コンテンツマーケティング成功のため欠かせない3つの要素とは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを行うことで、検索結果の順位を上げることはできるかもしれない。

しかし、コンテンツの中身が薄いと、ユーザーの心をつかむことはできない。小手先だけではなく、コンテンツマーケティングに真摯(しんし)に取り組み、成功させたいと考えているのなら、今回ご紹介する3つの要素が必要となる。

さっそく、それらの重要なファクターを見ていこう。

コンテンツマーケティングに必要な3つの要素

1.ブランド

マーケティングの中でも、ブランディングの重要性が高いことをご存知の方も多いだろう。同じような企業がごまんとある中で、消費者にその会社の商品やサービスが選ばれるか否かは、最終的にブランド力の違いによるからだ。

ブランドというと、シャネルやルイ・ヴィトンなどの一流ブランドをイメージする人もいるかもしれない。しかし、そうしたブランドがすべてではない。企業の大きさに関わらず、ブランドイメージを確立させ、マーケティングを行うことで、戦略を持って市場に乗り出すことができるのだ。

ブランドとは、言葉を変えれば「自社のこだわり」であり、「自社にしかできないこと」を最大限にアピールするツールである。そこが明確になることで、ターゲットに響く魅力的なブランドとなるわけだ。

コンテンツマーケティングにも、自社のブランドをうまく反映させられているか、もう一度見直してみよう。

記事のジャンルからコンテンツの内容まで、ブランドを意識して練られていることで、コンテンツマーケティングの効果を最大限に発揮することができるだろう。

2.専門家

コンテンツマーケティングの最大のポイントは、価値の高いコンテンツを投稿できているかどうかにある。「興味深い記事だな」と読み手の心をつかむことができれば、作戦成功と言える。

しかし、どこにでもありそうな記事を載せていれば、「こんなもんか」と思われて、再訪してもらえないのがオチだろう。

コンテンツを投稿する側は、「専門家」のプライドを持って執筆していく必要がある。「私が専門家だなんて、とんでもない」と思うのかもしれないが、その業界にいれば、現場にいるからこそ得られた知識があるはずだ。

そのような体験から得られたリアルな記事こそが、ユーザーから求められているのだ。

記事を書くのが苦手で、執筆にあてる時間もないのなら、専門家に記事の執筆を依頼する手もある。費用は少し高くつくかもしれないが、一度書いてもらえば、基本的にその記事は自社のコンテンツとして長く読まれるものとなる。

さしたる考えなしに広告にお金を費やすよりは、よっぽどいいはずだ。

3.SNS

おもしろい記事や興味深い記事は、ふと誰かとシェアしたくなるものだ。

そのときに活躍するのが、FacebookやTwitterなどのSNSだ。記事の上と下には、ワンクリックでシェアができるように、わかりやすくボタンがついているだろうか?

SNSで記事が拡散されることで、検索エンジンからの誘導では起こりえなかった、膨大な数のアクセス数を一気に集められるチャンスがある。

SNSで新着記事を告知するのを忘れてはいけない。もし、まだ自社のアカウントを持っていないのなら、今すぐ開設しよう。

3つの要素がすべて必要

いかがだっただろうか?

コンテンツマーケティングの成功には、「ブランド」「専門家」「SNS」の3つの要素が必要となる。

この3つがそれぞれ力を発揮したとき、コンテンツマーケティングが機能し始める。そのことを忘れずに、何度も調整を加えながら、成功への階段を上がっていきたいものだ。

参考元:
Brand, Expert, and Social Content — Successful Content Marketing Needs All Three by Roger Katz
Why Brand Building Is Important by Scott Goodson.