We need Sheryl. 「うちにもシェリルがいたらなぁ」

経営・ビジネスハック

ちょっと、小ネタをご紹介。

最近、シリコンバレーのスタートアップ経営者の間で良く使われる言葉があるそうです。

We need Sheryl.
“うちもシェリル欲しいなあ。”

シェリルというのは、FacebookのCOOシェリルサンドバーグ。Google時代の経験を活かして、Facebookのマネタイズを強力に推し進め、Facebook上場を実現した人物です。Lean Inという本を出して来日講演もしたので、知っている人も多いでしょう。

シリコンバレーでは、technical founderといって、エンジニアバックグランドのある人が会社を立ち上げ、CEOを勤める事が多いです。Facebookのマーク・ザッカーバーグが良い例ですよね。

エンジニア社長は、技術には強いし優れた製品を作る。しかし課題があります。製品をビジネスとしてスケールさせるのが弱いのです。せっかく良いものを作っても、営業やマーケティングが苦手。そこで、必要になるのが、ビジネスに強い共同経営者という訳です。

We need Sheryl.
うちもシェリル欲しいなあ。

一方、日本はどうか?

個人的な感覚では、technical founderが圧倒的に不足していると思っています。エンジニアは、有名企業で働くのが好きで、スタートアップに興味を持っているのは、まだまだ少数という印象です。

日本では、We need Sherylではなくて、
We need Mark Zuckerberg.ですね。

エンジニアよ、大志を抱け!

という事で、起業に興味のあるエンジニア人向けに、勉強会を開催しました。

第1回は、定員30名に対して、なんと50名の応募!20名がキャンセル待ちという大盛況ぶり。

せっかくなので、今、別日程でもう1回開催しようとしています。近日アナウンスするので、お楽しみに。

<参考>
Marc Andreessen On Courageous Entrepreneurs