コンテンツマーケティングを外注すべき5つの理由

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングには、大きく分けて2つの手法が存在する。

1つは内部のスタッフを活用するもの、もう1つは外部のコンテンツマーケティング会社にアウトソースするもの。アメリカでは、後者の方法を採る企業が主流であるようだが、一体どんなメリットがあるのだろうか?

本日は、コンテンツマーケティングを外注するメリットをご紹介したい。
1.マルチタスクと短い労働時間で時間を節約できる!

アウトソーシングはあなたの時間を節約する。プロジェクトのスケールによるが、最も優秀なライティング事務所*はクオリティが高い仕事を短時間でこなす。例えば、ブログ用の短い文書を1週間未満で仕上げる。あなたは必要なコンテンツを必要な時に得られ、時間を節約でき、コンテンツマーケティングに関するスケジュールは予定通りに進む。

外部の会社に仕事を委託することはあなたにとって様々なプロジェクトを同時完結させることを可能とする。例えば、受託側が毎週ブログの活性化に励んでいる間に、あなたはもっと大きいプロジェクト-電子書籍や白書の制作など-に時間を費やせる。

(*Walker氏の文書では文書作成に特化した「ライティング事務所」(writing agency)が例としてよく登場し、「マーケティング会社」という言葉は出ない。だが、ここで紹介するアウトソースのメリットとはライティング事務所だけでなく、通常、文書作成も行うマーケティング会社に当てはまることを理解していただきたい。)

2.他人の専門知識を利用できる!

アウトソーシングにより他人が持っていて、あなたやあなたのチームが持っていない知識と能力を活用することができる。他人の専門知識-文章力や特定の媒体やテーマに関する知識などを様々な形で披露できるのだ。

例えば、あなたは社内のブログ担当をしているが、文章を上手く書けず、SEOやブログ、業界について十分の理解がない。その場合、ブログの運営サービスを行う企業に依頼することが賢いアイディアだろう。

3.コンテンツマーケティングのベストなやり方と規格統一を実施し、一貫性を保てる!

コンテンツ制作をアウトソースすることは長期プロジェクトを初めから終わりまで成功させ、全タイプのコンテンツの質の高さを保つ手伝いをする。もしあなたが文章を書くことが苦手ならば、全ての仕事内容を連結させ、最も良いコンテンツマーケティングを行うことは難しいだろう。

ブログ運営サービスやユニークなコンテンツ制作を行っている企業にアウトソースすると、あなたのプロジェクトにはプロのみが携わる。彼らはブランディング、会社の名声、実りがあるコンテンツマーケティングのために必須であるコンテンツの規格統一を維持する方法を知っている。

4.コンテンツマーケティング戦略を強化できる!

評判が良い企業にアウトソーシングすれば、あなたが持つコンテンツマーケティング戦略を強化でき、まだ戦略がない場合は策定のアドバイスをしてもらえる。

効果的でユニークなコンテンツ制作をしている企業は、以下のノウハウを持っている: ・多種な目標のためにどのコンテンツ・タイプが最も適しているか ・コンテンツ制作とプロモーションのためにどのツールを使用するべきか ・コンテンツと成果をどのように評価し、分析するか ・成功を維持するために何を変えるべきか

5.広範囲にコンテンツをシェアし、宣伝できる!

アウトソーシングすることによって、もっと多くの人にコンテンツを与えることができる。多くのライティング事務所はソーシャル・メディアのプロでもある。これは効果的なソーシャル・メディアプランを作成し、シェアをされやすいコンテンツを作成できることを意味する。優秀なライティング会社はコンテンツを自社のネットワーク内でも広めてくれる。

まとめ

一見すると、コンテンツマーケティングは簡単に実践できるような気がしてしまう。ただ、本当に効くコンテンツマーケティングを実践するためには、専門性が必要となってくるだろう。その点で、専門業者に頼むことで得られるメリットも多い。

ただ、社内に十分なノウハウ・リソースがある場合は、内部で実践する方が合理的かもしれない。今回の記事も参考に、どちらの手法が適しているか検討してみて頂きたい。