サジェスト汚染とは?発生の原因や危険性、万が一の対処法を解説!

SEO

サジェスト汚染とは、Googleなどの検索エンジンの利用時にネガティブな関連キーワードがサジェストに表示されてしまうことです。

サジェスト汚染が起きるとイメージダウンにつながる言葉がサジェストされてしまうため、自社コンテンツを運営する際にいくつかのデメリットを生みます。

そのためサジェスト汚染についての正しい知識と対策方法を知り、自社コンテンツを守っていくことが重要です。

以下からはサジェスト汚染の基本と、どのような対策が考えられるのかをチェックしていきます。

サジェストとは?

そもそもサジェストとは、Google検索やYahoo!検索の利用時に提案されるキーワードのことです。

ユーザーが何かキーワードを検索しようとしたとき、自動で関係する言葉が選び出され、検索窓に表示される機能を指します。

例えば「スマホ」と検索すると、「スマホ 画面」や「スマホ アンドロイド」といった形で、キーワードが後ろに付いて表示されるでしょう。

このメインキーワードに付与される形で提案されるのが、サジェストです。

サジェストをタップやクリックするだけで簡単に複合キーワードによる検索も行えるので、検索機能の利便性を高めています。

一般的にサジェストは、以下の要素によって決定する仕組みになっています。

  • 検索されているキーワード(検索ボリューム)

  • 急上昇キーワード

  • 検索を使用しているユーザーの地域

  • 過去にユーザー自身が検索したキーワード

これらの要因によって、検索時に表示されるサジェストが決まります。

サジェストの詳細については、こちら『検索エンジンのサジェストとは?基本的な仕組みと活用方法を解説!』でも解説しています。

サジェスト汚染とは?

改めてサジェスト汚染とは、検索におけるサジェストにネガティブなキーワードが表示されてしまう現象です。英語ではgoogle bombともいわれます。

サジェスト汚染が起きると、企業、個人、コンテンツにとってマイナス要因となるキーワードが提案されてしまいます。

「〇〇(企業名) ブラック」「〇〇(企業名) 裁判」「〇〇(サービス名) 炎上」などが、サジェスト汚染の一例として挙げられるでしょう。

サジェスト汚染によって表示されるキーワードがネガティブなものに染まってしまうと、多くのユーザーに悪い印象を定着させ、イメージダウンにつながってしまいます。

既に多くの人がインターネット検索を日常的に利用する時代になっているので、サジェスト汚染による影響は軽視できないものとなるでしょう。

サジェスト汚染の原因

サジェスト汚染が起きる原因には、いくつかのパターンが考えられます。

以下からは、サジェスト汚染がどのようにして発生するのかを解説します。

自社コンテンツがネガティブなキーワードと一緒に検索されている

サジェスト汚染が起きている場合、実際にユーザーによって自社コンテンツとネガティブなキーワードが同時に検索されている可能性があります。

表示されるサジェストは検索ボリュームによって左右されるので、多くのユーザーがネガティブなキーワードを検索していると、「ニーズがある」と判断されてしまうのです。

このケースの問題は、例えキーワードが事実無根のものであってもサジェストに表記されてしまう点です。

炎上、裁判、ブラック企業といった情報の事実がないのに、サジェストとしてそういったネガティブキーワードが表示されてしまう場合も考えられます。

意図しない関連性によるサジェスト表記

自社コンテンツの商品名・表記名などによっては、意図しない形でユーザーが検索しているネガティブキーワードとマッチしてしまうこともあります。

例えば自社で「A」という商品を展開していたとき、別の企業の「A」という商品が問題を起こしてしまうと、その検索サジェストがまるで自社のAの商品を指しているように表記されてしまう可能性があります。

オリジナリティのある名称であればこのような事例は起こりませんが、汎用性の高い一般的なキーワードを使用している場合、意図しない関連性からサジェスト汚染の被害を受けるかもしれません。

