、更新頻度が低い、ターゲットユーザーのニーズとずれている、一過性の話題に頼りすぎているなどが失敗事例として挙げられます。明確な戦略や目的意識を持たずに運営することも失敗の原因となります。

 

Q4: オウンドメディアの主要なKPIには何がありますか?

A4: オウンドメディアの主要なKPIとしては、PV数(ページビュー数)、UU数(ユニークユーザー数)、滞在時間、直帰率、CVR(コンバージョン率)などがあります。これらの指標を適切に設定し、継続的に測定・改善することが重要です。

 

Q5: オウンドメディア運営に必要な費用はどれくらいですか?

A5: オウンドメディアの運営費用は、サイトの規模やコンテンツ量、外注の有無などによって大きく変動します。自社内のリソースを活用する場合は最小限の費用で済みますが、戦略的に展開する場合は一定の予算が必要となります。年間数百万円〜数千万円規模が一般的です。

 

Q6: オウンドメディアの記事はどのくらいの文字数が適切ですか?

A6: オウンドメディアの記事の適切な文字数は、テーマやターゲットによって異なりますが、一般的には1,0003,000文字程度が読みやすいとされています。あまり長すぎると読者が離脱するリスクがあるため、情報を凝縮しつつ、適度な分量に収めることを意識しましょう。

 

Q7: オウンドメディアの理想的な更新頻度は?

A7: オウンドメディアの更新頻度は、業種や目的によって異なりますが、最低でも週に12本は更新することが望ましいでしょう。ただし、更新頻度よりも内容の質を重視することが大切です。無理のない範囲で、できる限り有益で良質なコンテンツを提供し続けることが理想的です。

 

Q8: オウンドメディアの効果はどのように測定すればいいですか?

A8: オウンドメディアの効果測定には、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使うのが一般的です。PV数やUU数、滞在時間、直帰率、CVRなどの指標を継続的に測定し、分析することで、コンテンツの改善点や目標達成度合いを把握できます。

 

Q9: オウンドメディアの記事制作を外注するときのポイントは?

A9: オウンドメディアの記事制作を外注する際は、ライターの選定が重要なポイントになります。自社の業界や商品に詳しく、ブランドの世界観を理解したライターを起用することが理想的です。また、発注前に記事の方向性やトーン&マナーを明確に伝え、細かなディレクションを行うことも欠かせません。 

【2024年最新】オウンドメディア外注の成功法則!選び方のコツから費用目安、おすすめ会社まで徹底解説

 

 

Q10: オウンドメディア運営で失敗しないためのポイントは?

A10: オウンドメディア運営で失敗しないためには、明確な目的意識を持つこと、ターゲットユーザーを的確に捉えること、一貫性のあるコンテンツを継続的に発信すること、PDCAサイクルを回して改善を続けることなどが求められます。また、社内の理解と協力を得ることも欠かせません。

 オウンドメディア運営で失敗しないための15の警告サインと、守るべき8つの鉄則

 

Q11: オウンドメディアはブログとは何が違うのですか?

A11: オウンドメディアとブログの大きな違いは、企業としての戦略的な位置づけです。ブログが個人の考えや日常的な話題を気軽に発信する場であるのに対し、オウンドメディアは企業の価値観やビジョンを伝える公式メディアという性格が強いです。そのため、オウンドメディアではブランドイメージを意識した、質の高い専門的コンテンツを提供することが求められます。

 

Q12: オウンドメディアで動画コンテンツを活用するメリットは?

A12: オウンドメディアで動画コンテンツを活用することで、テキストでは伝えきれない情報を視覚的に訴求できます。商品の使用方法や業界の最新トレンドなどを動画で説明することで、読者の理解度や満足度を高められます。また、動画は sns でのシェアも狙いやすく、オウンドメディアの認知度向上にもつながります。

 YouTubeを使った動画マーケティングの有用性と事例

 

Q13: オウンドメディアの運営体制はどのように整えればいいですか?

A13: オウンドメディアの運営体制は、自社の規模や目的に合わせて最適化することが大切です。大規模な組織であれば、専任のコンテンツ制作チームを設けるのも一案です。一方、小規模な組織では、業務の一部として既存の人員が担当したり、外注を活用したりするなど、柔軟に対応することが求められます。

【7つのステップと失敗しないコツ】オウンドメディア担当者必見!運用の極意を徹底解説

 

Q14: BtoBBtoCではオウンドメディア活用にどのような違いがありますか?

A14: BtoBのオウンドメディアでは、業界動向や専門的な課題解決に役立つコンテンツが重視される傾向にあります。一方、BtoCのオウンドメディアでは、自社商品やサービスの魅力を伝える、ストーリー性のあるコンテンツが求められます。ターゲットユーザーの属性や関心事に合わせて、コンテンツの方向性を変えていく必要があります。

 国内外のオウンドメディアの成功事例43選【BtoB/BtoC】

 

Q15: オウンドメディアを通じてコンバージョンを上げるためには?

A15: オウンドメディアの記事でコンバージョンを促すには、適切なタイミングでCTA(コールトゥアクション)を配置することが大切です。記事内容と連動した資料請求ボタンの設置や、問い合わせフォームへの導線設計を工夫しましょう。また、記事末に関連商品やサービスへのリンクを貼ることで、直接的な成果につなげることもできます。

 

Q16: オウンドメディア運営を外注するメリットは何ですか?

A16: オウンドメディアの運営を外注することで、社内リソースを割かずに専門性の高い情報発信が可能になります。コンテンツ制作から編集、ディレクションまでを任せられるため、効率的な運営が期待できます。また、外部パートナーの知見やノウハウを活用することで、オウンドメディアの質を高めることもできるでしょう。

 【2024年最新】オウンドメディア外注の成功法則!選び方のコツから費用目安、おすすめ会社まで徹底解説

 

Q17: オウンドメディアの立ち上げにはどのくらいの期間が必要ですか?

A17: オウンドメディアの立ち上げ期間は、サイトの規模やコンテンツ量、社内の体制などによって異なります。小規模なサイトであれば12ヶ月程度で立ち上げられる場合もありますが、大規模なサイトになると半年以上かかることもあります。長期的な視点を持ち、段階的に拡充していくのが賢明と言えるでしょう。

 オウンドメディアの立ち上げ方、意識すべき成功のためのコツを徹底解説

オウンドメディアを立ち上げたい!必要な工程と実践すべき戦略とは?

 

Q18: オウンドメディアに適したKPIの設定方法を教えてください。

A18: オウンドメディアのKPIは、サイトの目的や役割に合わせて設定することが重要です。一般的には、PV数、UU数、滞在時間、直帰率、CVRなどが用いられます。ただし、単にこれらの数値を追うだけでなく、コンテンツの質や読者満足度など、定性的な側面も評価指標に加えることが望ましいでしょう。

 オウンドメディアで成果を上げるためのKPI設定とは?主な指標や改善のポイントを解説

 

Q19: オウンドメディアのデザインで気をつけるべきポイントは?

A19: オウンドメディアのデザインは、ブランドイメージを反映しつつ、ユーザビリティにも配慮することが大切です。記事の読みやすさ、サイト内の導線、スマートフォンへの対応など、ユーザー体験を損なわないよう細部までこだわることが求められます。また、ビジュアル面でも、写真やイラストを効果的に使い、訴求力を高めていきましょう。

 

Q20: オウンドメディアの企画立案のコツを教えてください。

A20: オウンドメディアの企画立案では、自社の強みや独自性を活かしたテーマ設定、ユーザーの課題解決につながるコンテンツの設計、SEOを意識したキーワード選定などがポイントになります。また、競合サイトの分析を通じて、差別化要因を見出すことも重要です。ターゲットユーザーのペルソナを明確にし、そのニーズに寄り添った企画を立てることが成功の鍵を握ります。

 オウンドメディアを立ち上げたい!必要な工程と実践すべき戦略とは?

 

Q21: オウンドメディアの記事はどのように書けばいいですか?

A21: オウンドメディアの記事は、ターゲットユーザーのペルソナを明確にした上で、そのニーズや関心事に合致したテーマを選ぶことが大切です。わかりやすい文章で読者に価値を提供し、信頼性の高い情報を心がけましょう。また、見出しや段落構成を工夫し、読みやすさにも配慮します。記事末にはCTAを配置し、次のアクションにつなげることを忘れずに。

 オウンドメディアで質の高い記事を書くための7つのプロのテクニックを大公開!

