コンテンツマーケティングを外注する際の注意点と、成功に導くコツを解説

コンテンツマーケティング

「ブログを書く時間がない」「専門家を雇う余裕がない」「文章を書くのが苦手」など、コンテンツマーケティングを実践する際にはこうした壁に突き当たることが多いです。どうすればこの壁を乗り越えられるのでしょうか。

1つの案として、コンテンツの外注(アウトソーシング)があげられます。今回は、外注が初めての方や外注に失敗した方のために、コンテンツ制作を外注するための5つのステップをご紹介します。


コンテンツマーケティングを外注する理由

コンテンツマーケティングに課題を感じている場合、外注することで解決に導ける可能性が高いでしょう。課題ごとに理由を解説します。

ライティングスキルに自信がない

コンテンツマーケティングは、単にブログを書けば成功するというものではありません。読んでもらえるブログを書くためには、読んでほしいターゲットの興味関心を引きつけるライティングスキルが必要です。それだけではなく、ターゲットが検索に使うと想定されるキーワードを選定して上位表示を狙うSEO対策スキルも欠かせませんし、ブログの効果を分析して次のブログに活かすことも重要です。

そのため、こうした専門的なSEOライティングスキルを持つ外注先に依頼したほうが、確かな効果が期待できます。

何からはじめていいかわからない

コンテンツマーケティングを目的に制作するコンテンツは、ブログのほか、Webサイト・動画・SNS・メルマガなど多岐にわたります。効果のあるコンテンツを制作するには、大前提としてマーケティングスキルが必要です。そのうえで各コンテンツの制作スキルを身につけていきます。コンテンツマーケティングを1からはじめる場合は、必要なスキルが多すぎて困惑することもあるでしょう。

外注する最も大きなメリットは、これらに詳しい専門家のノウハウを活用できることです。あらゆる業界や規模の企業を支援した実績を持つ外注先も多いため、効率的に成果を出すことができるでしょう。

リソースが足りない

コンテンツマーケティングは、やらなければいけないことが山積みです。また、ブログひとつをとっても、効果の分析と改善を繰り返していくことが重要で、成果を出すまでに時間がかかります。これだけの業務を一人の社員や少数のチームで担当すれば、本業に支障が出ますし、更新作業や分析だけで終わってしまうでしょう。コンテンツマーケティングは、片手間でできるものではありません。

外注することによって、自社の人員や作業時間を本業に回すことができますし、期待する効果も出やすくなるでしょう。

コンテンツを量産したい

コンテンツマーケティングは、定期的にコンテンツを更新しつづける必要があります。更新作業を継続して初めて、反響や売上などの数字に表れる効果を得られるものだからです。充分な数のライターとコネクションがある外注先に依頼すれば、安定的にコンテンツを制作してくれますし、更新が滞るリスクを回避できます。

内製化に向けてノウハウを蓄積したい

外注先に依頼すれば、自社の社員へコンテンツマーケティングの手法や運用ツールの使い方などを教えてもらうことができます。また、ブログの運用ノウハウはあっても、動画やメルマガなどは経験がないという場合もあると思います。

外注することで複数のコンテンツを効果的に組み合わせた施策を経験し、新しい学びを得ることができるでしょう。

コンテンツマーケティング会社に外注する場合の注意点

自社に適した外注先を選ぶために着目するといいポイントや、そのために必要な準備について解説します。

目的や達成すべき指標を設定しておく

外注する前に、社内でコンテンツマーケティングを行う目的や指標を明確に設定しましょう。決定した目的や指標をもとに、外注先が自社の現状を正しく把握し、課題解決につながる施策を提案してもらえます。

外注する範囲を明確にする

外注範囲を広げると、内製する場合に比べて膨大なコストがかかることもあります。予算から外注範囲を決めて、計画的に依頼するようにしましょう。

自社にノウハウを蓄積することを視野に入れる

すべての工程を外注任せにしてしまうと、社内にノウハウが蓄積されません。外注先に丸投げせず、担当者と定期的にコミュニケーションを取りながらコンテンツ制作に関わるよう心がけましょう。継続するうちに、自社で施策を考えて課題解決ができるようになります。

外注先と話せる程度の知識をつける

あらかじめある程度コンテンツマーケティングの知識を身につけておくと、外注先とコミュニケーションが取りやすくなります。また、外注先の得意分野や特徴を調べておけば、外注範囲に応じて的確な外注先を選定できるようにもなります。

