ホームページ制作における4P分析

ホームページ制作

マーケティングの基本となる4P分析。ホームページを制作する際も、まずはこの手法による分析を行うことで、より集客効果の高いサイトを生み出すことが可能になります。4P分析とは何か、ホームページ制作にどのように活かせるかを見ていきます。

4P分析とは何か?

4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)のこと。4P分析とは、この4つの視点でターゲット市場を分析する手法です。具体的には以下のような点を分析していきます。

Product(製品) 製品やサービスの品質・機能・デザイン、ラインアップ、技術力、保証 etc.
Price(価格) 価格、割引条件、支払方法、支払条件 etc.
Place(流通) 流通経路、在庫、店舗の立地条件、店の品ぞろえ、配送 etc.
Promotion(プロモーション)

広告宣伝、広報、販売促進活動、広告媒体 etc.

4P分析.jpg

4P分析の手順

4P分析は、市場におけるその製品の課題や強みを見つけ、マーケティング戦略などを立てるために用いられます。具体的には、次のような手順で行っていきます。

4P分析の手順.jpg

4P分析を行う(顧客側、企業側の両方の視点で)

上で挙げた各「P」の項目について、競合の動向も踏まえながら、顧客側、企業側の両方の視点で分析していきます。例えば、次のような点をチェックしていきます。

Product(製品)

  • 顧客がいつどこで、どのように使う製品なのか
  • 自社製品に足りないものは何か
  • ユーザーが実際には使っていない余分な機能はついていないか
  • 他社製品とどこが差別化できているか、あるいはどこを差別化したらよいか
  • ネーミングは適切か(商品のイメージと合っているかなど)
  • デザインはターゲット層に合っているか

Price(価格)

  • 顧客はこの製品を、どの程度の価格で求めたいと考えているか
  • 顧客は少しの価格の差にも敏感か(わずかな値上げや値下げが売れ行きを大きく左右するか)
  • 割引などのサービスは必要か
  • 競合との価格差はどのくらいか

Place(流通)

  • 顧客はどこでこの製品を購入するか(実店舗か、オンラインか、高級店か否か、など)
  • 競合製品はどこで販売されているか
  • 店舗の在庫量は適正か

Promotion(プロモーション)

  • ターゲット層にアプローチしやすいのはどんな媒体か
  • どのようなタイミングでプロモーションを行えばよいか
  • 競合はどんなプロモーションを行っているか

矛盾や方向性の間違いなどはないか、チェックする

4P分析の結果をみながら、現在行っているマーケティングやプロモーションについて、矛盾や方向性の間違いなどはないかを確認します。

たとえば、10代~20代を主なターゲットとする化粧品の広告を新聞に出しても、効果が上がらないかもしれません。あるいは、珍しい輸入食材を低価格路線のスーパーで販売しても、あまり売れないかもしれません。そのようなミスマッチがないかをチェックしていきます。

4Pのバランスを整える

上記のような問題が見つかった場合、ミスマッチの部分を修正し、4Pのバランスを整えていきます。10代~20代向けの化粧品なら、モバイル向けの広告を増やし、珍しい輸入食材なら高級スーパーで販売するなど、ターゲット層に合ったプロモーションや販売方法へと切り替えていきます。

戦略を考える

4Pのバランスを整えたら、さらに売り上げを伸ばすための戦略を考えていきます。10代~20代向けの化粧品をモバイル広告で宣伝するなら、動画を使用するか、競合製品の広告とどう差別化するかなどを検討します。珍しい輸入食材を高級スーパーで販売するなら、その食材の利用方法や、他の食材にはない特徴をどう伝えるかを考えます。

4P分析の具体例―Nike

ここで、4P分析の1つの簡単な具体例としてスポーツ用品ブランドのNikeのケースを見てみましょう。

Product(製品)

シューズ: スポーツシューズが主力製品。スポーツシューズのラインアップを増やしてきた。(ランニングシューズ、テニスシューズetc.)
ウェア: ジャージ、ショートパンツほか。
その他スポーツ用品: ゴルフクラブなど。

Nikeでは、こうしたプロダクトミックスの拡大に成功し、より多くのマーケットセグメントのニーズに応じることができています。

Price(価格)

価値ベースの値付け方式で、売上アップと収益拡大を目指す。消費者がNikeの製品に対しどのくらいの価値を感じているかを考慮。

Place(流通)

  • 小売店(ウォルマートなど)
  • Nikeオフィシャル・オンラインストア
  • Niketownの販売店

Nikeの製品は、世界のさまざまな国の小売店で販売されていますが、そのほかにオフィシャルのオンラインストアや、Niketownの販売店でも取り扱われています。

Promotion(プロモーション)

広告宣伝: Nike製品の販売に大きく貢献。プロのスポーツ選手などを起用し、製品を印象付ける。
パーソナル・セリング: Niketownで販売員がターゲット顧客に製品を薦める。
ダイレクト・マーケティング: 大学やスポーツチームなどと直接交渉。
セールス・プロモーション: 割引サービスやスペシャル特典など。
PR: Nikeブランドのプロモーションのために、他の組織のスポンサーになるなど。

Nikeでは、こうした多岐にわたるプロモーション活動により、自社ブランドを消費者に強く印象付けています。

参考:Nike Inc. Marketing Mix (4Ps/Product, Place, Promotion, Price) Analysis|Panmore Institute

4P分析をホームページ制作に活かす方法

ホームページの制作においては、サイトのデザイン、構成を考える前に4P分析を行うとよいでしょう。その際、以下の全てにおいて競合サイトを意識することで、他社との差別化を図ります。

Product(製品)

主要商品などについて分析し、自社製品の強みをアピールできるホームページデザインにしていきます。

たとえば、当初は高級ブランドのイメージで市場に参入する予定だったが、競合のA社の製品と自社製品を比較したところ、自社製品のほうが高級感が足りなかった場合。ところが消費者からは逆に「高級過ぎないところがいい。手が届きやすい」と思われているなら、A社のサイトよりも親しみやすいデザインにしつつ、良質な印象は失わないようにするなど、ブランドイメージに合わせて調整します。

Price(価格)

自社製品の価格帯などによって、ホームページのターゲットを想定し、それに合ったデザインを考えます。例えば低価格の製品を扱うのにとっつきにくいイメージのページになってしまった……ということがないように、カラーや余白の量などを調整します。余白があまり多すぎると、とっつきにくい印象になる可能性があります。そうした場合は、適度な量の情報や画像・イラストを掲載し、温かみがあるページにしていきます。

Place(流通)

自社サイトでの購入の可否や、全体の販売網でのECサイトの位置付け(ボリュームなど)を考えます。自社サイトで購入可能にするなら、ECサイトとしての機能とその他の機能・要素(ブランドのアピール、会社の紹介など)のバランスがとれるように、配慮します。

Promotion(プロモーション)

プロモーションの全体像のなかでのホームページの位置づけを考えます。SNSとの関わりや他サイトとの相互リンクを検討し、それらを踏まえたうえで、どのような情報ホームページに掲載すべきか、どのように相互リンクを貼るかなどを決定していきます。

まとめ

製品に関するマーケティングに欠かせない4P分析。ホームページにおいて自社製品・サービスを魅力的に見せるためにも、ぜひ取り入れたい手法です。自社製品・サービスの強みは熟知している! と思っていても、改めて分析してみると、違う面が見えてくるかもしれません。4P分析でそういったことを発見してみてください。

TOP