ニッチ市場にこそコンテンツマーケティングが最適な理由6つ

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、幅広い商品・サービスを取り揃えている大企業だけのためのものではない。予算が少ないニッチなビジネスを行っている企業にも、非常にメリットの多いマーケティング手法なのだ。

しかし、ニッチに応用するメリットを具体的にイメージできないと、なかなか検討してみる気になれないかもしれない。そこで本記事では、ニッチだからこそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由をご紹介する。

理由その1:その分野の専門家として認知される

ニッチな分野の専門知識をブログなどで共有することは、訪問者にその分野の専門家として認識されることにつながる。

価値のある情報を提供することで、彼らからの信頼を得て「この分野ならこの人!」という存在になれるからだ。

当然ブランドの認知度も上がり、商品やサービスへの信用も高まるだろう。

また、ニッチなビジネスの場合、特定分野の情報を提供することで、どこにいる見込み客でも惹き付けることができる。彼らはその分野そのものに強い情熱を持っているため、自分でそのコンテンツを探し出すだろう。

見込み客に見つけてもらいやすいことも大きなメリットの一つだ。

理由その2:その分野のコミュニティーとつながることができる

見込み客に見つけてもらいやすい場所は検索エンジンだけではない。ターゲットと直接つながることができる Facebook、Twitter、LinkedIn、ニッチな SNS なども同じである。

ニッチの場合、その分野のネットワークはすでに存在しているものだ。そこに受け入れられることにさえ成功すれば、コミュニティーを丸ごと読者として獲得できる可能性もある。

良いコンテンツを提供すれば、参加者たちにバズを起こしてもらえる可能性も高いだろう。

また、同じ分野または近い分野のコミュニティー内で、ビジネスパートナーを発掘することもできるかもしれない。

理由その3:成約率が高い

ニッチなサイトやブログにやって来るのは、もともとその分野に強い興味を持っている人たちばかり。彼らがサイトで見つける関連商品やサービスにも興味を持つ可能性は高いので、当然、成約率にも期待できる。

訪問者にとって価値のある無料オファーを用意するなど、購入に結び付けられるような工夫も考えていただきたい。

理由その4:お金を節約できる

ニッチなビジネスは予算が限られている場合が多い。しかしコンテンツマーケティングは、場合によってはほとんどコストをかけずにできる。つまり予算が少ないことは全く問題にならないということだ。

さらに、訪問者のアクセス元や滞在時間、コンテンツの閲覧・ダウンロード数、どの CTA ボタンがクリックされたか、どのキャンペーンが一番効果的で実際に顧客を獲得できたかなどをすべて計測できることから、お金・時間・労力をどこにかけて何にかける必要がないかを把握できる。

つまり、予算と人員を効率的・効果的に使えることが、結果的にお金の節約につながるというわけである。

理由その5:文章にキーワードが自然に入ってくる

もっと幅広い市場をターゲットとしたブログ記事を書く場合、SEO を意識したライティングが必要になってくる。不自然にたくさんのキーワードを入れるのは、今の時代もちろん NG だ。

しかし、タイトルや見出し、本文に、キーワードを適度に散りばめることも重要なのは、皆様もご承知のとおりだろう。

それに対して、ニッチなトピックスで執筆すれば、そのニッチ領域のキーワードが意識しなくとも自然に入ってくる場合が多い。キーワード選びにかける労力が、幅広い市場向けの場合より、少なくてすむのだ。

理由その6:広告で稼ぎやすい

幅広い分野を扱うサイトやブログの場合、各ページの内容に合った広告が表示されるとは限らない。しかし、特定のニッチな分野に焦点を当てていれば、ぴったりマッチした広告が表示されるので違和感を避けられる。

その分野に関連した商品やサービスのみをアフィリエイトすれば、高いクリック率・成約率も期待できるだろう。また、トラフィックの多いニッチサイトであれば、広告掲載の依頼が来る可能性もある。

最後に

ニッチ市場こそコンテンツマーケティングを取り入れるべき理由がわかっていただけたのではないだろうか? まとめると、一番のメリットは短期間でその分野のトップに立てる可能性が高い、ということかもしれない。

ニッチの場合、その分野に関するコンテンツだけで十分で、関連情報などに無理に幅を広げる必要もない。言い換えると、よりピンポイントなコンテンツマーケティングでより大きい効果を出せるのがニッチ市場なのだ。

すでにニッチビジネスを始めている、または検討中の方は、今回ご紹介したポイントを参考にしていただければと思う。