人為的なサジェスト汚染の可能性

サジェスト汚染の原因には、悪意のある第三者による人為的なケースも考えられます。

一部のユーザーおよび企業が特定のコンテンツを貶めようと考え、ネガティブなキーワードをばらまいている可能性もあるのです。

しかし、Google検索のサジェストはシステム上、少人数が集中的に検索しているキーワードを反映することはありません。

そのため人為的なサジェスト汚染が想定される場合、SNSやブログなどから悪意のある情報が発信され、それに影響を受けた人たちによる検索が原因になっていると考えられます。

サジェスト汚染を放置することの危険性

サジェスト汚染は、ネット社会において少なくない影響を持ちます。

そのまま放置し続けることは、企業にとってのデメリットを大きくする危険性があるでしょう。

以下からは、サジェスト汚染を放置することによる危険性を解説します。

ネガティブな情報は印象に残りやすい

サジェスト汚染によって表示されるネガティブなキーワードは、ユーザーの印象に残りやすい恐れがあります。

仮に自社コンテンツに好意を持っていたユーザーも、ネガティブなキーワードがサジェストに表示された場合、その理由を確かめるためにクリックする可能性が高いです。

その結果、自社コンテンツに対する印象が変わってしまうこともあり得るので、サジェスト汚染における危険度は非常に高いと考えられるでしょう。

また、自社コンテンツにそれほど興味のないユーザーは、サジェストにネガティブなキーワードを見つけた場合、「この企業は〇〇なんだ」とよく調べずに納得してしまう可能性もあります。

真偽に関わらず自社イメージが低下してしまうこともあり得るので、サジェスト汚染の放置は避けるべきだと言えるでしょう。

サジェストがクリックされることで検索ニーズがあると判断される

サジェスト汚染によって表示されるネガティブなキーワードは、多くのユーザーの興味を引いてしまいます。

たくさんのユーザーにサジェストがクリックされることになれば、検索ニーズがあると判断されてより高い順位にキーワードが表記されてしまう可能性もあるでしょう。

するとまた多くのユーザーの目を引いてしまうという負のスパイラルに陥ってしまうので、自社コンテンツに対するネガティブなイメージを払拭するのが難しくなってしまいます。

サジェスト汚染の対処法

もしサジェスト汚染が起きてしまったら、上記のような危険性を排除するためにも早急な対処が求められます。

以下からは、サジェスト汚染が起きた場合の対処法を解説します。

Googleサジェスト削除申請

自社コンテンツがサジェスト汚染されている場合には、検索エンジンを提供しているGoogleに対して「Googleサジェスト削除申請」を行うことができます。

Googleサジェスト削除申請は、専用のフォームから行うことが可能です。

申請時には氏名やメールアドレスのほか、サジェスト汚染に関する情報を詳しく入力する必要があります。

表記されるサジェストが違法だと判断できる理由を記載し、電子署名を行って申請を行いましょう。

その後Googleによる審査が行われ、結果が通知されます。

無事申請が認められれば、サジェスト汚染の問題を解決に導けるでしょう。

インターネットトラブルに対応できる弁護士に依頼する

サジェストの削除申請が通らなかった場合には、弁護士に対応を依頼することも検討されます。

上記のサジェスト削除申請では削除に相当する明確な理由を説明しなければならないため、法律に詳しくないと審査に十分な情報を提供できない場合があるのです。

その点、弁護士は法律のプロという観点からサジェスト汚染の理由を論理的に説明できるので、削除の可能性を高めることができます。

サジェストの削除申請を難しく感じる場合には、弁護士に相談してみることもおすすめです。

サジェスト汚染を発見したら早急な対応を!

サジェスト汚染は、自社コンテンツに多くのデメリットを与える可能性があります。

サジェスト汚染による被害を受ける前に、対処法の確認は重要となるでしょう。

この機会に定期的にサジェストをチェックし、いわれのないキーワードが自社コンテンツと関連づけられていないか確認するのがおすすめです。