コンテンツとは?Webサイトの質を向上させるための方法やメリットを解説!

コンテンツマーケティング

「コンテンツ」とは日本でも一般的に使用される言葉ですが、その意味を正確に理解できている人は意外と少ないです。

コンテンツは特にWebサイトの運営やマーケティングを行う際に重要な要素で、企業のWebマーケティング担当者はその意味を正しく理解しておくことが求められます。

こちらではコンテンツという言葉が持つ基本的な意味と、マーケティングにおけるメリットや質を向上させる方法を解説します。

コンテンツの意味とは?

コンテンツには、英語で「内容」や「中身」といった意味があります。

Web関連の文脈で使用される場合には、「情報の中身」といった意味を持ち、WebサイトやSNS、記事などに含まれている情報を指すのが一般的です。

「情報の中身」を充実させることで、多くのユーザーをWebサイトに誘導したり、自社ブランドを向上させたりといった効果に期待できます。

コンテンツの種類について

コンテンツにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

以下からは、コンテンツの主な種類について解説します。

Webコンテンツ

Webコンテンツとは、インターネットを通してWeb上で公開されているコンテンツを意味します。

一般的にWebにアクセスすることで閲覧できる情報の中身を指し、その種類は非常に幅広いのが特徴です。

例えば以下のようなコンテンツが、Webコンテンツに分類されるでしょう。

など

SNSの集客力を活用したコンテンツは「ソーシャルメディアコンテンツ」、ECサイトなどで商品の販売を行うコンテンツは「セールスコンテンツ」などと細分化されています。

デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツは、クリエイターなどの手によって創造された知的コンテンツを指します。

例えば映画、音楽、アニメーション、マンガ、キャラクターなどが当てはまるでしょう。

デジタルコンテンツは、デジタルデータによって構成されているのが特徴で、コンテンツ産業やコンテンツビジネスなどと呼ばれます。

2011年以降のデジタル化にともない、テレビもデジタルコンテンツの一部となりました。

モバイルコンテンツ

モバイルコンテンツとは、スマホやタブレットなどのデバイスで閲覧・利用できるコンテンツです。

SNSや各種アプリなどが該当し、既に日常的に広く利用されているのが特徴となっています。

モバイルコンテンツは「スマホやタブレットで使用できるWebコンテンツ」でもあるため、Webコンテンツの一部でもあります。

コンテンツを活用したマーケティングとは?

コンテンツという概念を活用したマーケティング手法は、「コンテンツマーケティング」と呼ばれます。

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーに向けて良質なコンテンツ(情報)を提供し、自社サイトや商品のファン化を進める手法です。

コンテンツマーケティングに含まれる媒体は幅広く、例えばGoogleなどの検索エンジン、SNS、動画媒体(YouTube)、メールなどが対象になります。

オンラインだけでなく、オフラインで行われるセミナーやパンフレットの配布などもコンテンツマーケティングの一部です。


一方で、検索エンジンのみを対象としたマーケティング施策は、「コンテンツSEO」と呼ばれます。

コンテンツの質を高めて検索順位を向上させ、Webサイトへの流入を増やすのが主な目的です。

SEOのアルゴリズムの変化などに気を遣いつつ、コンテンツの充実を図るのがコンテンツSEOの基本となるでしょう。

コンテンツを充実させるメリット

コンテンツの充実は、自社Webサイトや取り扱っている商品・サービスにとってさまざまなメリットがあります。

以下からは、コンテンツを充実させることによって得られるメリットを解説します。

ユーザーの潜在的な悩みにアプローチできる

コンテンツを充実させることは、ユーザーの潜在的な悩みに対してアプローチできるメリットがあります。

一方的に自社メディアの商品・サービスの情報を提供するだけでは、狭い範囲でのアプローチしかできませんが、顧客のニーズに合わせてコンテンツを充実させるとユーザーが抱えている問題に対して解決策を提示できるようになります。

ユーザー自身が「どんな商品を欲しいのか」「どんな悩みを抱えているのか」といったことに気づいていない場合にも、コンテンツの発信によって気づきのきっかけを与えることもできます。

幅広いユーザーをターゲットにアクションを起こせる点が、コンテンツを充実させるメリットのひとつです。

ユーザーによって拡散される可能性が高まる

良質なコンテンツは、ユーザーの力によって拡散される可能性があります。

現代ではSNSの利用者数の増加によって、情報の拡散がされやすくなっているため、意図しないところで自社コンテンツが話題になり、新規のユーザーを取り入れるきっかけになるケースもあるのです。

株式会社ICT総研の調査によると、日本国内におけるSNSの利用数は7,975万人となり、普及率で言えば80%という高い数値になっています。

2022年末には8,241万人にまで拡大するという見方もされており、今後も良質なコンテンツは情報として拡散されていくでしょう。

自社にとっての「資産」になる

充実したコンテンツは、会社にとっての資産になる点でもメリットがあります。

テレビCMなどの広告とは違い、Webサイトはインターネット上に情報として残り続けるため、会社の知名度や商品・サービスの価値を高め続けることに期待できるでしょう。

過去のコンテンツが、何かのきっかけで再浮上することもあり得ます。

Webサイトの情報を充実させていくことで、将来的に継続して会社の資産として機能していく可能性があるのです。

ユーザーにとっての高品質なコンテンツとは?

