ユーザー参加型マーケティングが強力な理由を、ユニークな事例から学ぼう!

デジタルマーケティング

ユーザー参加型コンテンツ(User-Generated Content:UGC)とは、ユーザーによって作られたコンテンツのこと。ソーシャルメディアへ投稿された記事や画像、動画、商品レビュー、さらにはフォーラムへの書き込みなども含まれる。

例えば、あなたがFacebookに投稿した行きつけのファミレスで撮った料理の写真は、ユーザー参加型コンテンツになる。お気に入りのファッションブランドについてのツイートもそうだ。SNSで目にするもののほとんどは、ユーザー参加型コンテンツと言っていいだろう。

コンテンツがユーザーによって自主的に作られ、自動的に増えていく仕組みは時間も予算も限られた企業にとってはありがたいこと。しかも、このようなコンテンツは全て消費者による意見や体験談なので、とても強力だ。

そこに気づいた企業は、商品やサービスを使用したユーザーに、代弁者つまりリアルなストーリーテラーとしてマーケティングに参加してもらう試みを始めた。そして、次々に成功事例も出ている。

まずは、企業がユーザー参加型マーケティングを取り入れるべき理由を、具体的に見ていこう。

ユーザー参加型マーケティングを取り入れるメリット

企業がユーザー参加型マーケティングを検討すべき理由は複数あるが、その中でも特に強調したいものが二つある。

一つ目は、見込み客に提供できる情報の質だ。企業はユーザー参加型コンテンツを通して、商品やサービスの詳しい情報を伝えたり、購入の決断を促したりすることが可能だ。見込み客はそういったユーザー提供の情報の中から、自分と同じ悩みや好み、意見を持つ人を見つけて、参考にできるというわけだ。

二つ目は、情報に対してのお客さんからの信頼度の高さだ。レビューなど、他人の意見を参考にして購入を決める人が多いことは、皆さんもご存知のとおりだ。多くのユーザーは、宣伝・広告から得られる情報や、企業のサイトに掲載されている情報よりも、ユーザー参加型コンテンツを信用しているという調査結果も複数存在する。

言い換えれば、ユーザーの手によって作られたコンテンツの人気度は、かなり高いということ。楽しめるものも多いので、公式サイトへのトラフィック、ブランド認知、コンバージョン率の向上を期待できるだろう。

また、ユーザー参加型コンテンツを注意深く観察することは、企業にとってターゲットオーディエンスを知るための良い機会にもなる。お客さんの意見に耳を傾けるのは、マーケティングの基本。ユーザー参加型コンテンツは、貴重なデータの宝庫でもあるのだ。

ユーザー参加型マーケティングの事例その1:Warby Parker

user-generated-content-campaigns_3.png“協創”がキーワード!企業とお客さんの信頼関係を作るコンテンツマーケティングのコツ!