笑った分だけ支払う!スペインの劇場が生み出した画期的すぎる料金徴収方法とは?

コンテンツマーケティング

2013年、スペインにあるコメディ劇場で、顔認識のテクノロジーをうまく使った“画期的すぎる”料金徴収方法がスタートした。

“PAY PER LAUGH”(笑った分だけ支払う!)

そう、アナタの想像通り。観客は、ショーが面白ければ笑うのだから「“笑い”の数=ショーの価値」という考えのもと、鑑賞中に笑った数によって、チケット代が精算されるというものだ。

当たり前のようで、でも今まで誰も実現させることはなかった、このユニークなシステムが開発された背景には、2012年、スペインで施行された付加価値税率(IVA)の大幅引き上げがあった。

劇場が危ない!?スペインの付加価値税(IVA)増でエンターテイメント業界が迎えた危機

 

付加価値税(IVA)は、品物に関係なく何を買っても8%の日本の消費税とは違い、食料などの生活必需品は税率が低く、映画館や劇場などのエンターテイメントは税率が高いといった具合に、購入する物によって税率が変化するというスペインの課税システムだ。

2012年、スペイン政府は財政赤字削減の目的で、この最高税率の引き上げを決定、劇場や映画館などのチケットにかかる税率は、それまでの8%から21%へと、13%もアップする結果となった。

この決定を受けて、劇場へ足を運ぶ人は一気に減少し、以前のようにレンタルショップへ娯楽を求める人が増えていった。

バルセロナにある独立系コメディ劇場(TeatreNeu)では、観客数は前年比で30%も落ち込み、なんとか客足を留めるために、チケット料金を平均20%も下げざるを得ない状況に追いやられた。

この状況を打破するために始めたのが、ユニークな料金徴収方法、PAY PER LAUGHシステムだった。

“PAY PER LAUGH”って何?

“PAY PER LAUGH”システムが従来のチケット制と根本的に違うのは、ステージを目の前に着席した段階でもまだ、チケット代金は未払いであるということだ。

「我らがコメディ劇場TeatreNeuは、完全入場無料! ショーを鑑賞して、笑った分だけ支払って! もちろん、全く笑わなかった場合、鑑賞料はいただきません!」

と、何とも“画期的すぎる”料金徴収方法。2014年カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルのモバイル部門で金賞を受賞した、この“PAY PER LAUGH”の詳細を見ていこう。

PAY PER LAUGH -The CYRANOS McCANN Woldgroup Europe Barcelona Cannes Lions 2014 Winner

 

 

 

システムは、いたってシンプル。ショーが始まると、座席一つひとつに設置された顔認識システムが観客の表情の変化を感知し、ステージの幕が下りるまでの間の“笑い”数をカウントする。

支払いは“1笑い”あたり、0.30ユーロ(約38円 2014年7月25日現在)。
最高金額も設定されているため、「笑い過ぎで、どんどん高額に!」という心配は無用である。

また、定期的に劇場へ通うコメディ好きへは、“500笑い”、“300笑い”など、“笑い”数を事前にまとめて購入できる、プリペイドチケットのような“シーズンパス”も発売されている。

ショーが終わってからも、まだまだ楽しめるのが、この“PAY PER LAUGH”システム。スクリーンを見ながら、自身の“笑い”を全てチェックすることが可能なのだ。そして、それらの画像を簡単にSNSでシェアできるようにしたことで、より多くの人に認知してもらえる仕組みとなっている。

顔認識テクノロジー, 劇場,料金,コメディ, PAY PER LAUGH,TeatreNeu,スペイン

通常、鑑賞前に済んでいるはずのチケット料金の支払いは、コメディショーと“PAY PER LAUGH”システムを十二分に楽しんだ後の最後の最後だ。上の画像を例に挙げると、この女性のチケット料金は“38笑い”で11.4ユーロ(約1,440円 2014年7月25日現在)。

「鑑賞後の精算では、チケットカウンターが混雑するのでは?」という当初心配された問題も、支払い機能を備えたモバイルアプリの開発で解消された。長蛇の列で待たなければいけない、ということもないので安心だ。

コメディ界の新常識!?“PAY PER LAUGH”

苦境の中からあまりにも衝撃的に登場した“PAY PER LAUGH”は、スペインの主要メディアの注目を一身に浴び、新聞からテレビニュースまで、幅広く取り上げられた。

結果、多くの人々の好奇心を刺激し、観客数が35%アップ! 

一人あたりのチケット料金も、平均6ユーロ多く徴収できるようになった。この成功を目の当たりにし、スペインでは同様のシステムを取り入れるコメディ劇場もでてきた。

PAY PER LAUGH! 今はまだ珍しいこのシステムも、10年後にはスペインコメディ界の常識となっているかもしれない。

参考元:
Pay per Laugh | TeatreNeu
“Pay Per Laugh” by The Cyranos McCann