リライトとは? SEO対策に欠かせないリライトの重要性とその手順

コンテンツマーケティング

WebサイトのSEO対策は色々と考えられますが、そのなかでもリライトは効果的な対策として、多くのWebサイト担当者が取り組んでいるのではないでしょうか? しかしその半面、リライトをしたものの思ったような効果が出ずに検索結果の順位が上がらないケースも少なくありません。SEO対策でリライトが重要なのはわかっているが、どういった方法、手順で行えばわからないといったWebサイト担当者は多いと思います。そこで、今回はSEO対策においてリライトの重要性から、リライトで思ったような結果が出ない理由、成果を上げるための手順や方法についてお伝えします。

SEO対策としてのリライトとは?

リライトの重要性を説明する前にまずはSEO対策としてのリライトとはどういったものなのかについて説明します。そもそもリライトとは、「すでにある文章の書き直しを行うこと」「ある文章を目的に応じて書き直すこと」といった意味を持つ言葉です。そして、SEO対策におけるリライトとは、「すでに公開されているWebサイトの記事やタイトルを加筆修正すること」「特定のキーワードで検索結果の順位を上げ、ユーザーに訪問してもらうために記事やタイトルを書き直すここと」です。

SEO対策におけるリライトの重要性

現在、検索結果の順位を上げるために行うSEO対策はさまざまな方法があります。そのなかでもリライトが重要だと考えられる理由は次のとおりです。

ユーザーに最新の情報を伝えられる

記事の内容にもよりますが、なかには古くなってしまうとほとんど閲覧されなくなってしまう記事も少なくありません。具体的には、「商品に新機能が追加されたのに古い情報しか掲載されていない」「商品の効果を立証するデータが古く参考にならない」などです。そうした記事に新たな情報やデータを追加してリライトすれば、新機能の紹介や最新のデータを求めているユーザーが訪問してくれる可能性が高まります。

また、古い情報のまま更新されていない記事が多いと、このWebサイトには新しい情報がないと判断されてしまうでしょう。そうなってしまうと新しい情報も掲載していたとしても訪問されなくなり、結果として検索結果の順位も下がってしまいます。

よりユーザーにとって有益な記事の提供が可能になる

Webサイトに記事を掲載する最大の目的は、ユーザーに有益な情報を提供し、自社や自社商品に対する信頼感をアップさせることです。しかし、なかなか検索結果の順位が上がらない記事は、もしかするとユーザーにとって有益な記事でない可能性も考えられます。

そこで改めて記事の内容を精査し、「ユーザーにとって有益だと思われる情報を追加する」「わかりにくい表現を修正する」などを行えば、記事の質を高めることが可能です。その結果、ユーザーに有益だと感じてもらえる記事になる可能性も高まるでしょう。

検索結果の順位が高いにもかかわらず訪問されない記事の訪問数を上げられる

SEO対策におけるリライトは、検索結果の順位を上げることが最大の目的だと思っているかたは多いのではないでしょうか。しかし、それは間違いではないものの正解でもありません。なぜなら検索結果の上位に表示されたとしても、実際に訪問して記事を閲覧してもらえなければ意味がないからです。

リライトの最大の目的は、ユーザーが知りたいと思っている情報を、「適切な内容」「適切なタイミング」でユーザーに伝えられるようにすることです。検索結果の上位表示はその手段の一つではありますが、目的ではありません。検索結果の順位が高い時点で、多くのユーザーの目に触れる可能性も高いため、適切なリライトを実施すれば、訪問数が増加する可能性が高まります。

最新のSEO対策に対応可能になる

検索エンジンで検索結果の順位を決めるためのアルゴリズムは常にアップデートを繰り返しています。そのため、最初に記事を公開した得とそれから時間が経った現在では、アルゴリズムが変わっているケースが少なくありません。その結果、公開した時点では最新のSEO対策に対応した記事であっても、現在ではアップデートされてため、順位が下がってしまう可能性も高いでしょう。

そこで、定期的に検索結果の順位を調べ順位が下がってしまった記事を加筆修正すれば、最新のアルゴリズムにも対応可能になります。

 

なぜ、リライトが難しいのか?

