スマートデバイスを使った「オーダーメイド」でリアルをもっと面白く

デジタルマーケティング

ユニクロやアディダスが展開する、新しい形のオーダーメイドが話題となっている。

ファーストリテイリングが運営するカジュアル衣料チェーン「ユニクロ」は、消費者がオリジナルのTシャツをデザインできるサービスを提供し、アディダスはオリジナルのスニーカーを作成できるサービスを、2014年夏に開始する。

消費者自らが創作したオリジナルのTシャツをオーダーできるサービスは、今に始まったことではない。

ユニクロやアディダスが提供するオーダーメイドサービスの特徴は、我々に身近になったスマホアプリやSNSとの連動にある。

ユニクロ:スマホアプリでTシャツをデザイン

ユニクロは、アプリを使ってTシャツをデザインできる新サービス「UT Me」を導入した。

このサービスの特徴は、スマホやタブレットにダウンロードされたユニクロのアプリを使って、気軽にテキストやグラフィックを制作することができることだ。

完成したデザインは、好みのサイズのTシャツにプリントされる。

アディダス:人気の写真SNSでスニーカーをオーダーメイド

一方アディダスも、ユニクロ同様、新しいオーダーメイドサービスを試みている。

アディダスが公式サイトで明らかにしたところによると、Instagram上の写真をアディダスの最新のスニーカー「adidas ZX Flux」にプリントして、自分だけのオリジナルスニーカーを作成できるサービスを始めるという。

このサービス「miadidas」は、iPhoneおよびAndroidから利用でき、2014年8月のリリースが予定されている。

アプリ、SNSとの連動

繰り返しになるが、カスタマイズサービス自体は特に新しいわけではない。ナイキやプーマも過去にカスタマイズのサービスを展開したことがある。

しかし、アディダスが一線を画するのは、世界中で人気のソーシャルメディアと連動し、ネットとリアルの連動した取り組みを実現したことにある。

Instagramは言わずと知れた人気写真ソーシャルメディアだ。筆者もInstagramユーザーだが、なにげなく撮ったものが良い感じで加工され、それをシェアできるので重宝している。

サービスが開始されれば、ネット上に保管し、シェアしたお気に入りの一枚が、実際に身に付けるデザインとなりリアルの世界でもシェアできる、というわけだ。

まとめ

ここ最近、スマホやSNSと連動したオリジナル・アイテムのオーダーサービスが急速に普及してきている。ユニクロやアディダスにかぎらず、近い将来他のブランドも続々参入することになるだろう。

「ネットはネット」でとどまらず、「ネットを使ってリアルをより面白く」という柔軟な発想が、今度さらに重要となるだろう。

参考元: ユニクロ、自分でTシャツがデザインできるアプリ Adidas to Customize Shoes With Instagram Photos adidas Originals ZX FLUX- Limitless Possibilities with miadidas

関連記事: 暮らしを便利にするアプリでコンテンツマーケティングを成功に導く方法 小売、飲食業界の新常識!マーケターが知っておくべき、5つのモバイルトレンドとアプリを活用した最新事例