【ご報告】日経ビジネスにインタビューを掲載頂きました

イノーバニュース

あけましておめでとうございます。昨年中は、当メディアをご愛読頂きありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

さて、皆様にご報告があります。今週号の日経ビジネスにインタビュー記事を掲載頂きました。

今月の日経ビジネスの特集は、「幸せな資本主義」というタイトルです。興味がそそられますね。

内容としては、ポスト・リーマンショックで、資本主義で当たり前だったヒト、モノ、カネのあり方が変わろうとしているという話です。株式市場や銀行を通さない、クラウドファンディングという資金調達の仕組み、個人を直接雇うクラウドソーシングという人材調達の仕組み。今後の未来を見通す上で、大変役立つ内容が盛りだくさんの特集です。

僕が取材して頂いたのは、クラウドソーシングの部分。「会社員の終焉」というタイトルで、内容は海外のアウトソーシングサイトoDeskについて。僕が、oDeskを使って世界中の人材を活用している事例をご紹介頂きました。

oDeskって何?クラウドソーシングって何?という方は、是非以下の記事をチェックして見て下さい。
サムライスタートアップにて、クラウドソーシングについて講演してきました!

このクラウドソーシング使ってみると判るのですが、会社に属さない働き方、社員を雇わない経営を可能にします。人材難に悩む我々ベンチャー企業には、まさに最適に仕組みだと言えるでしょう。

また、クラウドソーシングは、もの凄く可能性があると同時に、難しさもあります。良い人材をどうやってみつけるのか?文化の異なる人達とどうやって働くのか?こうしたノウハウは、トライ&エラーを繰り返して学んでいく必要があります。しかし、今後、グローバルな環境で戦っていくには、是非とも必要になるスキルになってくると思います。

クラウドソーシングにご興味のある方、是非、oDeskに挑戦して見て下さい。そして、日経ビジネスの今週号を是非お買い上げ下さい!

さて末筆ですが、2013年も、引き続き、海外の最新情報を発信していきます。当メディアをどうぞお楽しみに。