マーケティング戦略設計の流れ

マーケティング戦略設計の流れ
ゴールの設定
ゴールの設定

1. ゴールの設定

コンテンツディレクターが貴社の課題をヒアリング。目指すべきゴールを設定します。

環境分析
環境分析

2. 環境分析

業界・市場の動向や競合の取り組みから、貴社の強み弱みまでを分析。現状を把握して、コンテンツ設計の基礎を構築します。

ペルソナ設定
ペルソナ設定

3. ペルソナ設定

自社の製品やサービスを買ってほしい顧客像「ペルソナ」を設計します。コンテンツマーティングを通して、情報を届けたいターゲットは誰なのかを明確にすることで、ブレのない情報発信を可能とします。

コンテンツ設計
コンテンツ設計

4. コンテンツ設計

潜在顧客が、さまざまな体験を通して購買に至るまでのプロセスに応じて、最適なコンテンツを設計します。どのタイミングでどんなコンテンツを発信するか、計画を立てます。

運用体制構築
運用体制構築

5. 運用体制構築

コンテンツマーケティングは長期にわたり継続することが前提の施策です。貴社の社内でコンテンツを制作することが難しい場合は、経験豊富な1500人のライターネットワークをいかして運用チームを組み、継続的にコンテンツを発信する体制づくりをサポートします。

KPI設定・効果測定
KPI設定・効果測定

6. KPI設定・効果測定

マーケティング目的の達成にどう貢献したのか、コンバージョン率や費用対効果などのKPIを設定し、効果を測定します。