 

Q22: オウンドメディアのSEO対策で重要なことは?

A22: オウンドメディアのSEO対策では、キーワード選定、見出しタグの最適化、メタディスクリプションの設定など、基本的な内部施策を抑えることが大切です。また、外部サイトからの被リンクを増やすことも重要な施策の一つ。自社コンテンツの質を高め、他サイトから引用されるような価値ある情報を発信し続けることが求められます。

 オウンドメディアをSEOで成功に導く!上位表示の極意と実践的手法を大公開

 

Q23: オウンドメディアとホームページの違いは何ですか?

A23: ホームページが企業の基本情報を伝えることに主眼を置いているのに対し、オウンドメディアは企業の専門性を活かした情報発信に特化しているという違いがあります。オウンドメディアは、ブランドイメージの構築や顧客との関係性強化に役立つ、戦略的なコンテンツ発信の場と言えます。両者の役割を理解し、使い分けることが重要です。

 オウンドメディアとホームページの違いを比較 - 目的や運用のコツまで徹底解説

 

Q24: オウンドメディアの構築にはどのくらいの予算が必要ですか?

A24: オウンドメディアの構築予算は、サイトの規模や運営体制、外注の有無などによって大きく異なります。自社で手掛ける場合は、ドメイン代やサーバー代など最低限のコストで始められますが、制作を外注する場合は数十万円〜数百万円規模の初期費用が発生することもあります。長期的な投資対効果を見据えながら、適切な予算配分を行うことが求められます。

 コンテンツマーケティング予算の全体像と内訳 - 効果を最大化するための予算の立て方を解説

 

Q25: EC事業者がオウンドメディアを活用するメリットは?

A25: EC事業者がオウンドメディアを活用することで、商品の魅力や使用シーンを紹介するコンテンツを発信し、ブランドイメージの向上と購買意欲の喚起につなげられます。お客様の声や活用事例を紹介することで、信頼感を高めることもできるでしょう。オウンドメディアとECサイトを連携させることで、効果的なマーケティングが可能になります。

ECサイトこそコンテンツマーケティングを始めるべき理由

 

Q26: 中小企業がオウンドメディアを運営する際のポイントは?

A26: 中小企業がオウンドメディアを運営する際は、限られたリソースを有効活用することが重要です。自社の得意分野や独自の視点を打ち出し、ターゲットを絞ったコンテンツ作りを心がけましょう。社員のスキルを活かした内製化や、外部パートナーとの協業など、柔軟な体制づくりも有効です。地域密着型の情報発信で差別化を図るのも一案です。

中小企業必見!オウンドメディアを立ち上げて自社の価値を発信すべき7つの理由

 中小企業こそコンテンツマーケティングに注力すべき!7つのメリットと成功の秘訣

 

Q27: オウンドメディアを活用して採用ブランディングを行うには?

A27: オウンドメディアを採用ブランディングに活用する際は、自社の文化や価値観、社員の姿が伝わるようなコンテンツ作りがポイントです。社員インタビューや職場環境の紹介記事など、リアルな情報を発信することで、求職者に自社の魅力を印象付けることができます。また、記事末に採用情報へのリンクを設置し、応募につなげるような工夫も大切です。

関連記事:採用活動をオウンドメディア中心で進める効果とは?掲載必須の7大コンテンツも紹介

 

Q28: オウンドメディアでコンテンツマーケティングを行うには?

A28: オウンドメディアは、コンテンツマーケティングの主戦場とも言えます。自社の専門性を活かした良質なコンテンツを制作・発信し、ユーザーとの継続的な関係性を構築することが成功への鍵を握ります。ユーザーの課題解決に寄与するような情報を提供し、ブランドへの信頼を高めることで、最終的な購買やサービス利用につなげていく戦略が重要となります。

 

Q29: オウンドメディアを長期的に運営するコツは?

A29: オウンドメディアを長期的に運営していくには、明確なビジョンと戦略を持つこと、社内の体制を整備すること、外部パートナーとの協力関係を築くことが重要です。また、読者からのフィードバックに耳を傾け、柔軟にコンテンツを改善していく姿勢も欠かせません。短期的な成果にとらわれず、長期的な視点でコンテンツの質を高め続けることが、オウンドメディアを持続させる秘訣と言えるでしょう。

 顧客と関係を深める!オウンドメディア運営の目的と成功する5つのポイント

 

Q30: 医療や美容などの専門性の高い分野でオウンドメディアを運営するには?

A30: 医療や美容などの専門性が高い分野でオウンドメディアを運営する際は、情報の正確性と信頼性が何より重要です。医師や専門家の監修を受けるなど、情報源の裏付けを取ることが求められます。また、読者の関心事や悩みに寄り添い、わかりやすく解説することを心がけましょう。専門用語を使う際は、平易な言葉での補足説明を添えるなどの配慮も大切です。

  お金や生活に関するコンテンツはより慎重に発信しましょう!Googleが提唱するYMYLの意味とふさわしいコンテンツのつくり方

 

Q31: オウンドメディアのランキングには何が影響しますか?

A31: オウンドメディアのランキングには、サイトの規模やコンテンツの質、更新頻度、SEO対策などが影響します。特に、オリジナリティの高い有益なコンテンツを定期的に発信し、ユーザーからの支持を集めることが重要です。また、他サイトからの被リンクを増やすことも、ランキングアップの鍵となります。総合的な取り組みを通じて、サイトの評価を高めていくことが求められます。

 検索順位を順位を上げるには?具体的なポイントや便利なツールについて解説

 

Q32: オウンドメディアをアプリ化するメリットは何ですか?

A32: オウンドメディアをアプリ化することで、ユーザーにとってより利便性の高い情報提供が可能になります。プッシュ通知機能を活用し、新着記事やキャンペーン情報などをダイレクトに届けられるのも大きな利点です。また、アプリ内での行動データを分析することで、ユーザーの嗜好やニーズを深く理解し、よりパーソナライズされたコンテンツ配信につなげることもできます。

 オウンドメディアのアプリ化完全ガイド|メリットと方法を徹底解説 

 

Q33: オウンドメディア運営に役立つセミナーやイベントはありますか?

A33: オウンドメディア運営に関するセミナーやイベントは、多数開催されています。コンテンツマーケティング、SEOWebライティングなど、様々なテーマで専門家の知見を学べる機会が用意されています。また、オウンドメディア運営者同士の交流会なども有益です。他社の事例を聞いたり、悩みを共有したりすることで、自社の運営に役立つヒントが得られるはずです。

イノーバのセミナーにぜひご参加ください! 

自宅で学べるSEOセミナーが急増!使える知識を身につけられるセミナーの探し方

 

Q34: オウンドメディア制作に使えるテンプレートやツールはありますか?

A34: オウンドメディアの制作には、様々なテンプレートやツールが活用できます。WordPressなどのCMSには、多数の無料・有料テーマが用意されており、サイトのデザインを効率的に構築できます。また、アイデア出しやライティングをサポートするツールも数多く提供されています。自社に合ったツールを選択し、制作の効率化を図ることをおすすめします。

 ツールは?コンテンツは? オウンドメディア構築の基本

WordPressのテーマ選びで差をつける!オウンドメディア成功のカギを握るポイントとは

 

Q35: コンテンツマーケティングとオウンドメディアの関係性は?

A35: コンテンツマーケティングとは、価値あるコンテンツを提供することで、顧客との関係性を構築し、ビジネスの成果につなげるマーケティング手法です。オウンドメディアは、このコンテンツマーケティングを実践するための重要なプラットフォームと言えます。自社メディアを通じて、ユーザーに役立つ情報を発信し続けることが、コンテンツマーケティング戦略の中核を担います。

 コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いとは?

 

Q36: オウンドメディア運営の理想的な担当者の役割は?

A36: オウンドメディア運営の理想的な担当者は、コンテンツ制作のスキルだけでなく、マーケティングの知見やデータ分析力、プロジェクトマネジメント能力なども兼ね備えている必要があります。社内の各部署と連携しながら、オウンドメディアの戦略立案から実行、効果測定までを一貫して推進できる人材が求められます。編集長のような役割を担い、チームを牽引していくリーダーシップも不可欠です。

 

Q37: オウンドメディアを活用した採用活動のポイントは?

