コンテンツマーケティングにメールを利用するメリットとは?

マーケティングオートメーション

「今どきEメールマーケティングなんて時代遅れじゃないか?」

いやいや、時代遅れでも何でもない。

確かに「今っぽい」感じはしないかもしれないが、いまだに多くのマーケターが重視する手法である。

そして、このメールマガジンこそが、コンテンツマーケティングを戦略を勝利に導く鍵を握っているのである。

コンテンツマーケティングにおけるEメールマーケティングの重要性

Eメールマーケティングは、特にコンテンツマーケティングにおいて重要な戦略の1つである。

なぜだろうか?それは、「ダイレクトなメッセージ」を届けることができるからである。

例えば、企業がブログなどで情報を発信してコンテンツマーケティングを行い、見込み客を増やすことができたとする。その後は彼らを育成し、「顧客」になってもらえるよう、有益な情報をブログなどで発信し続ける必要がある。

ところがブログでは、バイヤーペルソナ(顧客像)に合わせたメッセージを直接一人一人に送ることはできない。それを補うのがメルマガなどのEメールマーケティングなのである。

バイヤーペルソナに合わせたメッセージをダイレクトに届けることで、見込み客のツボを効果的に刺激し、サービスの購入まで落とし込むのである。

見込み客を育成する、メルマガ作成・配信の3つのコツ

このような理由により、いまだに多くのマーケターに評価されるEメールマーケティングであるが、ツボを押さえて実行しないと、高い効果が期待できない。

では、メルマガを配信していく場合、どうすれば見込み客を育成できるのだろう?そのコツを3つ紹介しよう。

1. 登録ページに具体的なメリットを書き込もう

まずは、見込み客がメルマガ配信の「登録をしよう」と思った時に、その勢いを後押しする工夫が必要だ。

メルマガに登録してもらうことによって、見込み客の連絡先を獲得することができる。そして、彼らの購買意欲が十分高まったと判断したら、こちらから営業をかけてみることができるようになる。

例えば、「このメルマガの定期購読を申し込むと、どんなメリットがあるか」を、できるだけイメージしやすい形で登録ページに書き込んでおくとよいだろう。

企業のメルマガ登録ページを覗くと、「お得なキャンペーン情報をお知らせします」など、どこも一様に同じようなことが書いてある。しかし、どんなふうにお得で、どんなキャンペーンを行うのかイメージできない場合も多い。もちろん、キャンペーン情報自体は有益だが、工夫しないと他社との差別化は図れないだろう。

いろいろな登録ページを見てみたが、その中で「ちょっと登録してみたいかも…」と思ったのが、カメラのキタムラのメルマガである。

「お得な情報」などにも触れているが、その他にも、「大人気コラム『修理人たぐちの徒然日記』」など、個性的で面白そうな配信内容が載っている。また、メルマガのサンプルも見られるようになっているのだ。ぜひ参考にしてみてほしい。

*「カメラのキタムラ」メルマガ配信登録ページ

2. 顧客にとって役立つ情報を、分かりやすく伝えよう

次に、実際にメルマガを配信する際には、まず件名に工夫を凝らそう。件名を見た時、「どんな情報か」「どのように役立つか」など、配信内容が具体的に分かるようにすると、メールを開いてもらいやすい。

例えば、「イタリア製のバッグを新発売」という件名よりも、「新発売!通勤に便利なイタリア製の軽量バッグ」という件名の方が、「自分の生活にどう役立つ商品か」をイメージしやすい。

そして、メルマガでは「読者にとって役に立つ情報」を「シンプルな言葉」で分かりやすく伝えよう。また、自社のブログへのリンクを貼るなどして、コンテンツマーケティングを活性化させていこう。

その他にも、見込み客が興味を持ちそうなブログや動画やPinterestのボードなどへのリンクなどを盛り込み、ユーザー視点に立って「魅力あるメルマガ作り」を心掛けよう。そして、可能ならば、それらに関連するような形で、最後に自社の商品やサービスを紹介するとよいだろう。

このような工夫により、「ユーザーに役立つ情報を提供する企業」として見込み客から絶対的な信頼を得られるように努めよう。すると、彼らがやがて自社の商品やサービス購入に至る可能性が高くなってくる。

3. 配信回数を見直そう

すでにメルマガを配信している場合は、その配信回数を見直そう。

「あまりしつこく送ると、読者に嫌がられるかも…」と思って、配信回数を減らしている企業もあるかもしれない。

ところが、メルマガ受信の頻度があまりに低いと、ユーザーは、その企業の存在を忘れてしまうかもしれないのだ。登録したことを忘れて、スパムとして扱う場合もある。

「自分に役立つ」情報なら、毎日でも受信したいと思っている見込み客もいるかもしれない。

したがって、彼らが「どんな情報」を「どのくらいの頻度」で欲しがっているかなどを、彼らの開封履歴からチェックするのがよいだろう。

日本語対応はしていないが、アメリカのコンテンツマーケティング業界では、MailChimpなどのツールが普及している。

まとめ

いかがだっただろうか?

Eメールマーケティングと聞くと、何とも原始的なマーケティング手法のように思えてしまう。

しかし、コンテンツマーケティング時代の幕開けによって、その効果を倍増させる手法として再度注目を集めつつある。

顧客一人一人に最適なメッセージを届けられるこの手法こそ、コンテンツマーケティングの最後の段階<購入>において最も効き目のある施策なのだ。

コンテンツマーケティングを実践している方は、ぜひこの施策を取り込んでいって欲しい。

参考元: ・Email Marketing- copyblogger?・3 Email Marketing Tips-copyblogger?・37 Email Marketing Tips-copyblogger?・B2Bs say email, content marketing best for lead gen?Photo: Some rights reserved by?Keith Ramsey, flickr

人気記事