良質なコンテンツを準備するには、まず「ユーザーにとってどんなコンテンツが高品質なのか?」といった点に着目する必要があります。

以下からは、ユーザーがどんなコンテンツに興味を覚えるのかについて解説します。

ユーザーが日常的に欲している情報

ユーザーが日常的に求める情報を記載しているWebサイトは、良質なコンテンツとして判断されやすいです。

日々のユーザーニーズに応えられるコンテンツを提供できれば、自社メディアのファンを増やすことができるでしょう。

例えば具体的に役立つデータや生活に役立つノウハウなどは、ユーザーが求めるニーズと一致しやすいです。

ユーザーニーズを調べるには、検索されているキーワードやよく閲覧されているページの情報などを参考にすることが考えられます。

「面白さ」や「ユニーク」性のある情報

ユーザーが「面白い」「ユニークだ」と思えるコンテンツも、高品質なものであると判断できます。

面白さやユニークさを持ったコンテンツは、話題性が高くなり、SNSなどで拡散されやすいです。

「面白い記事を更新するサイトだ」という認識ができれば、定期的にコンテンツをチェックしてくれるユーザーが増えると予想できます。

事実を提供するコンテンツももちろん重要ですが、それに加えて面白く読めるユニークなコンテンツを充実させることも、結果的に自社メディアのメリットにつながるでしょう。

一次情報や最新情報が提供されている

ユーザーにとっては、コンテンツ情報がオリジナルである、新鮮であるほど評価が上がりやすいです。

現在は数え切れないほどの情報がインターネット上に氾濫しているため、似たようなコンテンツや古めの情報を提供している独自性の低いサイトも珍しくありません。

だからこそ、迅速に信頼できる最新情報を提供して、コンテンツの価値を高めることが品質の向上につながります。

コンテンツの質を高めるポイント

Webサイトなどにおけるコンテンツの質を高める際には、いくつかのポイントを解説します。

サイトのターゲットを明確にする

コンテンツの質を高めるためには、まず自社がターゲットとするユーザーを明確にすることが重要です。

自社コンテンツの方向性と、狙っているターゲットにずれがあれば、どれだけ情報の質やサイトデザインに力を入れても効果を実感することは難しいでしょう。

ペルソナ設定で具体的な人物像としてターゲットをより詳細に想定し、その人たちに興味を持ってもらえる形でコンテンツを充実させていくのがポイントです。

競合サイトの分析を行う

コンテンツの質を向上させるには、競合サイトの分析も重要です。

検索時に上位に表示されるサイトは全てチェックして、どのような記事がヒットしているのかを分析して自社メディアに取り入れましょう。

もちろん競合サイトと全く同じことをしても、ユーザーの流入を増やすことは難しいです。

あくまで競合サイトの傾向や手法を分析するに留め、自社オリジナルのコンテンツを作成することに集中しましょう。

リライトで定期的にコンテンツの中身を見直す

コンテンツの質を向上させつつ、その価値を継続させるためには、リライトを駆使してコンテンツの中身を定期的に見直すことも必要です。

情報の価値は時代やトレンドによって変動するため、かつては多くのユーザーに親しまれていたコンテンツも、いずれ廃れてしまうことも考えられます。

そういった情報価値の低くなったコンテンツを、現代に合わせてリライトすることで、その価値を改めて高めることができるでしょう。

効果測定を実施する

充実したコンテンツを作成するには、効果測定の実施も重要です。

コンテンツが実際にユーザーに響いているかどうかは、具体的なデータを参考にして確認するしかありません。

効果測定をしないで提供するコンテンツは、企業側の自己満足で終わってしまうケースも多いです。

Googleアナリティクスなど専門のツールを活用して、提供しているコンテンツが本当に質の高いものになっているか確認するプロセスを設定しましょう。

コンテンツの本質を知って自社メディアの展開に活用しよう

コンテンツという言葉は一般的に使用されていますが、その意味や本質をきちんと理解することができているケースは意外と少ないです。

この機会にコンテンツの意味や重要性を改めて見直し、自社メディアの展開に活かしていきましょう。

人気記事