A37: オウンドメディアを採用活動に活用する際は、求職者の関心事に寄り添ったコンテンツ作りがポイントです。社員インタビューや仕事紹介記事など、リアルな職場の姿が伝わる情報を発信しましょう。また、求人情報へのリンクを設置し、応募につなげる導線を用意することも大切です。会社の文化や価値観が伝わるストーリーを展開し、共感を呼ぶことが理想的です。

 急速に普及する採用オウンドメディア!求人サイトとの違いやメリット、成功事例を解説

採用活動をオウンドメディア中心で進める効果とは?掲載必須の7大コンテンツも紹介

採用オウンドメディアの始め方と運用ノウハウ|成功事例から学ぶ効果的な活用方法

 

Q38: オウンドメディアの記事をわかりやすく書くコツは?

A38: オウンドメディアの記事をわかりやすく書くには、読者目線に立つことが大切です。難しい専門用語は避け、平易な言葉で説明するよう心がけましょう。また、記事の構成を論理的に組み立て、見出しや段落を適切に配置することで、読みやすさを高めることができます。図表やイラストを活用するのも効果的です。読者にとっての価値を常に意識し、簡潔かつ的確に伝えることを意識しましょう。

 

Q39: オウンドメディアの印刷物活用のメリットは?

A39: オウンドメディアの印刷物は、Webでは伝えきれない情報を補完する役割を果たします。例えば、製品カタログや会社案内と連動させることで、ブランドの世界観を多角的に訴求できます。また、展示会やセミナーなどのイベントで配布することで、オウンドメディアの認知度向上にもつなげられるでしょう。Webと印刷物を組み合わせ、相乗効果を生むことが理想的です。

 

Q40: オウンドメディアのアクセス解析で見るべき指標は?

A40: オウンドメディアのアクセス解析で見るべき主要指標は、PV数、UU数、滞在時間、直帰率、CVRなどです。また、流入元や読者の属性、人気記事のランキングなども重要な分析ポイントです。これらの指標を総合的に評価し、サイトの改善に役立てることが求められます。アクセス解析ツールを効果的に活用し、定期的にデータをチェックする習慣を身につけましょう。

 オウンドメディアの効果測定を体系的に理解し、PDCAサイクルで成果を最大化する方法

 

Q41: オウンドメディアの記事ネタを探すコツは?

A41: オウンドメディアの記事ネタを探すには、日頃からアンテナを張っておくことが大切です。社内の各部署に積極的に声をかけ、専門知識やトピックを収集しましょう。また、読者からの質問や相談、SNSでの反響なども、重要なネタ源になり得ます。業界メディアやニュースサイトのチェックも欠かせません。多角的に情報を集め、自社ならではの切り口で記事化することを心がけましょう。

 

Q42: オウンドメディアのライターに求められるスキルは?

A42: オウンドメディアのライターには、高い文章力とともに、マーケティングの感覚も求められます。読者のニーズを的確に捉え、役立つ情報を提供できる企画力が重要です。また、SEOを意識したライティングスキルも不可欠。適切なキーワードを盛り込みつつ、読者に伝わる表現で書く技術が求められます。自社の製品やサービス、業界への理解度の高さも選考ポイントになるでしょう。

オウンドメディアのライター採用ガイド - 必要なスキルと効果的な探し方のコツ 

 

Q43: オウンドメディアの社内での理解を得るためには?

A43: オウンドメディアへの社内の理解を得るには、経営層への丁寧な説明が欠かせません。オウンドメディアの戦略的な位置づけや、期待される効果を具体的に提示することが重要です。また、各部署の協力を仰ぐためにも、オウンドメディアの意義を社内に浸透させる必要があります。定期的な勉強会や、記事制作への参加呼びかけなども有効な施策と言えるでしょう。

 

Q44: オウンドメディアの記事タイトルの付け方のコツは?

A44: オウンドメディアの記事タイトルは、読者の興味を引きつつ、検索エンジンにもヒットしやすいものが理想的です。キーワードを盛り込みながら、惹きつけ力のあるフレーズを考えましょう。数字や疑問形を活用するのも効果的。また、タイトルは記事の内容を的確に表したものである必要があります。読者に過剰な期待を抱かせるようなタイトルは逆効果です。

 【SEO対策】CTRを上げるタイトルの付け方9選|タグの設定方法まで解説

3ステップで読まれるタイトルを作る!ライバルに負けないためのオウンドメディアのタイトルの付け方完全ガイド

 

Q45: オウンドメディアのインタビュー記事の活用方法は?

A45: オウンドメディアのインタビュー記事は、社外の専門家や著名人の知見を借りることで、コンテンツの信頼性を高められます。また、自社の社員へのインタビューは、仕事への想いや、会社の魅力を伝える格好の素材になります。インタビュー記事を通じて、ユーザーとの親近感を深めたり、ブランドイメージを向上させたりすることができるでしょう。

 特定の分野で主導権を握る、ソートリーダーシップとは?

 

Q46: オウンドメディアの運営を改善する方法は?

A46: オウンドメディアの運営改善には、PDCAサイクルを回すことが重要です。アクセス解析などのデータを元に、課題を抽出し、改善策を立案・実行します。そして、再度効果を検証し、次なる施策につなげていきます。また、ユーザーアンケートなどを通じて、読者の生の声を集めることも大切。客観的な評価を運営に活かしていくことが、改善の鍵を握ります。

  オウンドメディア運用はPDCAサイクルで成功する!上手な活用法をステップ別に解説

 

Q47: オウンドメディアのSNS活用のポイントは?

A47: オウンドメディアの記事をSNSで拡散することで、認知度の向上と新規ユーザーの獲得が期待できます。記事のシェアボタンを設置し、読者に拡散を促すことが基本です。また、自社アカウントからも積極的に記事を発信しましょう。その際、画像や動画を活用し、投稿を目立たせることが重要。ハッシュタグを効果的に使い、ユーザーの検索につながるよう工夫することも大切です。

 オウンドメディアでPVを伸ばす秘訣!集客のための効果的な手法を大公開

 

Q48: オウンドメディア運営の外注先の選び方は?

A48: オウンドメディア運営の外注先選定では、制作実績や専門性が重要なポイントになります。オウンドメディア制作の経験が豊富で、自社のビジネスにも理解がある会社が理想的。また、コミュニケーションの取りやすさや、柔軟な対応力も大切な判断材料です。信頼できるパートナーを見つけることが、オウンドメディア成功の鍵を握ります。

 【2024年最新】オウンドメディア外注の成功法則!選び方のコツから費用目安、おすすめ会社まで徹底解説

 

Q49: オウンドメディアのWebデザインのトレンドは?

A49: オウンドメディアのWebデザインでは、シンプルで読みやすいレイアウトが主流になっています。スマートフォンでの閲覧を意識し、レスポンシブデザインを採用することも欠かせません。また、大きな画像や動画を活用し、ビジュアルでも訴求力のあるデザインが求められます。記事内容を的確に伝えるためのインフォグラフィックスや、インタラクティブな要素を取り入れることで、ユーザーエンゲージメントを高めることもできるでしょう。

 WordPressのテーマ選びで差をつける!オウンドメディア成功のカギを握るポイントとは

 

Q50: オウンドメディア運営における社内コミュニケーションのコツは?

A50: オウンドメディア運営では、社内の様々な部署との連携が欠かせません。コンテンツ制作に関わるライターやデザイナーはもちろん、営業や経営企画など、幅広い部門とのコミュニケーションが求められます。定期的な編集会議を開き、情報共有を図ることが大切。また、社内SNSなどを活用し、オウンドメディアの目的や進捗を常に発信し続けることも効果的です。風通しの良い社内コミュニケーションが、オウンドメディア成功の土台となります。

 

Q51: オウンドメディアのコンテンツ企画の立て方は?

A51: オウンドメディアのコンテンツ企画は、ターゲットユーザーのペルソナ設定から始まります。ユーザーの悩みや関心事を深く理解した上で、自社の専門性を活かせるテーマを設定しましょう。競合サイトの分析を通じ、差別化ポイントを明確にすることも重要です。年間を通じたコンテンツカレンダーを作成し、計画的に記事制作を進めることが理想的。ユーザーの反応を見ながら、柔軟に企画をブラッシュアップしていくことも必要です。

 

Q52: オウンドメディアのユーザー属性の把握方法は?

