SEOチェキ、初心者はまずこの3機能をマスターして

SEO

デジタルマーケティングやコンテンツマーケティングということばが流行っている現代、ウェブサイトを運営する方やマーケティング部の方は、自社でもSEO施策を戦略に取り入れてみようと考えている人が少なくないはずです。

SEO施策とは、企業ホームページを使って集客を行う際、検索エンジンの検索結果上位に自社コンテンツを表示させることを目指す手法のことを指します。なぜならば、潜在顧客の検索結果に自社コンテンツを登場させることで、お金をかけずに自然と自社コンテンツを「見つけて」もらうことができるからです。

SEO施策には残念ながら「これをすれば成功する」という法則は存在しません。だからこそ、SEOを行う際は様々なツールを用いて既存サイトのコンテンツにおけるSEO適応度を随時チェックしていく必要があるのです。

SEOチェックツールにはいくつかの種類が存在します。そのなかでもお金をなるべくかけずにまず基本的なところを抑えたい人が使うべきツールが「SEOチェキ」と呼ばれるツールです。

今回は、SEO初心者が戦略を立てる時点からコンテンツ制作、そしてサイト運営のバックエンド調整まで、どのようにSEOチェキを使いこなしてSEO施策をすべきかまとめていきます。

競合のキーワードチェック

SEOチェキでまず使ってみるべき機能が「サイトSEOチェック機能」と呼ばれるものになります。この機能を使うと、SEO対策状況をチェックしたいコンテンツのURLを入力するだけでそのコンテンツ内のメタタグ情報、発リンク数などを簡単にチェックすることが可能です。こちらの機能の良いところは、もちろん自社の記事をチェックできるところです。しかしSEO初心者のためになる使い方としては、競合のコンテンツ戦略チェックも行えるというところがあげられるでしょう。

コンテンツマーケティングを初めて行う企業では、キーワードさえどのように考えればよいのかわからないこともあるのではないでしょうか。そんなとき、競合がコンテンツに指定しているメタタグやリンクを確認することで、競合がどのようなキーワード戦略を行っているのか捜査をすることができるのです。そこで得られる情報は、自社戦略を作る際の手助けとなるでしょう。

競合のやっていることをそのまま真似することはいけませんが、同業者からキーワード戦略を学ぶことは決して悪いことではありません。他者から学んだことを、自社の戦略に役立てることで見えてくるものもあるはずです。

キーワード戦略の効果チェック

自社コンテンツのキーワード戦略を練ったあとに行うべきことは、実際のコンテンツを制作することです。その際、キーワード出現頻度の機能を使うと、コンテンツ内のキーワード頻度を簡単に数えることが可能です。

記事の中に書かれているキーワードの頻度を把握することにより、コンテンツの中にランクしたいキーワードがきちんと書かれているかチェックするだけでなく、記事全体に対するキーワードの比率まで読み取ることができます。また、記事の中に頻出する新たなキーワードを見いだすことで、そのキーワードに焦点を当てた新たなコンテンツ作成の必要性など、サイト全体的なキーワード戦略まで考えることが可能です。

しかし、SEOを行う際はむやみやたらにキーワードを埋め込むことが効果的とは言えません。逆に、無駄にキーワードを連呼することでコンテンツ自体の質に悪影響を与えてしまうこともあります。中級から上級者向けのSEOツール、Yoast SEOによると、記事の中でのキーワード出現頻度は0.5%から2.5%が効果的だとされています。なので、キーワードの頻度が少なすぎたり多すぎたりする場合は、全体的に編集を行い理想的なキーワード頻度を保つように心がけましょう。

バックエンドのチェック

SEO施策の半分がウェブサイトのバックエンドの調整で行われるといっても過言ではありません。つまり、ウェブの構成を見直すことも、質の良いコンテンツを制作することと同じくらいSEOではとても大切な項目なのです。先述した「サイトSEOチェック機能」では、メタタグやリンク数だけでなくページ読み込み時間やファイルサイズもチェックすることが可能です。

言うまでもないですが、コンテンツの読み込み時間が遅いと、SEO以前に潜在顧客を逃す大きな理由となってしまいます。なぜならば、デジタル社会に生きる私たちはページの読み込みを待たなくても他のサイトで同様の情報を得ることができるからです。また、読み込み時間が遅いページは検索結果順位を決めるGoogleアルゴリズムからも評価されない原因となってしまいます。

ページの読み込みが遅い1つの原因が、ページ内のファイルサイズが大きすぎるところにあります。ページごとに読み込み時間やファイルサイズを把握することで、サイト自体を重くしているページの改善策を出しやすくなります。特に重くなりがちな画像ファイルは、これを機に全て軽いファイルに置き換えてみてください。しかし、その際画質までも低くしないように気をつけましょう。

SEOチェキは初めの一歩に向くツール

SEOチェキは、SEO施策を初めて実施する方やお金をとにかくかけたくない方にとって、初めの一歩として有用なツールです。しかし、SEOチェキではSEO施策、基本事項しか確認することができません。

SEOの基本がわかったあとは他のツールも吟味してしっかりとしたSEO施策を行うことが大切でしょう。

TOP