BtoBマーケティングの戦略設計とコンテンツマーケティングの成功の秘訣とは

コロナをきっかけにオンライン施策に注力する企業が増える中、マーケティング戦略の立て方や、予算配分、施策の優先順位など、どのように考えるべきか課題感を抱えている方も多いのではないでしょうか?

また、オンライン施策の中でも特に注目されているコンテンツマーケティングも、本質を理解しないまま進めても思うような効果はなかなか得られません。これから大きく変化するビジネス環境下では、マーケティングの本質を理解しなければ、期待する成果を出すことは難しくなります。
BtoBマーケティング、コンテンツマーケティングを成功させるためには何をすべきか?

本セミナーでは、BtoBマーケティングのプロフェッショナルであるシンフォニーマーケティングとイノーバの2社が、

  • BtoBマーケティング戦略設計について
  • コンテンツマーケティングに重要な考え方
  • 効果的なマーケティング施策について
  • についてご紹介させていただきます。

    日時 2020年10月15日(木)10:00~11:30
    講演

    シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役 庭山一郎
    株式会社イノーバ 代表取締役CEO 宗像淳

    会場

    完全オンライン開催
    ※詳細はお申込みの方にお伝えします

    費用 無料
    対象 B2B企業の経営者・経営企画ご担当者、マーケティングご責任者・ご担当者、営業ご責任者・ご担当者
    1社複数名でご参加いただいても問題ございません。
    ※本セミナーはBtoB企業の方限定開催です。BtoC企業の方、広告代理店及び同業の方、個人事業主の方につきましてはお断りさせていただいております。ご了承ください。
    締切 2020年10月14日(水)15:00
    主催 シンフォニーマーケティング株式会社
    株式会社イノーバ
    内容

    【プログラム】

    1. シンフォニーマーケティング株式会社「いま、BtoB企業に必要なマーケティングの戦略設計とは」
    2. 株式会社イノーバ「デジタルシフト時代のコンテンツマーケティング成功のポイント」
    3. 質疑応答セッション

    講師紹介

    庭山 一郎

    シンフォニーマーケティング 代表取締役

    1962年生まれ、中央大学卒。1990年9月にシンフォニーマーケティング株式会社を設立。データベースマーケティングのコンサルティング、インターネット事業など数多くのマーケティングプロジェクトを手がける。1997年よりBtoBにフォーカスした日本初のマーケティングアウトソーシング事業を開始。製造業、IT、建設業、サービス業、流通業など各産業の大手企業を中心に国内・海外向けのマーケティングサービスを提供している。
    海外のマーケティングオートメーションベンダーやBtoBマーケティングエージェンシーとの交流も深く、長年にわたって世界最先端のマーケティングを日本に紹介している。
    年間で150回以上に及ぶセミナー講師や、ノヤン先生として執筆している『マーケティングキャンパス』等、多数のマーケティングメディアの連載をとおして、実践に基づいたマーケティング手法やノウハウを、企業内で奮闘するマーケターに向けて発信している。
    ライフワークとして、ブナの植林活動など「森の再生」に取り組む。

  • 中央大学大学院ビジネススクール客員教授
  • 日本人材ビジネス協議会(副理事長)
  • IDN(InterDirect Network:インターダイレクトネットワーク:本部 ルーマニア)理事
  • DMA(Direct Marketing Association:米国ダイレクトマーケティング協会:本部 ニューヨーク)会員


  • 著書
  • 『BtoBマーケティング偏差値UP』(日経BP社)
  • 『究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)』(日経BP社)
  • 『BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方』(翔泳社)
  • 『サラサラ読めるのにジワッとしみる「マーケティング」のきほん』(翔泳社)
  • 『ノヤン先生のマーケティング学』(翔泳社)
  • 『はじめてのマーケティング100問100答』(明日香出版社)
  • 講師紹介

    宗像 淳

    株式会社イノーバ 代表取締役CEO

    福島県立安積高校、東京大学文学部卒業。ペンシルバニア大学ウォートン校MBA(マーケティング専攻)。
    1998年に富士通に入社、北米ビジネスにおけるオペレーション構築や価格戦略、子会社の経営管理等の広汎な業務を経験。
    MBA留学後、インターネットビジネスを手がけたいという思いから転職し、楽天で物流事業立ち上げ、ネクスパス(現トーチライト)で、ソーシャルメディアマーケティング立ち上げを担当。ネクスパスでは、事業開発部長として米国のベンチャー企業との提携をまとめた。
    2011年6月にコンテンツマーケティング支援の株式会社イノーバを設立、代表取締役に就任。
    著作に、『商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる』(日経BP社)、「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り (「いちばんやさしい教本」シリーズ」)(インプレス)がある。