A52: オウンドメディアのユーザー属性を把握するには、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールが有効です。ユーザーの年齢や性別、地域、使用デバイスなどの情報を収集できます。また、オウンドメディア上でユーザーアンケートを実施するのも一つの手。記事の感想や要望を直接聞くことで、ニーズを深堀りできます。SNSでの反応もユーザー理解の手がかりになるでしょう。データに基づいたユーザー像の把握が、コンテンツ改善の第一歩となります。

 オウンドメディアのPV数 - 理想と現実、適切な目標設定と改善策の決定版!

 

Q53: オウンドメディアのキーワード選定の方法は?

A53: オウンドメディアのキーワード選定は、SEO対策の基本です。GoogleキーワードプランナーなどのSEOツールを活用し、自社のビジネスに関連する語句の検索ボリュームや競合度を調べましょう。また、ユーザーの検索意図を考慮することも大切。商品名や業界用語だけでなく、ユーザーが抱える悩みや課題をキーワード化することで、より的確なアプローチが可能になります。選んだキーワードは記事タイトルや見出しに自然に盛り込むことを心がけましょう。

 オウンメディアをSEOで成功に導く!上位表示の極意と実践的手法を大公開

 

Q54: オウンドメディアの運営スケジュールの管理方法は?

A54: オウンドメディアの運営スケジュールは、編集カレンダーで管理するのが一般的です。GoogleカレンダーやTrelloなどのツールを使い、記事の企画から制作、公開までの工程を可視化しましょう。チームメンバー全員がスケジュールを共有し、それぞれの進捗を更新することが大切。また、社内の会議日程や、キャンペーンなどのイベントに合わせてスケジュールを調整することも重要です。計画的な運営が、コンテンツの質の維持と安定的な情報発信につながります。

 

Q55: オウンドメディアの記事の校正・編集のポイントは?

A55: オウンドメディアの記事校正・編集では、情報の正確性とわかりやすさが何より重視されます。事実関係の誤りがないか、専門家の監修を受けることも大切。また、誤字脱字や表記ゆれがないかを入念にチェックしましょう。読者目線で文章を推敲し、難解な表現や不要な繰り返しは削除。適切な見出しや段落分けで、読みやすさを高めることも求められます。客観的な目線を持つ編集者の存在が、記事の質を左右すると言えるでしょう。

 オウンドメディアで質の高い記事を書くための7つのプロのテクニックを大公開!

 

Q56: オウンドメディアのコンテンツの質を上げる方法は?

A56: オウンドメディアのコンテンツ品質を高めるには、ユーザーの視点に立つことが何より重要です。ペルソナ設定に基づき、ユーザーが求める情報を的確に提供できているか常に意識しましょう。また、オリジナリティの高い情報や、専門家の知見を取り入れることで、記事の価値を高めることができます。ライターのスキル向上も欠かせません。社内勉強会や外部講座への参加を促し、ライティング力の底上げを図ることが理想的です。

 コンテンツとは?Webサイトの質を向上させるための方法やメリットを解説!

 

Q57: オウンドメディアのターゲットユーザーの設定方法は?

A57: オウンドメディアのターゲットユーザー設定は、ペルソナ作りから始まります。自社の商品・サービスを必要としている人物像を具体的にイメージしましょう。年齢や性別、職業、趣味、悩みなどを詳細に設定することが大切です。また、自社の強みが活きるユーザー層を見極める必要もあります。競合他社の動向も参考にしつつ、自社ならではのターゲット像を明確にしていくことが求められます。設定したペルソナは、コンテンツ企画やライティングに活かしていきましょう。

 ペルソナ設定に必要な項目や情報とは?網羅的に解説

 

Q58: オウンドメディア運営のPDCAサイクルの回し方は?

A58: オウンドメディア運営にPDCAサイクルを取り入れることで、継続的な改善が可能になります。まず、運営目標や施策を明確にし、実行計画を立てます(Plan)。次に、計画に沿ってコンテンツ制作や配信を行います(Do)。そして、アクセス解析などを通じて効果を検証し(Check)、改善点を洗い出します(Act)。この一連のプロセスを繰り返し回すことで、オウンドメディアの質を高めていくことができるでしょう。PDCAサイクルは、チーム全体で実践することが理想的です。

 オウンドメディア運用はPDCAサイクルで成功する!上手な活用法をステップ別に解説

 

Q59: オウンドメディアの記事ネタの出し方のコツは?

A59: オウンドメディアの記事ネタ出しには、アンテナを広く張ることが重要です。社内の各部署や、営業担当者から情報を集めるのはもちろん、ユーザーの声に耳を傾けることも大切。問い合わせ内容や、SNSでの反応から、ユーザーの関心事を汲み取りましょう。また、Google トレンドなどで旬のキーワードをチェックするのも効果的。業界の最新ニュースもネタの宝庫です。情報収集を習慣化し、自社ならではの切り口で記事化することを心がけましょう。

なお、いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本の中で、まんだらチャートを使う方式をおすすめしています。 

 

Q60: オウンドメディアの運営における外部パートナーとの協業方法は?

A60: オウンドメディアの運営では、外部パートナーとの協業が欠かせません。コンテンツ制作会社やWebデザイナー、フリーランスのライターなど、様々な専門家の力を借りることが求められます。協業を成功させるには、明確な依頼内容と期待値の共有が何より重要。進捗管理ツールなどを活用し、コミュニケーションを密に取ることも大切です。また、単発の依頼ではなく、長期的な関係性を築くことを意識しましょう。信頼できる外部パートナーは、オウンドメディア運営の心強い味方となってくれるはずです。

【2024年最新】オウンドメディア外注の成功法則!選び方のコツから費用目安、おすすめ会社まで徹底解説

 

Q61: オウンドメディアのインフルエンサー活用のポイントは?

A61: オウンドメディアでインフルエンサーを活用することで、記事の拡散力と説得力を高められます。自社の商品・サービスに合うインフルエンサーを慎重に選定することが大切。フォロワー数だけでなく、投稿内容や発信スタイルもチェックしましょう。また、インフルエンサーには記事の趣旨を丁寧に説明し、自由な表現で発信してもらうことが重要。ステルスマーケティングにならないよう、広告である旨の明記も忘れずに。インフルエンサーとwin-winの関係を築き、長期的な協業を目指すことが理想的です。

 成功事例で学ぶ!トリプルメディアの特徴と連携戦略のポイント

 

Q62: オウンドメディアのユーザーアンケートの活用方法は?

A62: オウンドメディア上でユーザーアンケートを実施することで、読者の生の声を集めることができます。記事の感想や、今後取り上げてほしいテーマを尋ねるのが定番です。また、商品・サービスに対する評価や要望を聞くことで、マーケティングに役立つデータも得られるでしょう。アンケート結果は、コンテンツ企画やサイト改善に活かすことが大切。ユーザーの声に真摯に耳を傾ける姿勢を示すことで、オウンドメディアへの信頼感も高まります。定期的なアンケート実施がおすすめです。

 

Q63: オウンドメディア運営のためのライティングスキルの磨き方は?

A63: オウンドメディア運営に求められるライティングスキルは、日々の積み重ねで磨いていくことが大切です。まずは良質な記事を数多く読み、書き方の基礎を学びましょう。文章の構成や表現技法、取材方法など、専門書で知識を深めるのも有効です。また、実践の場で経験を積むことが何より重要。社内記事の作成や、外部メディアへの寄稿などに積極的に挑戦してみましょう。他者からのフィードバックを受け止め、自身の文章に反映させることが上達への近道です。

オウンドメディアのライター採用ガイド - 必要なスキルと効果的な探し方のコツ

 

Q64: オウンドメディアの記事の見出しの付け方のコツは?

A64: オウンドメディアの記事見出しは、読者の興味を引きつつ、記事内容を的確に伝えることが求められます。まずは、ターゲットユーザーの関心事を意識しましょう。ペルソナの悩みや疑問を見出しに盛り込むことで、クリック率アップが期待できます。また、数字や疑問形を活用するのも効果的。具体的なメリットやHow toがわかる見出しは、読者の心を動かしやすいです。SEOを意識し、キーワードを自然に盛り込むことも重要。印象的な見出しで、記事の価値を最大限にアピールしましょう。

 

Q65: オウンドメディアの記事の構成の作り方は?

