コンテンツ制作を外注してコンテンツマーケティング持続しよう!

コンテンツマーケティング

サステナブル(sustainable)とは、英語で「持続可能な」という意味である。コンテンツマーケティングは、地道で長丁場の活動である。最初のうちは、集客やアクセス数が増えて右肩上がりの成果をもたらすが、ある時期から「思ったほど伸びない」という事態に直面して悩む担当者もいることだろう。

では、コンテンツを作って成果を維持していくには、どのようにしていけばよいのだろうか?

行き詰まる自社内でのコンテンツ作成

自社内でコンテンツマーケティングの専門部署を立ち上げ、コンテンツを企画・作成していくと、最初のうちは手応えのあるアクセス数やマーケティングの効果が得られる。しかし、しだいに社内スタッフだけではコンテンツのテーマや内容がワンパターンになりかねない。それがアクセス数の減少を伴えば、社内スタッフの意気込みが低下し、その後の対策に苦慮することになる。

マーケティング効果が下降線をたどり始める兆候は、部署内に行き詰まりの雰囲気が漂ってきたときである。このような状況になってきたら、打開策に乗り出さなければならない。

常套手段は専門家による寄稿やコンテンツ制作の外注

自社内で作成するコンテンツの質は、執筆を担当するスタッフの知識量や企画力に依存する。立ち上げて間もない頃は、担当スタッフが自前の専門知識を生かして定期的に情報発信することができるだろう。問題は、しだいに話題が枯渇してしまい、コンテンツの質が低下することである。

このようなときの打開策としては、外部の専門家に寄稿してもらう、記事執筆を専門に扱う会社にアウトソーシングするという方法がある。外注するだけに相応のコストはかかるが、検討してみる価値はあるだろう。

寄稿やアウトソーシングによるコンテンツは専門性が高く、品質も保たれる。執筆方針と企画立案さえきちんと打ち合わせておけば、マーケティングに一定の効果をもたらすコンテンツを納品してもらえるだろう。

ソーシャルメディアを活性化して関心度を維持

コンテンツの質を高めるだけでは、単なる一方的な情報発信に過ぎない。もうひと工夫して、マーケティング効果の持続性を高めたいところである。

効果を維持させる方法として、ソーシャルメディアでの活動がある。Facebookあるいは自社サイト内で開設しているコミュニティなどで、コンテンツの感想を書いてもらう、商品に対する要望を聞くといった、双方向性のある活動をしていくことは有意義である。寄せられたコメントを分析することで、新たなコンテンツ企画の糸口もつかめる。

外注したコンテンツに対して、寄稿者自身が直接コメントするのもよいだろう。顧客との親睦を深められ、自社の目指すブランドイメージを高められる。コミュニティ内に定着してくれる人が増えれば、新たな情報発信者として活動してくれるかもしれない。そうすれば、マーケティング戦略に一定の成果をもたらすだろう。

ソーシャルメディアと連動させた活動は、マーケティングの持続性を高めるうえで非常に有益である。

クラウドソーシングを使った人材の確保

コンテンツの外注やソーシャルメディアでの活動も、やがて持続力が衰えてくることがある。外注によるコンテンツは、質は高いものの視野が限られるといったケースもあるため、気をつけていないと新鮮味が欠けてくる可能性がある。また、ソーシャルメディアでの活動も、ワンパターンになると人が去ってしまう恐れがある。

これを打開する方法が、クラウドソーシングの活用である。クラウドソーシングでは多彩な人材が登録しており、それぞれの得意技を活かした仕事を請け負っている。クラウドソーシングでコンテンツの作成を委託すると、専門家とはまたひと味違ったコンテンツを得られる可能性がある。また、自社マーケティング戦略のアイデアを求めると、自社内では思いつかなかった名案を手に入れられる場合もある。

クラウドソーシングにはこうしたメリットももちろんあるが、実は人材確保というメリットもある。長期的なパートナーとして活動をともにしてくれる人に巡り合える可能性があるというのが、隠れた大きなメリットである。

日本でもクラウドソーシング事業が活発になってきている。新たな外注手段のひとつとして、選択肢に入れておくとよいだろう。

人の力を借りるのが持続への秘訣

持続的な効果をもたらすコンテンツマーケティングを目指す場合には、部署内だけですべてをこなそうとするのは難しい。そうしたとき、外部の人の力を借りていくのが有効だ。

コンテンツ作成のための様々な手段とノウハウを構築していけば、持続可能なコンテンツマーケティングへの道筋が見えてくるだろう。