今さら聞けないオウンドメディアの意味とは?

オウンドメディア

オウンドメディアの意味とは? 最近、オウンドメディアという言葉を良く耳にするようになっています。なんとなく、普段使っていても改めて意味を知りたい方のために、オウンドメディアの意味を説明していきます。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、ずばり、企業が自社で所有できるメディアの事を指します。そもそもは、数年前にソーシャルメディアの登場がきっかけで、「トリプルメディア」という考えが生まれたのがきっかけです。

トリプルメディアとは、自社が所有している「オウンドメディア(Owned Media)」、広告費を払って利用する「ペイドメディア(Paid Media)」、そして、ソーシャルメディア上でユーザーにフォローされるなどの「アーンドメディア(Earned Media)」の3種類のメディアを指します。

従来、企業のマーケターは、ペイドメディア(広告)偏重で活動してきたのを見直し、オウンドとソーシャルとのバランス取ろうという考えです。 最近は、自社ブランド専用のメディアを作ろうという動きが加速していて、オウンドメディアというのが、一種のバズワードになっているのです。

オウンドメディアの具体例

では、そもそもオウンドメディアに該当するものは何なのでしょうか? 具体的には以下です。

  • アプリ
  • ブログ
  • オンライン・オフライン店舗
  • 企業が発行する雑誌やカタログ

上記のオウンドメディアの最大の特徴は、自社で全部コントロールできる事です。このため企業のブランディングの重要なハブになります。長期にわたって強化していく必要があるのです。

私たちが手掛けた様々な企業のオウンドメディア事例に関しては、以下のページからダウンロード出来ます。

コンテンツマーケティング事例集3―各企業が抱えていた課題、実行したソリューション、得られた効果までを一挙にご紹介

オウンドメディアの利用目的3つ

ではオウンドメディアをどのような目的で使用するのが良いでしょうか?

1. オーディエンスを作り出す

オウンドメディアを活用する事で、オーディエンス(聴衆、見込み顧客)を育てる事が出来ます。企業の魅力を継続的に伝える事が出来る貴重な存在です。

2. ロイヤリティーを育てる

オウンドメディアは、顧客とのリレーションシップ育成にも適しています。顧客にとって役に立つ情報やコンテンツを提供していく事で、ロイヤリティーを高めていきましょう。

3. 口コミ効果を増進させる

オウンドメディアをキャンペーンや新商品・サービスのプロモーションなどの発信源とする事も出来ます。ロイヤリティーの高いオーディエンスは、積極的に口コミを広げてくれるからです。しかし、売り込みのメッセージが多すぎると読者が離れていくので、バランスに気をつける必要があります。

成功させるための4つポイント

以下に、オウンドメディアを成功させるために覚えておきたいポイントをご紹介します。

1. コントロールしすぎない

「自社のコンテンツ」である事を意識しすぎると、そもそもユーザーとのコミュニケーションを取る事が出来なくなります。CGM的なコンテンツを取り入れたり、ユーザーの投稿や質問などを受け付けるなどして、双方向のコミュニケーションを狙いましょう。

2. 売り込みを抑える

オウンドメディアの内容が、「売り込む事」ばかりを意識すると、内容がつまらなくなります。あくまで、読者目線で、有益な情報や、ストーリー性のあるコンテンツが提供できているか、定期的に振り返りましょう。

3. インフルエンサーとの関係を構築する

自社のビジネス分野で影響力を持つインフルエンサーを巻き込む事はオウンドメディア成功の鍵です。インフルエンサーとの関係を構築し、こちらのコンテンツをシェアしてもらったり、相手のコンテンツを掲載するなどの施策を行いましょう。

4. ソーシャルメディア上でコミュニケーションを行う

オウンドメディアのコンテンツをソーシャルメディアに投稿するなどして、ソーシャルメディアを活用します。コンテンツが拡散できるだけでなく、ユーザーからのコメントが得られるので、顧客ニーズを探る事が出来ます。顧客との距離感を判断し、コミュニケーションしやすい場作りを心がけましょう。

まとめ

オウンドメディアという言葉を聞くと、すごく大変な事をする事のように感じるかもしれません。しかしながら結局は、顧客との信頼関係を作るためにコンテンツを出して行こうというのが根底の考え方です。

かつては、Facebookページがあれば、ブランドのウェブサイトは要らないって豪語したアメリカ企業のマーケターもいた程ですが、今はむしろ、自社のメディアを強化する方にトレンドが移っています。

ただ、勘違いして欲しくないのは、オウンドメディアはあくまで手法であって、目的ではないという事です。しっかりとした、ビジネス目的があってのオウンドメディアだという事を肝に銘じましょう。

Webサイトを売上につなげる!最新無料eBookもぜひどうぞ!
ビジネスブログのはじめ方
企業Webサイトに不可欠な5つのコンテンツ
Webで問い合わせをつくるには? 【最新】BtoB企業サイトの仕組み