A65: オウンドメディアの記事構成は、読者を引き込み、最後まで読み進めてもらえるよう工夫することが大切です。基本的な構成要素として、タイトル、リード文、本文、まとめ、CTAを押さえましょう。本文は、見出しを使って論理的に分節化することが重要。序論、本論、結論の流れを意識するのも効果的です。また、画像や動画、図表などを適切に配置し、読者の理解を助ける工夫も求められます。読者の関心を惹きつけ、期待に応える構成を心がけましょう。 
オウンドメディアの記事の書き方を8ステップで解説!成果につなげるコツとは?

 

Q66: オウンドメディアのパーソナライズ化の方法は?

A66: オウンドメディアのパーソナライズ化とは、読者一人ひとりの属性や行動履歴に合わせて、最適なコンテンツを提供することを指します。Googleオプティマイズなどのツールを活用し、サイト訪問者のデータを収集・分析することが第一歩。年齢や性別、興味関心などに基づいて、記事の表示内容を動的に変更するのが理想的です。また、オウンドメディア会員の登録情報を活用するのも有効。パーソナライズされたメルマガ配信なども、ユーザーのエンゲージメント向上に役立つでしょう。

オウンドメディアのアプリ化を成功に導く完全ガイド - メリットと具体的な方法を徹底解説

 

Q67: オウンドメディアの記事画像の選び方のポイントは?

A67: オウンドメディアの記事画像は、記事の印象を大きく左右する重要な要素です。記事の内容を的確に表現し、読者の興味を引く画像を選ぶことが大切。人物やモノが写っている写真は、親しみやすさを演出できます。グラフやイラストは、情報を視覚的に伝えるのに効果的。ただし、ストックフォトに頼りすぎると、他社と同じ画像になってしまうので注意が必要です。自社で撮影した写真を使うのがベストですが、予算や手間の問題もあるでしょう。著作権にも気をつけつつ、記事の質を高める画像選びを心がけましょう。

 SEO対策における画像の重要性とは?画像ならではの役割と具体的な対策について解説

 

Q68: オウンドメディアのコンテンツの更新頻度の決め方は?

A68: オウンドメディアの更新頻度は、運営リソースと目的に応じて決めることが重要です。最低限、週に1本は新しい記事を公開するのが理想的。ただし、更新頻度よりも内容の質を重視すべきです。読者に有益な情報を提供し続けることが、オウンドメディア成功の鍵を握ります。また、曜日や時間帯によってアクセス数が変動する場合も。アクセス解析データを見ながら、最適な公開日時を見極めましょう。定期的な更新で、読者との関係性を維持することが大切です。

 

Q69: オウンドメディアの運営における社内の巻き込み方は?

A69: オウンドメディアの運営には、社内の協力が不可欠です。トップダウンでオウンドメディアの重要性を発信し、全社的な取り組みとして位置づけることが大切。各部署の担当者を集めた編集会議を定期的に開催し、情報共有を図るのも効果的です。社内SNSなどを活用し、オウンドメディアの進捗や成果を定期的に発信するのもおすすめ。社員一人ひとりがオウンドメディアの当事者意識を持てるよう、積極的な巻き込みを心がけましょう。

 

Q70: オウンドメディアのキーワードの効果測定の方法は?

A70: オウンドメディアのキーワード効果測定には、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携が欠かせません。サーチコンソールでは、オウンドメディアが検索結果に表示された回数や、クリック率などを確認できます。アナリティクスでは、流入キーワードごとのページビュー数や滞在時間、直帰率などを把握可能。両ツールのデータを詳細に分析することで、狙ったキーワードの効果を定量的に測定できるでしょう。PDCAサイクルを回しながら、キーワード戦略の改善を図りましょう。

オウンドメディアの効果測定を体系的に理解し、PDCAサイクルで成果を最大化する方法

 

Q71: オウンドメディアのコンテンツの多言語化のポイントは?

A71: オウンドメディアのコンテンツを多言語化することで、グローバル市場への展開が可能になります。多言語化の第一歩は、ターゲットとなる国・地域を決めること。言語だけでなく、文化的背景も考慮した上で、現地に最適化したコンテンツを制作することが重要です。また、翻訳品質の担保も欠かせません。ネイティブスピーカーによるチェックを経るなど、品質管理を徹底しましょう。URLの構造や、hreflangタグの設定など、技術的な対応にも気を配る必要があります。

 多言語SEOとは?海外進出、海外からの集客を実現するための対策を解説

 

Q72: オウンドメディアのWebデザインのA/Bテストの方法は?

A72: オウンドメディアのWebデザインを最適化するには、A/Bテストが有効です。Googleオプティマイズなどのツールを使えば、簡単にA/Bテストを実施できます。テストすべき要素としては、カラーやレイアウト、CTA、見出し、画像などが挙げられます。一度に多くの要素をテストするのは避け、一つずつ効果を検証していくのがおすすめ。また、テスト期間は最低でも12週間は設けましょう。検証結果を元に、より高いコンバージョン率やエンゲージメントが期待できるデザインを選択することが大切です。

CVRの改善に効果的!ABテストの実施手順や対象項目をまとめました

 

Q73: オウンドメディアのコンテンツの信頼性を高める方法は?

A73: オウンドメディアが読者に選ばれるためには、コンテンツの信頼性が何より重要です。情報の正確性を担保するため、信頼できる情報源から facts を収集することが大切。統計データや専門家の意見を引用する際は、出典を明記するよう徹底しましょう。また、自社に都合の良い情報だけでなく、客観的な視点を心がけることも重要。challenges failures についても触れることで、ブランドの透明性を高められます。一貫したメッセージ発信を通じて、読者との信頼関係を築いていきましょう。

 

Q74: オウンドメディアのユーザーの声の反映方法は?

A74: オウンドメディア運営では、ユーザーの声に真摯に耳を傾けることが何より大切です。コメント欄やSNSでの反響をこまめにチェックし、ユーザーの反応を把握しましょう。記事に対する疑問や批判的な意見にも、丁寧に回答することを心がけましょう。また、ユーザーアンケートを定期的に実施するのもおすすめ。潜在的なニーズを掘り起こし、コンテンツ制作に活かすことができます。ユーザーの声を反映し、オウンドメディアを進化させ続けることが重要です。

 

Q75: オウンドメディアの記事の修正・更新のタイミングは?

A75: オウンドメディアの既存記事は、定期的に見直し、修正・更新することが大切です。情報の鮮度や正確性に疑問が生じた際は、速やかに記事を更新しましょう。また、アクセス解析で人気記事を把握し、優先的に手を入れるのも効果的。記事の修正・更新により、検索順位の向上やオーガニック流入数のアップが期待できます。お詫びや訂正が必要な場合は、迅速かつ誠実に対応することが重要。常に最新で正確な情報を提供し続けることで、オウンドメディアの価値を高めていきましょう。

「理想のオウンドメディア」の実現に向けた5つの改善ステップを徹底解説!

 

Q76: オウンドメディアの運営における予算管理のコツは?

A76: オウンドメディアの運営では、予算管理が欠かせません。コンテンツ制作や、Web開発、広告宣伝など、必要な費用を事前に洗い出しておくことが重要です。また、運営方針に基づいて、予算配分の優先順位を決めましょう。コストと効果のバランスを見極め、ROIの高い施策に投資することが理想的。定期的に予算と実績を照らし合わせ、必要に応じて予算調整を行うことも大切。管理会計の視点を持ち、オウンドメディアの収支をしっかり把握しておきましょう。

 コンテンツマーケティング予算の全体像と内訳 - 効果を最大化するための予算の立て方を解説

 

Q77: オウンドメディアの記事の文体の統一方法は?

A77: オウンドメディアの記事は、統一感のある文体で書くことが重要です。ブランドの世界観や、ターゲットユーザーの属性に合わせて、適切な文体を設定しましょう。カジュアルな語り口が望ましいのか、あるいは、硬めの文体が求められるのか。編集方針として明文化し、ライターと共有することが大切。校正・編集の工程で、文体の揺れをチェックするのも効果的。記事ごとに文体が異なると、ブランドイメージを損ねかねません。一貫性を保ち、オウンメディアらしさを演出しましょう。

 

Q78: オウンドメディアの運営における関係部署との連携方法は?

