オウンドメディアとポータル依存からの脱却

BtoC サービス業 ネイルサロン

イノーバを選んでいただいた背景

A社は都内を中心に若い女性をターゲットにしたネイルサロンを複数展開しています。外部のサロン検索・予約サイトや広告を活用して来客を促進し、店舗数を拡大してきましたが、ここ数年は新店舗開店時の集客に以前ほどの勢いがなくなってきており、出店ペースの見直しの検討に迫られている状況でした。

外部のサロン検索・予約サイトや広告に頼らずに、トレンドに敏感な若い女性を惹きつけるために、マーケティングリーダーのBさんは解決策を模索していました。従来より取り組んでいるチラシやDMとは別にあらたな施策が必要と考えており、オウンドメディア(コンテンツマーケティング)を通じた集・参・追客の仕組みを提唱するイノーバにたどり着きました。

イノーバのアプローチ

<集客>

Cloud CMO(クラウド・シーエムオー)によるオウンドメディアの開設とSEOコンテンツによる見込み顧客の獲得

イノーバのマーケティングオートメーション・ツール「Cloud CMO」のテンプレートを活用してオウンドメディアを短期間で開設し、その後、SEOを意識した若い女性向けの記事、ネイリストの技術、日頃のネイルの手入れに関する情報を発信していきました。

対策KW:地域、ジェル、ネイリスト、キャリア、専門知識、季節、ササクレ

<参・追客>

Cloud CMOを活用した応募フォームとメールマガジン送信

また、「Cloud CMO」が備えるメール機能を使って来店した顧客に対してフォローメールを送り、ファン化・口コミ増加、リピーター増加に成功。そして、新店舗の開店時期が近づくと、新店舗のキャンペーン情報を発信しました。

成果

オウンドメディアの開設から3ヶ月たったころから、SEO対策KWの順位がトップページに表示されるようになり、またブログ記事のSNSでのシェアも増え、メディア訪問者数が伸びてきました。2年前のオウンドメディアの開設からA社はあらたに4店舗を開店していますが、最近では、オープン直後は予約困難な状況が続いています。B社は今後も、見込み客のオウンドメディアを使った”集客”を起点に、定期メールマガジンを活用した新店舗への呼び込みの取り組みを強化していくことを決定しています。

オウンドメディアと展示会集客

BtoB 製造業 化学、素材

イノーバを選んでいただいた背景

C社は10年ほど前から毎年春と秋の商品展示会にそれぞれ200万円の費用をかけて出展しており、当社にとって、展示会は重要な商談機会の役割を担っておりました。しかしながら、5年ほど前よりB社ブースへの来場者が僅かながら減り続けており、また特に新規のお客様の来場が減っており、結果、以前ほど展示会での商談創出ができない状況になっておりました。

会社の上層部からは展示会の出展をそろそろ減らしたほうがいいのではという意見も出始めておりましたが、当社マーケティング部マネージャーのS氏は展示会に来場するお客様の顧客化比率は比較的高く、ふたたびB社ブースへの来場者を増やすことができれば展示会は、B社にとって今後も有効な商談創出の場として機能するはずだと考えました。

展示会への来場者の再活性化戦略を検討するにあたり、S氏はWebをもっと上手に活用したいと考え、オウンドメディア(コンテンツマーケティング)を通じた集・参・追客の仕組みを提唱するイノーバにたどり着きました。

イノーバのアプローチ

<集客>

Cloud CMOによるオウンドメディアの開設とSEOコンテンツによる見込み顧客の獲得

イノーバのマーケティングオートメーション・ツール「Cloud CMO」のCMS(コンテンツ管理システム)機能を使って、SEOを意識した素材にまつわる素材業界の時事ネタをあつかった記事や、用語解説の記事、素材利用の事例をウェブに公開しました。

<参・追客>

Cloud CMOを活用した応募フォームとメールマガジン送信

また、「 Cloud CMO」が備えるWebフォーム機能を使って資料請求フォームを作成しました。このフォーム経由で問い合わせをした見込み顧客について、お役立ち情報の提供や、展示会での出展予定内容などを定期メールマガジンの送付をおこない、展示会来場への興味を喚起し続けました。

成果

オウンドメディアの開設から3ヶ月たったころから、新規のメールマガジン登録者が増えはじめ2015年秋、2016年春、2016年秋各回の展示会では前回比、2倍のペースでB社ブースへの来場者が増え続けており、商談受注件数も伸びています。B社は今後も、見込み客のオウンドメディアを使った”集客”を起点に、定期メールマガジンを活用した展示会へ呼び込み/商談化の取り組みを強化していくことを決定しています。

イノーバが提案するオウンドメディア構築支援サービスの導入事例はこちらから