1カ月でもっといいライターになるために試したいこと

コンテンツマーケティング

「少し文章が書けるようになってきたけど、短期間でさらにスキルアップしたい」。そう考える駆け出しライターや、「文章を書くのが苦手でどうしたらいいか悩んでいる」というコンテンツ担当者は多いだろう。文書を書くときに少し意識を変えるだけでも、スラスラと書けるようになるものだ。

今回は、コンテンツライティングですぐに試すことができる、「腕を上げるためのTips」を3つご紹介する。

短期間で文章がみるみるうまくなる! 3つのポイント

1.相手に話しかけるように書く

コンテンツマーケティングを実施している会社なら、「対象としているユーザーは誰なのか」というペルソナを設定しているはずだ。ペルソナを設定することは、マーケティングに対してのみならず、文章を書くときにも役立つ。

ペルソナに当てはまる人物像の写真を印刷して、パソコンの横に張り付けてみよう。そして、その人に語りかけるように文章を書いてみるのだ。

パソコンの前に向かって文章を書こうとすると、手が止まってしまうことがあるかもしれない。しかし、目の前にいるお客様に丁寧にアドバイスをしているような気持ちで文章を書けば、書き出しやすいし、文章もうんと読みやすくなるものだ。

2.インタビューの文字起こしをする

インタビュー記事を書こうとすると、文字起こしの作業が必要となる。文字起こしとは、インタビューの際に録音した音声を聞きながらそれを文章にしていく作業だ。

話しているスピードに対して、タイピングの速度が遅いと作業自体に時間がかかるものだが、文章を上達させるためには効果的なので、やったことのないという人はぜひ試してみてほしい。

ここでポイントとなるのは、話すのが得意ではない人の音声を文字起こししてもあまり参考にならないということ。できればプレゼンテーションがうまい営業マンや、自社のセミナーなど「文字起こしをしたらそのまま記事になりそうな高いクオリティー」の音声がいいだろう。

なぜ文字起こしが文章のスキルアップにつながるかというと、文章の型を知ることができるからだ。文章の型とはいいかえると、文章を並べてできた論理的な構造ともいえる。

インタビュー記事を文字起こしすると、「どのような手順で伝えれば相手が理解しやすくなるのか」「どんな表現をするとわかりやすいのか」というのを学ぶことができる。

3.できるだけ具体的に表現する

文章をブラッシュアップする方法として、「さらに具体的に表現する」という方法がある。文章が抽象的だと、読んでいる側は何も役立つ情報を得ることがないと感じ、読むのをやめてしまう。しかし、記事を読みながら相手が何をいっているのかイメージできれば、相手の世界に引き込まれるというわけだ。

文章を具体的に表現するためによく使われる方法として、「数字」を活用するというのがある。「Aを使ったことで、B社の売り上げが伸びた」というよりも、「Aをたった3カ月使っただけで、B社の売り上げが前年の2倍になった」とするだけで、得られる情報が大きく変わるものだ。

文章をさらにわかりやすくするために、修飾語に数字などを用いることを意識してみよう。

目の前のお客様を意識してみよう

クオリティーの高い記事とは、読んでいて相手がいいたいことが頭の中にスッと入ってくる文章だ。そんな伝わりやすい文章を書くためには、今回ご紹介した3つの方法がヒントになればと思う。

読み手を意識し、できるだけ具体的にわかりやすく書いていくことで、確実に「伝わる」文章になるだろう。

参考元: A 28-Day Training Plan for Becoming a Better Writer by Paul Furiga 10 Fast Ways to Become a Better Writer by Sarah Peck

関連記事: そのコンテンツ、クオリティーは大丈夫?公開前に見直すべき8つのポイント 退屈な文章も「輝ける」可能性あり!コンバージョン率を上げる文章を書くテクニック