SEO対策において、リライトがなぜ重要なのかはご理解いただけたと思います。では、実際にリライトを進めて行こうとなった際、多くのWebサイト担当者の手は止まってしまうのではないでしょうか? なぜならリライトをするといっても、具体的に何をすればよいかがわからないからでしょう。その理由としては、次のような点が考えられます。

ユーザーが求める情報の把握が難しい

前項でも何度か説明したように、リライトはユーザーが求める有益な情報を実現するための方法です。では、ユーザーが求める有益な情報とは一体、どういった情報なのでしょう。そもそも、最初に記事を執筆した際も、ユーザーにとって有益な情報を提供したいと思っていたはずです。

それにもかかわらず、「検索結果の上位に表示されない」「上位表示されてもクリックされない」といった状態では、一体ユーザーが何を求めているのかがわからず、リライトをしようにもできない状態になってしまいます。

どの記事をリライトすればよいのかの選択が難しい

ユーザーが何を求めているのかが把握できないのと同時にもう一つの問題は、どの記事をリライトすればよいのかがわからない点です。まだWebサイトを開設したばかりで記事数もそれほど多くなければ、すべての記事をリライトしてもよいかもしれません。

しかし、すでに100記事以上あるようなWebサイトですべての記事をリライトするのは時間も手間もかかり過ぎてしまうため、現実的ではないでしょう。また、検索結果の順位だけでリライトする記事を決めようにも、順位が低い記事が多過ぎれば、やはりそのなかから適切なものの選択が必要になります。その選択が難しいというのも、リライトが難しいと感じる理由の一つでしょう。

リライトの方法が難しい

ユーザーの求めている情報を把握し、リライトする記事を選択できたとしても、それだけですぐにリライトができるわけではありません。「検索順位を上げるためにはどういった修正が必要なのか」「新たな情報は記事のどの部分に追加すれば読んでもらえるのか」など、考えるべき点はいくつもあります。

つまり、「ユーザーの求める情報の把握」「リライトすべき記事の選択」「具体的なリライトの手順・方法」の3つを理解していないとリライトに取り組んだとしても成果を上げるのは困難です。新しい情報を追加して、検索結果の順位を上げたいキーワードを増やせばいいと思っていたとすれば、それではリライトで成果を上げるのは難しいと知らなければなりません。そのうえで、次項から、実際にリライトで成果を上げるための方法について解説していきます。

リライトの手順

リライトを行い、検索結果の上位表示や閲覧数増加を実現させるには、一定の手順に沿って進めていくのがおすすめです。ここではその基本的な手順について説明します。

1.   リライトを行う記事の選択

まず行うべきはリライトを行う記事の選択です開設して間もない時以外は、すべての記事をリライトするのは容易ではありません。そこで、多くの記事のなかから、リライトすべき記事を選択するポイントを紹介します。

検索順位が高いにもかかわらず訪問数が少ない記事

検索順位が高いにも関わらず訪問数が低い記事は、リライトにより訪問数を増加させられる可能性が高い記事です。検索順位が高い時点で、検索エンジンにはある程度の評価を得ていることになります。それでも訪問数が低い理由は、検索結果に表示される、「記事のタイトル」「記事の概要(descriptionタグ)」に問題があるケースがほとんどです。なぜなら、多くのユーザーは検索結果に表示されるタイトルや概要を参考に訪問する記事を決めるからです。逆にいえばタイトルと概要という修正ポイントが明確なため、リライトに最適な記事といえます。

検索順位が低いにもかかわらず訪問数が多い記事

上記とは逆に検索順位が低いにもかかわらず訪問数が多い記事もリライト対象記事です。こうした記事は、ユーザーの検索キーワードにはマッチしているものの、記事内容に問題があるケースが考えられます。つまり、ユーザーはタイトルや概要を見て、自分の求める答えがありそうと思って訪問するが、思ったような内容でないため、すぐに離脱されてしまうといったケースです。こうした記事も、内容を充実させれば順位も上がり、より多くのユーザーに訪問してもらえる可能性が高いため、リライト対象記事といえるでしょう。

Q&Aサイトや個人ブログで検索結果の上位が占められているキーワードの記事

自社商品にかんする情報や自社がかかわる業界、職種にまつわる情報などの記事で検索結果に上位表示されていない場合、現在上位に表示されている記事をチェックします。仮に上位表示されている記事が、Q&Aサイトの記事や個人のブログ記事で占められていたとすれば、リライトで上位表示される可能性が高い記事だといえます。