A78: オウンドメディアの運営には、社内の様々な部署との連携が欠かせません。定期的に編集会議を開き、各部署の担当者と情報共有を図ることが大切。営業部門からは、顧客の声や市場のトレンドを吸い上げ、コンテンツ制作に活かしましょう。広報部門とは、PRの観点からオウンメディアの方向性を擦り合わせることが重要。さらに、経営層に定期的に報告し、オウンメディアの成果や課題を共有。全社一丸となってオウンメディアを盛り上げる体制を築きましょう。

 

Q79: オウンドメディアの記事の内部リンクの設定方法は?

A79: オウンドメディアの記事に内部リンクを設定することで、SEO効果とユーザビリティの向上が期待できます。関連記事へのリンクを貼ることで、サイト内回遊を促し、滞在時間を伸ばせるでしょう。また、重要なページにリンクを集中させることで、サイト構造をGoogleに的確に伝えられます。内部リンクのアンカーテキストには、リンク先のページのキーワードを含めるのが効果的。ただし、不自然なリンクは避け、ユーザーにとって有用なリンクを心がけることが大切です。

 オウンメディアをSEOで成功に導く!上位表示の極意と実践的手法を大公開

 

Q80: オウンドメディアのSEOとユーザビリティの両立方法は?

A80: オウンドメディアを運営する上では、SEOとユーザビリティの両立が重要な課題となります。SEOを意識するあまり、不自然なキーワードの詰め込みや、行き過ぎた内部リンクは避けるべきでしょう。あくまで、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することが大前提。その上で、記事の見出しや本文にキーワードを自然に盛り込んだり、適切な内部リンクを設定したりすることが求められます。ユーザー視点とSEOの視点、両方のバランスを取ることが肝要です。

 

Q81: オウンドメディアのコンテンツのEAT評価を高める方法は?

A81: EATExpertise, Authoritativeness, Trustworthiness)は、Googleが重要視する品質評価の基準です。オウンメディアのEATを高めるには、専門性の高いコンテンツを発信し続けることが大切。執筆者のプロフィールや実績を明示し、権威性を示すことも効果的。また、外部の信頼できるサイトからのリンクを獲得することで、信頼性を高められます。情報の正確性や透明性に細心の注意を払うのも重要。EATを意識した地道なコンテンツ作りが、オウンメディアの評価を高めることにつながるでしょう。

 SEO対策で重視すべきE-E-A-Tとは? 重要性や高めるポイントを解説

 

Q82: オウンドメディアの記事の修正依頼への対応方法は?

A82: オウンドメディアに掲載した記事に修正依頼が来た場合、迅速かつ誠実に対応することが求められます。事実関係の誤りや、不適切な表現があれば、速やかに記事を修正しましょう。読者からの指摘に対しては、真摯に受け止め、お詫びと訂正を行うことが重要。社内の関係部署とも連携し、修正内容や対応方針を協議することが必要です。記事の修正履歴を残しておくのもおすすめ。再発防止策を講じることで、同様のミスを繰り返さないよう徹底しましょう。

 

Q83: オウンドメディアの運営における社内報告のポイントは?

A83: オウンドメディアの運営状況を社内に報告する際は、データに基づいた客観的な評価が重要です。PVUU、滞在時間、直帰率など、主要指標の推移を可視化し、経営層にもわかりやすく伝えましょう。課題や改善策についても、具体的に提示することが求められます。また、オウンメディアが事業に与えたインパクトについても言及。問い合わせ数や売上への貢献度合いなど、定量的な成果報告を心がけましょう。適切なタイミングで報告を行い、社内の理解と協力を得ることが何より大切です。

 

Q84: オウンドメディアのアクセス解析におけるKPIの設定方法は?

A84: オウンドメディアのアクセス解析では、適切なKPI設定が欠かせません。サイトの目的や、ビジネス上の優先度に応じて、重要指標を絞り込むことが大切。一般的なKPIとしては、PVUU、滞在時間、直帰率、CV率などが挙げられます。また、オーガニック検索流入数や、ソーシャル経由の流入数など、流入元ごとの指標を設定するのも効果的。KPIは定期的に見直しを行い、必要に応じて修正を加えましょう。適切なKPI管理により、アクセス解析をPDCAサイクルに活かせます。

オウンドメディアで成果を上げるためのKPI設定とは?主な指標や改善のポイントを解説

 

Q85: オウンドメディアのコンテンツのファクトチェックの方法は?

A85: オウンドメディアの信頼性を担保するには、コンテンツのファクトチェックが欠かせません。記事に引用した情報の頼りすぎるのは避けましょう。自社で撮影した写真や、オリジナルのイラストを活用することで、他社との差別化が図れます。画像の大きさや配置バランスにも気を配り、記事の見やすさを損なわないよう注意が必要です。

 お金や生活に関するコンテンツはより慎重に発信しましょう!Googleが提唱するYMYLの意味とふさわしいコンテンツのつくり方

 

Q86: オウンドメディアのSNSでのハッシュタグの活用方法は?

A86: オウンドメディアの記事をSNSで拡散する際、ハッシュタグの活用は欠かせません。自社ブランドの認知度向上や、新規ユーザーの獲得につながる重要な施策だからです。記事のテーマに合わせ、適切なハッシュタグを選定。関連性の高いものを複数組み合わせると、よりターゲットユーザーにリーチしやすくなります。また、キャンペーンやイベントに合わせたオリジナルのハッシュタグを用意するのも効果的。一貫性のある使用が、ユーザーの記憶に残ります。ただし、過剰な使用は避けましょう。適度な頻度で、自然な形でハッシュタグを投稿に組み込むことが大切です。

 企業のInstagram運用に欠かせないSEO対策のポイントを解説

 

Q87: オウンドメディアの運営におけるトラブル対応の方法は?

A87: オウンドメディアの運営では、様々なトラブルが起こり得ます。サーバーダウンやコンテンツの改ざん、機密情報の流出など、想定外の事態にも冷静に対処する必要があります。日頃からリスク管理を怠らず、緊急時の連絡網やマニュアルを整備しておくことが大切。トラブル発生時は、速やかに状況を把握し、関係部署に共有。原因の特定と、適切な対応策の実行が求められます。ユーザーへの告知や謝罪も、迅速に行うことが重要。二次被害を防ぐため、セキュリティ面の強化も忘れずに。トラブルを恐れず、備えと対策を怠らないことが、安定運営の鍵を握ります。

 コンテンツマーケティング戦略を文書化するコツ - 成功事例から学ぶ、継続的な顧客獲得につなげる方法

 

Q88: オウンドメディア運営のためのプロジェクト管理ツールの選び方は?

A88: オウンドメディアの運営では、記事の企画から制作、公開までの一連の工程を、効率的にマネジメントすることが求められます。プロジェクト管理ツールの導入は、チームでの情報共有とタスク進捗の可視化に役立つでしょう。ツール選定の際は、まず自社の運営体制や規模に合ったものを選ぶことが大切。シンプルで使いやすいインターフェースか、機能の充実度などを比較検討します。また、他の社内ツールとの連携や、モバイル対応の有無なども確認ポイント。セキュリティ面の信頼性も重要な判断材料です。チームメンバーの意見も参考に、最適なツールを選定しましょう。

 

Q89: オウンドメディアのコンテンツのバックアップ方法は?

A89: オウンドメディアのコンテンツは、サイトの根幹を成す大切な資産。その保全とバックアップは、運営における重要タスクの一つです。サーバー障害やデータ破損などの万一に備え、定期的なバックアップを欠かさないことが基本。クラウドストレージの活用や、自動バックアップ設定など、手間を最小限に抑える工夫も有効です。バックアップデータは、外部メディアにも保存。複数の場所に分散させることで、リスク分散が図れます。また、バックアップからのリストア手順を確立し、定期的に訓練することも大切。いざという時に備え、コンテンツ保全の体制を整えておきましょう。

 

Q90: オウンドメディアの記事のプレビューチェックのポイントは?

A90: オウンドメディアの記事は、公開前のプレビューチェックが欠かせません。記事の内容はもちろん、誤字脱字や表記ゆれ、段落構成など、読みやすさに直結する要素をしっかりと確認します。また、画像の表示崩れや、リンク切れなども重要なチェックポイント。スマートフォンでの表示も併せて確認。レスポンシブデザインが適切に機能しているか、動作の軽快性などを見極めることが大切です。校正のプロセスを丁寧に行うことで、品質の高い記事を安定的に提供できるでしょう。作業工数は大きくなりますが、ユーザー満足度アップに直結する重要な業務と位置付けましょう。

 

Q91: オウンドメディアのWebサイトのセキュリティ対策は?

