ストーリーマーケティングで共感を集めよう!購入につながるストーリーを作る5つのポイント

コンテンツマーケティング

ストーリーマーケティングで、お客様から共感を集めるコンテンツを制作するには、「伝え方」のテクニックが必要と言われている。

では実際、どのような点に注意し、ストーリーを組み立てていったらよいのだろう。今回は、購入につながるストーリーを作るため、ポイントを5つまとめてご紹介しよう。

ストーリーマーケティング5つのポイント

1.誰に何を伝えたいのか

まずは、ストーリーで誰に何を伝えたいのかを明確にしよう。初めに、「誰に」という部分。くどいようだか、読み手を意識しなければ、読み手から共感を得るストーリーを作るのは難しい。ここでいったん読者像を設定したら、その相手に伝えることを意識して書いていこう。

次に、長くなりすぎてもいいので、ストーリーで伝えたいポイントを、時系列にして書き出そう。できれば1人で行うのではなく、複数人でアイデアを出しながら進めるといいだろう。人によって、よいと感じるストーリーのポイントは異なる。

お客様がストーリーを読んだときに共感してもらうためには、どのポイントを強調して伝えるべきなのかを考えていこう。

2. ブランディングを意識する

ストーリーを読むことで、どんなブランドイメージを抱かせたいのか考えてみよう。ブランドイメージにあわないストーリーは、逆効果になってしまう。あくまで、ストーリーを読むことで、そのブランドが際立つようなストーリー設計をしていこう。

もし、ブランディングが明確になっていないのなら、まずはそこから練り直す必要がある。「自社のブランドとは何か?」が浮き彫りになることで、それを支えるストーリーを書くことができるからだ。

3.参考にしたいストーリーを探す

共感を集めるストーリーを書くためには、まずは自分自身がストーリーによって心を動かされた経験を思い出してみよう。そうした経験がすぐに思い当たらなければ、競合のサイトでも、全く関係ないジャンルでもいいので、企業紹介ページなどにあるストーリーを読んでみよう。

共感できるストーリーを見つけたら、「どのポイントがいいと感じたのか」を明確にしておこう。そのヒントが、自社のストーリーを作るうえで役立つからだ。

4.ストーリーに魂を込める

ただ時系列に、起こった出来事を並べるだけのストーリーではつまらない。それよりも、例えば、「のちに創業者となる主人公が、汗水たらしながら山を越え、谷を越えるストーリー」のほうが読み応えがある。

ストーリーというその名のとおり、「物語」として面白いものでなければいけない。もととなるストーリーに、主人公の感情などをどれだけ肉付けしてストーリーを盛り上げられるか、にかかっているのだ。

5.余計な部分を切り捨てる

ストーリーは長いほどいいわけではない。長すぎるために、読者が途中で読むのをやめてしまうかもしれない。そうならないようにするためには、「寄り道」となっている部分は思い切ってカットしよう。

余計なものをそぎ落とすことで、本当に伝えたいことに磨きがかかり、全体がブラッシュアップされる。

切り捨てる部分も1人で決めるのではなく、複数の人に読んでもらい、意見を集めるのがいいだろう。

ストーリーマーケティングで共感を集めよう

ストーリーマーケティングは、お客様から共感を集めるのに役に立つ。

今回ご紹介した5つのポイントを意識しながらストーリーを作っていくことで、お客様の心をつかむことができるだろう。

ゆっくりと時間をかけて、ストーリーマーケティングに取り組んでいきたいものだ。

参考元:
Master This Storytelling Technique to Create an Irresistible Content Series – Copyblogger by Demian Farnworth
15 Storytelling Techniques for Amazing Brand Story By Helen Nesterenko