検索するユーザー側から見れば、一般的にはQ&Aサイトや個人ブログに比べ、より詳しい情報、公式からの情報を見たいと考えるでしょう。そのため、競合他社やキーワードにかんする官公庁や公式団体のWebサイトが検索結果の上位にないキーワードに関連した記事はリライト対象にすることをおすすめします。

長期間更新していない記事

Webサイトに訪問してもらい、記事を閲覧してもらうためには、自社のWebサイトに掲載されている記事は有益であると信頼してもらう必要があります。1回訪問してそこで信頼できないと思えば二度と訪問はされません。

ユーザーに信頼を得るうえで必要なポイントは3つあります。1つは、「正確で間違いのない情報」。2つめは、「ほかにはない独自性のある情報」。そして3つめが、「最新の情報」です。すでに新たなデータが公開されているのにもかかわらず、古いデータを使った情報を出したままでは、信頼してもらえません。

もちろん、歴史を紹介する記事やすでに廃盤となっている商品のメンテナンスにかんする情報など、更新されず掲載されていることに価値がある記事もあります。そのため、内容を精査したうえで、長期間更新せずに放置している記事はリライト対象とするべきでしょう。

季節需要が見込める記事

季節需要が見込める商品やサービスを扱っている場合、その季節に合わせてリライトを行えば、検索結果の上位に表示される可能性が高まり、訪問確率も向上するでしょう。

例えば、「水着の製造販売を行っている企業で、4月から5月にかけて今年流行りの水着にかんする情報をリライトする」。「スキー、スノーボードを製造販売している企業で、シーズンに合わせてスキー、スノーボードができる最新のスポット情報をリライトする」などが考えられます。

また、それ以外でも、「電機メーカーで、運動会や入学式といったイベントに合わせ、上手な動画の撮影方法記事をリライトする」「旅行会社で、ゴールデンウィークやお正月の旅行シーズンを前に旅行先別の体験談を追記してリライトする」など、季節に応じて需要が高まる記事は、リライトに適した記事だといえるでしょう。

 

2.   リライトのタイミング

公開している記事をすべてリライトするのは手間がかかりすぎ、現実的ではないと説明しました。しかし、上記で紹介した記事をすべてリライトするとなれば、かなりの手間がかかるでしょう。そこで、ポイントとなるのは、リライトのタイミングです。

誰もが知っている大企業のWebサイトや官公庁のWebサイトとなれば、新たな記事更新後、かなり早い段階で検索結果の上位に表示されるのも珍しくありません。しかし、一般的なWebサイトでは、通常3~4か月は時間がかかってしまうことがほとんどです。そのため、季節需要が見込める記事は別として、それ以外の記事は、公開してからの時期を確認したうえで、リライト対象を選択するとよいでしょう。

ただし、検索エンジンに記事がインデックスされるのは、Webサイトによって異なります。自社の記事がどの程度の期間で検索結果に表示されるかを知るには、記事公開から検索結果に表示されるまでの期間を定期的にチェックしておくことが重要です。

 

3.   リライトを行う記事の順番を決める

記事の内容や公開時期を勘案し、リライトを行う記事を絞ったら、次はどの順番でリライトを行っていくかの選定です。選定のポイントは次の2つが挙げられます。


検索結果の順位が2~10位の記事を優先する

検索結果の順位が2~10位。つまり1ページ目に表示される記事を優先してリライトを行います。その理由は、2~10位に表示される記事は、順位が1つでも上がると、訪問される確率が大きく改善されるからです。

2019年、アメリカのSEO専門家、Brian Dean氏が行った調査によると、Googleの検索順位ごとのクリック率は、1位が31.73%、2位が24.71%、3位が18.66%、4位13.60%です。そして、5位以下になるとクリック率は1桁になってしまいます。この結果からも順位が1つ上がるだけで、訪問して記事を読んでもらえる可能性が大きく異なることがわかるでしょう。

