SEO対策の必須ツール、Googleサーチコンソールでできること

SEO

SEO対策に取り組む際は、サイトのアクセス状況を分析し、適切な施策を打ち出していくことが重要です。Googleサーチコンソールはそのための分析ツールとして知られていますが、具体的にどのような情報を得るためのツールなのか、どう活用するべきか正しく理解できているでしょうか。ここでは、Googleサーチコンソールでできること、またその活用方法についてまとめました。

サーチコンソールで分析できること

Googleサーチコンソールとは、検索結果の表示順位やクリック率など、検索エンジンでのWebサイトのパフォーマンスを分析するためのツールです。名前のとおりGoogleより提供されており、略して「サチコ」と呼ばれることもあります。また、以前は「Googleウェブマスターツール」という名称でしたが、2015年5月に名称が変更されました(内容は同じツールです)。

Googleアカウントさえあれば企業・個人を問わず誰でも利用することができ、自分の運営するサイトがどのようなクエリで検索されたのか、また検索順位やページごとの表示回数など、SEO対策に取り組むうえで欠かせない情報を得ることができます。そのため、企業のWeb担当者やマーケターなど、サイトの運営に関わるのであれば必ず導入するべきツールと言えるでしょう。

関連記事:マーケターなら知っておきたい、検索エンジンの仕組みと役割

Googleアナリティクスとの違い

同じようなサイトの分析ツールとして知られているものに、Googleアナリティクスがあります。どちらもGoogleが無償で提供するツールですが、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれのツールでわかることを見てみましょう。

Googleサーチコンソールで分析できること

サイト流入時の検索クエリ
検索クエリごとの表示回数やクリック数、表示順位
Googleからの警告(順位を下げる原因)

Googleアナリティクスで分析できること

Webサイトのアクセス状況(PV数、セッション数、直帰率など)
流入元やSNSからの流入数
ユーザーの属性(地域や利用端末など)
サイト内でのユーザーの行動(回遊など)

ざっくりまとめると、Googleサーチコンソールはどのようなクエリで検索したか、検索クエリごとの表示順位やクリック数など、サイトに流入する際のユーザーの行動を可視化するツールと言えます。

これに対して、GoogleアナリティクスはWebサイト内での回遊状況やページごとのPV数、セッション数、直帰率など、サイト流入後にユーザーがどのような行動をとったかを可視化するためのツールです。

Webサイトのアクセス解析ではPV数やセッション数など流入後のデータが重視されがちですが、Googleサーチコンソールで得られる流入前のデータも同じように重視する必要があります。特に自分のサイトがどのようなワードで検索されているかや、クエリごとの順位などの情報は、SEOに取り組むうえで欠かせないものといえるでしょう。

Googleアナリティクスとの連携手順

サーチコンソールにはGoogleアナリティクスと連携する機能があります。連携することでGoogleアナリティクス上でもサーチコンソールのデータを参照できるようになり効率的に分析できるようになるため、忘れず設定しておきましょう。

連携方法はGoogleアナリティクスの左側にあるメニューから「レポート」→「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」の順でクリックし、メイン画面に表示された「Search Consoleのデータの共有の設定」から設定を行っていきます。

03_アナリティクス連携1.png

そうするとプロパティ設定画面に移行するので、「Search Consoleを調整」→「追加」の順にクリックするとサーチコンソールに登録されているサイトの一覧が表示されます。ここでチェック欄に印を入れて「保存」をクリックすると連携完了です。

03_アナリティクス連携2.png

サーチコンソールでよく使う機能

1.キーワードごとの順位やクリック率などSEO指標の確認

Googleサーチコンソールを使う最も大きな目的は、自分の運営するサイトがどのようなキーワードからの流入が多いかを確認することです。キーワードごとの順位やクリック率などを分析することで、SEO対策の戦略やコンテンツの方向性を決める参考にもなります。また、狙ったワードで集客できているかどうかを適宜確認することで、SEOに関する取り組みを評価し、改善点を探るための指標とすることができます。