A91: オウンドメディアは、サイバー攻撃の格好のターゲットになり得ます。Webサイトのセキュリティ対策は、運営における重要課題の一つ。SSL化によるデータ通信の暗号化は今や必須。定期的なソフトウェアのアップデートや、脆弱性診断の実施も欠かせません。不審なアクセスやコメントには常にアンテナを張り、異常の兆候をいち早く察知する必要があります。セキュリティポリシーを策定し、チーム内で周知徹底するのも効果的。万一の事態に備えたインシデントレスポンス体制の整備も重要です。専門性が求められる分野だけに、外部の知見を積極的に取り入れることも検討しましょう。

 WordPressサイトのセキュリティ対策完全ガイド|攻撃手口と防衛テクニック

 

Q92: オウンドメディアのコンテンツのリライトのポイントは?

A92: オウンドメディアの既存コンテンツは、定期的なリライトが求められます。情報の鮮度を保ち、SEO効果を高めるためにも重要な施策だからです。リライトの際は、キーワードの再選定や、構成の見直しが基本。最新のデータを盛り込み、情報の正確性を高めることが大切です。過去の反響を分析し、ユーザーの関心の高いポイントを強化するのも効果的。また、表現の硬軟を調整し、読みやすさを向上させるのもポイントです。単なるデータ更新だけでなく、付加価値をプラスすることを意識。リライトを通じて、記事を進化させ続けることが理想的だと言えるでしょう。

 リライトとは?意味・SEO対策に欠かせないリライトの効果を出すためのポイントと手順

 

Q93: オウンドメディア運営のための情報収集の方法は?

A93: オウンドメディアの運営では、良質な情報収集が欠かせません。社内の各部署との連携はもちろん、業界団体や専門メディアにもアンテナを張ることが重要。展示会やセミナーへの参加も、有益な情報が得られる絶好の機会です。また、競合他社の動向は常にウォッチ。差別化のヒントが隠れているかもしれません。ソーシャルリスニングツールの活用で、ユーザーの生の声を拾うのも効果的。オウンドメディア自体へのコメントにも目を配り、改善のネタを探します。多岐にわたる情報を整理し、運営に活かすことが求められる地道な業務。担当者の感度が、オウンドメディアの質を大きく左右すると言えるでしょう。

 

Q94: オウンドメディアの運営における社内教育のポイントは?

A94: オウンドメディアの運営には、専門的な知識とスキルが求められます。チームメンバーの育成は、継続的に取り組むべき重要課題です。社内勉強会の開催や、外部講師を招いての研修など、能動的な学びの場を設けることが大切。ライティングやデザイン、マーケティングなど、幅広い分野をカバーすることが理想的。また、成功事例や運営ノウハウを共有する場も効果的。チーム内でのナレッジ蓄積が、運営力の向上につながります。あわせて、各メンバーの問題意識を引き出し、自律的な成長を促すことも重要。日々の業務の中にも、学びの機会が潜んでいると意識しておきましょう。

 【2024年最新】コンテンツマーケティングに役立つおすすめ本20選

オウンドメディア運営に役立つ本12選|レベル別・目的別におすすめ

 

Q95: オウンドメディアのコンテンツの著作権管理の方法は?

A95: オウンドメディアのコンテンツ著作権管理は、運営上の重要な論点の一つ。無断転載や不正使用を防ぐためにも、適切な管理体制の構築が欠かせません。まずは、著作権ポリシーを明文化し、サイト上に明示。ユーザーに対して、ルールを周知徹底することが大切です。社内の全コンテンツを一元管理するデータベースを用意し、担当者を定めるのも効果的。外部の専門家とも連携し、法的な対応も視野に入れましょう。また、コンテンツの二次利用を想定し、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの採用も検討に値します。オウンドメディアの価値を守るための地道な取り組みを、継続的に行うことが求められます。

 DMCAで自社コンテンツを守る方法とは?知っておきたいネットの著作権問題について

 

Q96: オウンドメディアのWebサイトのスマホ対応のポイントは?

A96: オウンドメディアのスマホ対応は、もはや必須の取り組み。モバイルユーザーの満足度を高め、サイトの価値を最大化するためにも欠かせません。レスポンシブデザインの採用により、様々な画面サイズに最適化された表示が可能に。コンテンツの配置や、ボタンサイズの調整など、細部までこだわることが大切です。また、表示速度の高速化にも注力。画像の軽量化や、不要なスクリプトの除去など、技術的な工夫が求められます。アクセス解析で、モバイルユーザーの行動を詳細に分析。サイト設計に活かすことで、より使いやすいオウンドメディアを実現できるはずです。

 BtoBのホームページでも欠かせないスマホ対応のポイントとは?

 

Q97: オウンドメディア運営のためのタスク管理の方法は?

A97: オウンドメディア運営では、多岐にわたるタスクを効率的にこなす必要があります。チームでの業務分担と、進捗管理が運営の鍵を握ると言っても過言ではありません。タスク管理ツールの活用が、業務の見える化に役立つでしょう。各タスクの優先度や期限を明確にし、メンバー間で共有。定期的なミーティングで、進捗状況を確認し合うのも効果的です。また、タスクの標準化や、マニュアル整備にも力を入れましょう。属人的な業務をなくし、誰でもが同じ質を担保できる体制づくりが理想的。地道なタスクの積み重ねが、オウンドメディアの安定運営を支えていると言えるでしょう。

 

Q98: オウンドメディアのコンテンツのユーザビリティテストの方法は?

A98: オウンドメディアのユーザビリティ向上には、実際のユーザーの声を反映させることが何より重要。アンケートの実施や、インタビューを通じて、率直な意見を集めることが第一歩です。また、サイト内の行動を追跡し、動線上の課題を洗い出すのも効果的。ヒートマップツールなどを活用し、クリック率の低いボタンや、スクロールされない領域を特定しましょう。さらに、ユーザビリティテストの実施も検討に値します。サンプルユーザーに実際にサイトを操作してもらい、感想を聞き出す。課題点を可視化し、改善につなげることが目的です。ユーザー視点でのブラッシュアップを繰り返すことで、より使いやすいオウンドメディアを目指しましょう。

なぜUXが重要なのか?―WebサイトのUXを改善するための5つの施策

 

Q99: オウンドメディアの記事のCTRを上げる方法は?

A99: オウンドメディアの記事CTR(クリック率)は、SEOとユーザーエンゲージメント向上の両面で重要な指標。より多くの読者を記事に誘導するためにも、CTRを意識した最適化が欠かせません。まずは、タイトルやメタディスクリプションの見直しから着手。印象的なフレーズを用い、読者の興味を引く工夫が求められます。本文中にも、読みたくなる見出しを適切に配置。記事冒頭で、読者の悩みに寄り添う共感力も大切です。また、記事下部のおすすめ記事や、関連記事の導線を増やすのも有効。SNSでの積極的な拡散も、CTRアップにつながるでしょう。地道な改善の積み重ねが、オウンドメディアの読まれる力を高めていきます。

 SEOの検索結果でCTRを上げるには? 検索順位とCTRの関係から、向上の取組まで

 

Q100: オウンドメディア運営における社内モチベーションの維持方法は?

A100: オウンドメディアの運営は、地道な作業の連続。チームメンバーのモチベーション維持が、安定稼働の大前提だと言えます。運営方針や目標を明確に示し、メンバーに浸透させることが大切。各自の役割を認識してもらうとともに、達成感を味わえる機会を増やすことが重要です。記事のPVや反響の大きさを共有し、頑張りを認め合う。リアルな読者の声を届けるのも効果的でしょう。また、チャレンジ精神を後押しする環境づくりにも注力。新しいアイデアを歓迎し、失敗を恐れずトライできる土壌が理想的。メンバー同士の活発なコミュニケーションが、モチベーションの源泉になるはずです。

 

Q101: ヘルスケア業界でオウンドメディアを活用するメリットは何ですか?

A101: ヘルスケア業界でオウンドメディアを活用することで、信頼性の向上とSEO対策の両立が可能です。専門的な健康情報を発信し、ユーザーの悩みに寄り添うことで、ブランドへの信頼を高められるでしょう。

Q102: コンサルティング会社がオウンドメディアを運営するポイントは?