そのため、11位以下の記事をリライトするよりも、2~10位の記事を優先的にリライトしたほうが、効率的であり、訪問してもらえる可能性も高まるといえます。


季節需要が見込める記事を優先する

リライトを行う時期にもよりますが、季節需要が見込める記事は、逆にその季節を外してしまうとリライトをしても訪問される可能性は低くなってしまいます。季節需要が見込める記事というのは、その時期にしか読まれない記事ともいえるため、リライトを行う際も優先して進めて行くとよいでしょう。

ただし、注意点として、競合が強いケースや、独自性を出すのが難しいといった場合は必ずしも優先する必要はありません。前年度の検索順位や現在の検索結果上位に表示されるWebサイトを参考に、リライトによって上位表示が見込めると判断できた場合は、優先度を上げるとよいでしょう。

 

リライトでおすすめの方法

記事より公開した時期や検索結果の順位変動などを検討しつつ、リライトする記事を決め、そのなかから優先順位をつけたら実際にリライトを行っていきましょう。ここで、リライトを行っていくうえでおすすめの方法を紹介します。

Google サジェストキーワードを活用する

リライトを行う際、ユーザーが検索で使うようなワードを見つけられると、そのワードを多く入れられるため、ユーザーが求める記事に近づくことが可能です。では、どうすればユーザーが検索で使うようなワードを見つけられるのでしょう。ここで、おすすめなのがGoogleサジェストキーワードの活用です。

Googleサジェストキーワードとは、Googleで検索窓(キーワードを入力する欄)にキーワードを入力すると、入力欄の下に表示されるキーワードをサポートするワードです。ここで表示されるワードは、共起語といって多くのユーザーが一つめに入力したキーワードに続く第2キーワードとして入力するワードになります。

例えば、「パソコン」を検索窓に入力すると、「スクリーンショット」「スクショ」「デスク」「ケース」「教室」といったサジェストワードが表示されます。これらはすべて、「パソコン」について記載された記事に多く出現するキーワードです。逆にいえば、多くのユーザーが求めている情報ということになります。そのため、リライトをする際はこのサジェストキーワードを活用すると、検索結果上位に表示される可能性が高まるでしょう。

そして、より効率的にユーザーがよく利用するキーワードを見つけるためにおすすめの方法なのが、ラッコキーワード(https://related-keywords.com/ )です。

実はサジェストキーワードが表示されるのは、Googleだけではありません。現在、BingやYouTubeのほか、Amazonや楽天といったショッピングモールの検索でもサジェストキーワードが表示されます。ラッコキーワードでは、1回の検索で、これらサジェストキーワードが表示される検索サービスのサジェストワードを一覧で表示できるサービスです。

また、キーワードから得たサジェストワードをさらにクリックすると、2つのキーワードにかんするサジェストワードが表示されます。これを上手く活用すれば、ユーザーが利用するワードがわかるだけではありません。ユーザーが何を求めていて、どういったワードを含めた記事を書けばユーザーにとって有益な記事になるかがわかるようになるでしょう。

どういったユーザーに閲覧してもらいたいかを意識する

例えば、「キャンプのやり方」を知りたいユーザーというのは、キャンプ初心者である可能性が高いといえます。また、「初めての」「基本」「入門」といったキーワードを使って検索するユーザーもやはり、これから詳しく知りたいと考えているユーザーだと考えて間違いありません。

キャンプ初心者向けの記事をリライトする際のポイントは、「できるだけ専門用語を使わない」「これからキャンプを始めたい人が興味を持つ内容にする」などが挙げられます。逆にキャンプ上級者向けにグッズの紹介をする記事を書く場合は、キャンプの基礎知識のような内容はできるだけ省くようにしなくてはなりません。キャンプ上級者は、新しいグッズに興味があるのであり、いまさらキャンプの基礎知識が書かれていても、読み飛ばされるか離脱されてしまうでしょう。

このように検索する人により、同じキャンプ情報でも求めるものは大きく異なります。そのため、すべての人に見てもらいたいと思ってリライトすると、かえって誰も求めていない記事になってしまう可能性があるのです。もちろん、記事の内容にもよりますが、どういったユーザーに閲覧してもらいたいのかを明確にしたうえでリライトすることが重要といえるでしょう。