2.サイト上のエラー発生箇所を確認

登録しているサイトに問題が発生していないかどうかを確認できるのも、Googleサーチコンソールの重要な役割の一つです。例えばユーザビリティを妨げるような問題が発生していないか、上位表示されなくなるようなペナルティを受けていないかなどを確認することができます。Googleの検索エンジンは、コンテンツの内容以外に、不正なリンクの有無や、ユーザビリティに配慮しているかなどさまざまな視点からサイトを評価しています。サイトにエラーがある場合は当然表示順位にも影響するため、問題が出ていないかを定期的にチェックする必要があります。

3.検索エンジンにサイト構造を伝える

検索エンジンにサイト構造を伝えるためのサイトマップ機能も重要な機能の一つです。一般的に検索エンジンはクローラーと呼ばれる自動プログラムを徘徊させることで、Webページの内容を判断し、表示順位を決定しています。この際、ホームページがどのような構造になっているかをサーチコンソールから検索エンジン側に発信しておくことで、クローラーが徘徊しやすくなるというメリットがあります。特にリンクの構造が複雑なサイトの場合、せっかく頻繁に更新してもクローラーが認識してくれない(もしくは認識に時間がかかる)というケースも起こります。サイトマップの登録はメニューの「サイトマップ」という項目から行えるので、必ずチェックしておきましょう。

サーチコンソールを使う頻度

サーチコンソールはSEO対策に取り組むうえで欠かせないツールですが、必ずしも毎日チェックする必要はありません。具体的にどのような使い方をすればいいのか、チェックするべき頻度を、先に紹介したよく使う機能ごとに見てみましょう。

1.SEO指標の確認は週次や月次で

キーワードごとの表示順位やクリック率のチェックといったSEO指標は、重要なチェック項目ではありますが毎日大きく変動するものではありません。そのため、週ごと、もしくは月ごとに確認している企業が多いようです。毎日変動をつぶさに確認するというよりは、定期的なヘルスチェックのような感覚で、大きな変動が起こっていないかを定期的に確認する使い方がおすすめです。

2.エラー発生箇所はアラートで確認する

Webサイトにエラーが発生してないかどうかをチェックするのもサーチコンソールの重要な機能の一つ。ただこれも、毎日チェックする必要はありません。エラーが発生した場合は、登録メールアドレスにアラートが飛ぶようになっています。そのため日常のルーティンの中では、そのメールを受け取った場合にチェックし、エラーを解消するという考え方でいいでしょう。

3.サイトマップ機能は大規模なサイト改修時に行う

Googleのクローラーにサイト構造を伝えるサイトマップ機能。こちらも重要な機能ではありますが、最近はクローラーの精度が上がっていることもあり、ブログ更新のたびにサイトマップを送る必要はありません。通常は始めてサイトを立ち上げたとき、または大規模なサイト改修を実施した後に送信するという使い方が主になっています。

また、過去にはフェッチアズグーグル(今のURL検査)という「ページを更新作成したらURLをGoogleに伝える」ような機能もありましたが、現在はクローラビリティの向上によって、特に使う必要のない機能となっています。

さらに高度な機能を求める方におすすめのツール

SEO対策に取り組むうえで、さらに高度な分析をしていきたいという方には「Ahrefs(エイチレフス)」「SEMRush(セムラッシュ)」といったツールがおすすめです。Ahrefsはサーチコンソールでも取得できる一般的なSEO指標に加え、競合サイトの被リンクの増減や上位表示ワードなど、競合サイトの情報が確認できるのが大きな特徴です。

03_Ahrefs.png

また、SEMRushはキーワードマッピングやコンテンツ展開に関する機能が充実しており、リスティング広告とSEOを組み合わせて取り組みたい人に適したツールです。いずれも有料ツールですが無料試用期間があります。まずは使ってみて、自分の必要な機能があるかを確認して導入するといいでしょう。

03_sem.png

SEO対策はサーチコンソールの使いこなしがキモ

Webサイトを効果的な集客につなげるうえで重要なSEO対策。サーチコンソールはサイトにユーザーを呼び込む施策を考えるうえで欠かせないツールです。しっかりと使いこなして、上位表示を目指していきましょう。

もっとSEOの実践的なノウハウを学びたい人におすすめのSEOセミナー