A102: コンサルティング会社がオウンドメディアを運営する際は、専門性の高い知見を提供することが重要です。課題解決に役立つ情報を発信し、ターゲット企業からの信頼を獲得することが求められます。

Q103: 広報PRでオウンドメディアを活用するメリットは何ですか?

A103: オウンドメディアは、広報PRの強力なツールとなります。プレスリリースだけでは伝えきれない情報を、詳細に発信できます。ブランドストーリーを語ることで、共感を呼ぶPRが可能になるでしょう。

Q104: IT企業がオウンドメディアを活用する際のポイントは?

A104: IT企業がオウンドメディアを活用する際は、自社の技術力をアピールすることが重要です。専門的な解説記事やノウハウ提供を通じて、見込み客の興味を引き、リードジェネレーションにつなげることができるでしょう。

Q105: オウンドメディア運営に反対する意見にはどう対応すべき?

A105: オウンドメディア運営に反対する意見に対しては、リスクを最小限に抑えつつ、効果を最大化する運営方法を示すことが大切です。適切な目的設定とPDCAサイクルによる改善により、反対意見を払拭できるはずです。

Q106: オウンドメディア運営で気をつけるべき著作権問題とは?

A106: オウンドメディア運営では、著作権侵害のリスクに十分注意する必要があります。他者の文章や画像を無断使用しないことが大前提。適切な引用ルールを守り、トラブルを未然に防ぐことが求められます。

Q107: オウンドメディアディレクターの仕事内容とキャリアパスは?

A107: オウンドメディアディレクターは、戦略立案から運営管理まで、オウンドメディアの成功に欠かせない重要な役割を担います。編集とマーケティングのスキルが求められる一方、やりがいとキャリアアップのチャンスも豊富です。

Q108: オウンドメディアでカスタマージャーニーを設計するメリットは?

A108: オウンドメディアでユーザーのカスタマージャーニーを適切に設計することで、効果的なナーチャリングが可能になります。ユーザーの意識や行動に合わせて最適な情報を提供し、顧客体験を向上させることができるでしょう。

Q109: オウンドメディア企画書の作り方のポイントは?

A109: オウンドメディア企画書では、運営目的や狙うユーザー、差別化要因を明確に示すことが重要です。上司を説得し、社内の協力を得るためにも、企画書の内容を論理的に練り上げることが求められます。

Q110: オウンドメディアのリニューアル時に気をつけるべき点は?

A110: オウンドメディアのリニューアルでは、事前のデータ分析と明確な目的設定が何より重要です。ユーザーの反応や競合サイトの動向を踏まえ、改善の方向性を定めることが求められます。スケジュール管理とテスト運用も着実に行いましょう。

Q111: オウンドメディア運営初心者におすすめの始め方は?

A111: オウンドメディア運営が初めての方は、まずは小規模からスタートすることがおすすめです。ターゲットユーザーを絞り、最小限のコンテンツで立ち上げましょう。PDCAサイクルを回しながら、徐々に規模を拡大していくのが得策です。

Q112: オウンドメディア運営のデメリットとリスクには何がある?

A112: オウンドメディア運営には、コストと工数がかかることが最大のデメリットです。専任スタッフの確保や、安定的なコンテンツ制作が必要になります。炎上リスクなどにも備えた体制づくりが欠かせません。

Q113: オウンドメディアと公式サイトの使い分け方は?

A113: オウンドメディアと公式サイトは、役割と目的が異なります。公式サイトが企業情報の発信が主眼なのに対し、オウンドメディアではユーザーの課題解決に資するコンテンツ提供が求められます。両者の特性を理解した上で、使い分けることが重要です。

Q114: 個人でオウンドメディアを立ち上げるメリットは?

A114: 個人でオウンドメディアを立ち上げることで、自身の専門性を活かしたブランディングが可能になります。趣味や特技を活かしたコンテンツで、ファンやリピーターを獲得。アフィリエイト収入など、副業としての収益化も目指せるでしょう。

Q115: オウンドメディアの収益化で失敗しないコツは?

A115: オウンドメディアの収益化を成功させるには、ユーザーファーストのコンテンツ作りが何より大切です。読者に価値を提供し続けることで、ロイヤルユーザーを獲得。アフィリエイトは控えめに、バナー広告などを効果的に組み合わせるのがおすすめです。

Q116: オウンドメディアの名前はどのようにつけるべき?

A116: オウンドメディアの名前は、ブランドイメージとSEO効果の両立を目指すことが重要です。キーワードを盛り込みつつ、ユーザーの記憶に残るネーミングを考案しましょう。社名やサービス名と関連性のある名称がおすすめです。

Q117: オウンドメディアのアイコンデザインで気をつけるべき点は?

A117: オウンドメディアのアイコンデザインでは、シンプルで印象的なデザインを心がけましょう。ブランドロゴと連携したデザインがおすすめです。無料素材サイトを活用する際は、利用規約をしっかりチェック。再利用可能なものを選ぶことが大切です。

Q118: noteを使ったオウンドメディア運営のメリットは?

A118: noteを活用してオウンドメディアを始めれば、サーバー管理などの手間が省けます。シンプルな操作性で、初心者でも簡単にスタートできるのが魅力。クリエイター同士の交流も盛んなので、ノウハウの吸収にも最適です。

Q119: 大学のオウンドメディア運営で成功するポイントは?

A119: 大学のオウンドメディアでは、在学生や受験生、保護者のニーズを意識したコンテンツ作りが重要です。キャンパスライフの魅力や、教育の特色を伝える記事が効果的。学生目線の発信を心がけることで、親近感の向上にもつながるでしょう。

関連記事:大学のオウンドメディアが成功した事例7選とそのポイントを解説

 

Q120: オウンドメディア運営における最新の戦略的アプローチとは?

A120: オウンドメディア運営において、変化する環境に適応するための新たな戦略が求められています。ユーザーエンゲージメントの向上、AIの活用、マルチチャネル展開など、3つの戦略的アプローチを取り入れることで、オウンドメディアの価値を最大化し、ビジネスの加速化を図ることができるでしょう。

関連記事:オウンドメディア運営の新時代到来!3つの戦略的アプローチであなたのビジネスを加速する

 

Q121: オウンドメディアではどのようなコンテンツを掲載すべき?

A121: オウンドメディアでは、ターゲットユーザーのニーズや関心事に合致した多様なコンテンツを提供することが重要です。ブログ記事や製品紹介、お客様インタビュー、動画コンテンツなど、様々な種類のコンテンツを組み合わせることで、ユーザーエンゲージメントの向上と効果的な情報発信が可能になります。コンテンツ企画から制作、公開までの一連の運用ステップを適切に管理することも欠かせません。

関連記事:オウンドメディアで掲載すべきコンテンツとは?その種類と運用ステップ【成功事例付き】

 

以上、オウンドメディア運営に関する121FAQについて回答しました。オウンドメディアの運営は、戦略立案から日々の改善まで、多岐にわたる業務の連続。専門性とマネジメント力が求められる、高度な仕事だと言えるでしょう。一方で、自社とユーザーを結ぶ重要なコンテンツの発信源として、ビジネス上の役割は非常に大きいものがあります。

 

リスクとチャンスの両面を理解した上で、オウンドメディアに真摯に取り組む。それが、運営者に求められる基本的なスタンスだと考えます。今回のFAQが、オウンドメディアに携わる方々の一助となれば幸いです。最後に、オウンドメディア運営に欠かせないポイントを3つにまとめてみました。

 

1.ユーザー視点に立ったコンテンツ作り

2.PDCAサイクルによる継続的な改善

3.社内外の協力体制の構築

 

この3つの要素を大切にしながら、自社らしいオウンドメディアを育てていってください。読者に選ばれ続ける価値あるコンテンツの提供を通じて、ブランド価値の向上と、ビジネスの発展を実現することができるはずです。オウンドメディア運営の舞台裏には、多くの苦労が隠れているかもしれません。それでも、一歩ずつ前進していく原動力になるのは、読者からの反響や、チームで共有する達成感なのだと思います。

avatar

イノーバマーケティングチーム

株式会社イノーバの「イノーバマーケティングチーム」は、多様なバックグラウンドを持つメンバーにより編成されています。マーケティングの最前線で蓄積された知識と経験を生かし、読者に価値ある洞察と具体的な戦略を提供します。