第三者に記事を読んでもらう

リライトをしている本人は、意味が伝わるはずだと考えているはずです。また同じ会社で働く人間も自分たちの仕事にかかわる記事であれば、なんとなく読めて意味もわかるケースが多いでしょう。これでは、本当に自分たちのことをまったく知らないユーザーに伝わる記事になっているかどうかがわかりません。そこで、できるだけ利害関係のない段三者に記事を読んでもらえば、意味が伝わりにくい部分、読みづらい部分があれば指摘してもらい、その部分を中心にリライトを行います。

ユーザーの検索意図を読み取る

「単純に情報を追加する」「新しい情報と差し替える」といった方法を闇雲に行っても検索結果の順位が上がるとはいえません。これまで、何度も説明してきたように、ユーザーは、自分が求めている情報が掲載されているかどうかで、訪問するかを決定します。そのため、どんなに情報量が多くても、新しい情報であっても、それが求めているものでなければ、訪問はされません。仮に訪問されたとしてもすぐに離脱してしまうでしょう。

ユーザーに有益だと思ってもらうには、ユーザーが求めているものが何かを把握したうえでリライトを行わなくてはなりません。それを知る方法としておすすめなのは、自分たちが上位表示を狙っているキーワードで、現在上位に表示されている記事のチェックです。

できれば検索結果の1ページ目に表示されている記事は目を通し、自分たちの記事と比較してみましょう。どういった情報が必要なのか、どういった視点での記事が必要なのかが見えてきます。

ほかに、Q&Aサイトのチェックもおすすめです。自社が属する業界や提供している商品、サービスにかんしてどういった質問が多いのかを見ると、ユーザーは何を求めているのかが把握できようになるでしょう。また、Q&Aサイトで同じような質問が多いということは、ユーザーが通常の検索では答えが見つけられなかったと考えられます。そのため、リライトを行う際は、そうしたユーザーが抱える課題を解決するような情報を追加していくと、検索結果上位表示はもちろん、訪問される確率も向上します。

競合サイトと内容が被ってしまわないかに注意する

リライトを行っていくうちに自然と競合サイトと内容が被ってしまうケースは少なくありません。もちろん、同じキーワードを基にした記事を書くため、似通ってしまうのは当たり前ともいえます。しかし、ほとんど同じ内容になってしまうと、仮にユーザーが2つの記事を続けて見た場合、真似しているだけではないかと感じ、信頼感を失ってしまう可能性があります。また、検索エンジンからもコピーコンテンツと判断され検索順位が落ちてしまうリスクもあるでしょう。さらには競合サイトから著作権侵害を指摘されてしまうケースも考えられます。

これを避けるためには、上述したサジェストキーワードを深堀したり、競合サイトの記事を何度も読み返してみたりしましょう。そのうえでほかでは使っていない情報やワードを自分の言葉で盛り込むようにすれば、被りもなくなります。

 

忘れてはならないリライト後の効果検証

リライトを行ったらそれで終わりではありません。もっとも重要なのはリライト後の効果検証です。リライトした記事が実際に検索結果で以前よりも上位に表示されているのか、訪問数は増加しているのかを検証しないとリライトを行った意味がありません。

リライトを行ううえで大きなメリットとして、新規に記事を作成して公開するよりも早期に結果が出やすいことが挙げられます。上述したように新規に公開した記事はWebサイトにもよりもますが、検索結果に反映されるまでに数か月かかってしまうケースも少なくありません。しかし、リライトはすでに検索エンジンにインデックスされている記事に対して行います。そのため、新規記事よりも早く成果が表れるのです。

イノーバでは通常、2週間程度で順位変動が起こると想定し、2週間間隔で順位測定を行っています。リライトを行ったら2週間をめどに順位測定を行い、その結果を見てさらにリライトをする、そのままで経過を見るとった判断を行いましょう。

 

リライトで成果を上げるにはどの記事を対象にするのかの選択がポイント

今回、紹介したようにやみくもにリライトをしても成果を上げるのは難しいでしょう。リライトをしたものの、成果が出ない理由の多くは、「どの記事をリライトすべきかの選択肢が明確ではない」「どうリライトすべきかがわからない」。この2点です。

そのため、リライトで成果を出すポイントは、まずどの記事を対象にすべきなのかの明確化であり、何を基準にリライトを行っていくかをのルールつくりです。そのための方法について、この記事を参考にリライトを行っていくことをおすすめします。