退屈な文章も「輝ける」可能性あり!コンバージョン率を上げる文章を書くテクニック

コンテンツマーケティング

コンテンツライターは、ただ文章を書けばよいというものではない。コンテンツライターの仕事は、潜在的または既存の顧客と関わり合うために、効果的なコンテンツを作成することだ。

いわば、顧客を獲得するためのセールスパーソンといえる。実際の買い物でも、退屈なセールスパーソンからは購買欲はさほど起きないが、話巧みなセールスパーソンに出会って、つい必要ないものまで買ってしまったという経験は、誰にでもあるだろう。

退屈で無難な文章を書いていては、コンバージョン率を上げることができない。魅力的なセールスパーソンになるために必要なのは、「輝く」ことだ。

そこで、キラキラした「輝ける」文章を書くためのコツを紹介しよう。

1.無難で退屈な文章からの脱却

例えば、自動音声のような感情の見えない、当たり障りのない返答しかしない人と会話をしたいと思うだろうか? 人と関わり合いを持つには、気持ちがこもっていることが大事だ。そして、文章を読みやすくする必要がある。まずは、そのための3つのポイントだ。

  • 1つの段落を長くしすぎない

  • 表現に受動態を使わない

  • 文章を複雑にしすぎない

読む人のことを考えて、ひとつの段落は100~150文字程度に抑える。その中でポイントを明確にする。だらだら書いていては、読者に言いたいことが伝わらない。だが、全ての段落を同じ長さにまとめる必要はない。強調したいときは1行にしてスタンドアウトさせるなど、大事なことは、全体を通して単調にしないことだ。

受身の表現は回りくどく、言いたいことが伝わらない。無難な印象を与えてしまうことになる。

正確に伝えるために語彙(ごい)が多いのはいいことだが、文章を複雑にしては読者がついてこられない。漢字を使いすぎず、わかりやすい言葉を使い、省略するのではなく、文章を短く簡潔にまとめるのがよい。

2.文章で顧客をエンゲージする

文章を輝かせるコツは、文書をシンプルにすることだ。会話で使うような不必要な言い回し・冗長な表現は、文章の中からそぎ落とそう。文章を推敲(すいこう)して磨き上げることが、話し上手な文章への近道だ。その際には、下記のことに気をつけたい。

  • 当たり前のことを言わない

  • 読者に質問を投げかける

  • 一般論とせずに、「あなたは」といった言葉を使う

「あなた」と読者自身を限定する単語や、読者への質問は、文章への関心を高めることができる。

そして、サイトを訪れる読者は、何らかのイメージをすでに持っていると考えたほうがよい。読者の悩みに共感し、それを解決する方向に誘導しよう。結果的にコンバージョン率を上げることにつながる。

3.読者のイマジネーションを膨らませる言葉を使う

コンテンツライターとしての仕事は、文章で読者に刺激を与えたり、驚嘆させたりすることだ。読者により具体的なイメージを与えるために、知覚や感情を表す言葉を上手に織り込もう。

例えば、「匂い」について「よい香りがする」と表現するよりも、「森林の香り」「アロマの香り」と具体的にイメージできるものがよい。ただ、形容詞は使いすぎないのがポイントだ。「あっさりしていて、すっきりした、さわやかで懐かしい味」などと長すぎると、かえって伝わりにくい。

伝えるイメージは、より具体的にすることも大事だ。細い女性とするより、痩せた女性とするほうが、より具体的にイメージできる。「薄い髪」のように印象がネガティブになる場合は「細い髪」といったポジティブな表現を使うとよい。

そして、シミリ(直喩)やメタファー(隠喩)を活用することだ。「とても簡単、原始人でもできる!」など、メタファーは効果的に使えば非常に印象的な文章になる。ただ、比喩があまりに大げさだったり馬鹿げていたりすると、逆に読者が離れていくので注意が必要だ。

語彙(ごい)を増やすために、用語辞典を活用するのもよい。とはいえ、バリエーションを増やすために類語を多用すると、必ずしも意図した意味にならないこともあるので気をつけよう。新聞や雑誌の見出しなども惹きつけるタイトル作りの参考になる。

最後に大事なことは、全てのテクニックを両立させることだ。知覚や感情を表現する言葉がよいからといって多用しては、読者にとってはノイズにしかならない。文章に起伏が必要だが、あり過ぎては、結果的に読者を疲れさせてしまう。

まとめ

紹介したテクニックは、基本的なことも数多くあるが、Webページのコンバージョン率がなかなか上がらないときこそ、基本から見直すことが大切だ。

いきいきとした文章を書くことで、精読率を上げることができ、コンバージョン率を高めることもできる。ぜひ活用して欲しい。

参考元: How to Turn Bland Text into Sparkling Online Content 10 Tips to Energize Boring Copy (And Increase Sales by 30%)

関連記事: これだけは絶対に避けたい!コンテンツライティングの落とし穴 コンテンツマーケティングに必要なライティング力とは? クリエイティビティを身につける3つの実践的な方法