外注先の選定は慎重に行う

外注先を選ぶ際は、まず自社のコンテンツマーケティングに対応する人員体制を確保しましょう。そのうえで、外注先のコンテンツの質、費用、得意分野(記事作成・キーワード調査・競合調査など)、実績などを確認することが重要です。事前に自社の体制を把握することで、ニーズに応えられる外注先を厳選することができます。

稟議や社内決裁のための準備をする

希望する企業に外注できるよう、稟議を通す際は決裁者のモチベーションが高まるプレゼンを用意しておきましょう。「費用体効果を重視する決裁者であれば、導入後のシミュレーションを提示する」「トレンドに乗った運営を重視する決裁者には、他社競合の情報や事例を提示する」などの方法で、プレゼンの説得力を高められます。

コンテンツ制作のみを外注する場合の注意点

外注費用を抑えるために、コンテンツマーケティングの工程の中でコンテンツ制作のみを外注することも可能です。その場合の注意点について解説します。

どのアウトソーシングサービスを使うか「実験」する

まず、どの外注先にコンテンツ制作を外注するかを決めなければなりません。クラウドソーシングを活用する場合は個人のライティングスキルによりコンテンツのクオリティが変わってきますので、簡単な記事の作成を外注してテストするといいでしょう。ここでのポイントは複数のタスクをお願いすることです。こうすることで、実際のサービスの使い心地を複数のサンプルから判断できます。

ただし、戦略設計から効果測定までトータルに行う伴走型サービスを提供する企業であれば、専門性の高いライターを厳選している可能性が高いです。複数のアウトソーシングサービスをテストするよりも早く外注先を決められるでしょう。

条件に合うライターに仕事をお願いする

外注先が決まったら、優秀なライターを探すために、たくさんの人に仕事をお願いするといいでしょう。ですが、条件にピッタリのライターを見分けるのは難しいため、プロの力を借りるのがおすすめです。

伴走型サービスも行う企業に外注すると、専門知識をもとに自社に適したライターを選定してもらえます。自社の課題をふまえた高品質なコンテンツの作成を実現できるでしょう。

依頼内容を具体的に伝える

アウトソーシングサービスでは、仕事の受け手である外注先の責任が大きいように思えますが、仕事を依頼する側の「技術」によっても、その効果は大きく変わります。

まず簡潔かつ過不足のない依頼を心がけましょう。
ただ「Eメールマーケティングのキャンペーンの事例に関するブログを書いて欲しい」と頼むよりは、「1000字程度でEメールマーケティングの事例に関する記事を書いてください。事例の中でもメールのデザインやコピーライティングの重要性が伝わるものでお願いします。語調は弊社のブログを参考にしてください」と依頼したほうが、ライターも要望を理解しやすく、希望に近いコンテンツを仕上げることができます。

要望を具体化するために役立つのは、KPI設定やモニタリングです。自社の現状を分析したうえで、実現可能なKPIを設定することで、成果につながりやすいコンテンツとは何かが見えてきます。

的確なフィードバックでコンテンツの質を高める

記事の初稿には、ほぼ間違いなく修正ポイントが存在します。社内での仕事を考えてみても、1回で満足できる仕事が返ってくることはほとんどないでしょう。アウトソーシングの場合は顔を突き合わせない分、その傾向が強いことを肝に銘じておきましょう。
初稿が届いたら、最初の依頼同様、具体的な修正点を伝えます。こうすることで外注先企業は依頼人の求めている項目・水準・癖を徐々に把握して、コンテンツの質を高めることができます。

担当者との良好な関係性を築く

的確な依頼とフィードバックのサイクルを繰り返すことで、確実に外注先との関係性は深まっていきます。こうなると、外注先の担当者も「1人の部下」として成長し、コンテンツ制作の大きな力となってくれるでしょう。
また長期的に良好な関係性を築くために、良い仕事が返って来た場合はしっかり褒めるなど、誠実な対応を心がけましょう。

まとめ

アウトソーシングサービスをうまく利用できれば、効率良く質の高いコンテンツマーケティングを実現できます。外注範囲に応じた注意点を確認し、上手にアウトソーシングサービスを利用しましょう。

イノーバでは、BtoB企業向けにコンテンツ制作を含めたマーケティング伴走支援を行っています。アサインするライターは選定試験をクリアしており、良質なコンテンツの制作が可能です。

詳しくはこちらの『BtoBマーケティング伴走型支援サービス』をご参照ください。

関連資料『マーケティンク?は内製するへ?きか?外注するへ?きか?

内製と外注の線引きをどのように設定すべきか?外注をうまく活用するにはどうすればいいか?イノーバの実体験をもとに「内製か外注か」を考えるヒントをお届けします。

人気記事