欧米人を困惑させる!? 日本人と欧米人のコミュニケーションの取り方の違い

経営・ビジネスハック

日本人は英語が下手、と言われているが、欧米人とのビジネスシーンでのコミュニケーションの問題は、語学力だけに起因しているわけではない。

日本に限らず、同じ国者同士は外国人より互いを理解できる。それは母国のコミュニケーションの取り方を知っているからである。欧米人にとって日本人との会話が厄介なのは、相互のコミュニケーションの仕方に大きな違いがあることが原因とされている。

では、日本人のどのようなコミュニケーションの仕方が問題となるのだろうか?

日本語表現の理解に苦しむ欧米人

日本人が日本語の表現をそのまま英訳し、外国人との会話に用いることがある。それは時にはそのまま通じる。しかし、ネガティブに言っているつもりが、ポジティブに解釈されてしまう、などという誤解が生じることもある。今回は日本貿易復興機構JETROが発表したレポート“Communicating with Japanese in Business“をもとに外国人が誤解しやすい表現を紹介しよう。

1.ご検討いたします。/ We will consider it.

皆さんは「ご検討いたします。」をどのような時に使うだろうか? JETROのレポートには、日本人は批判や疑問点を述べずに議論を終わらせたい時にこの一言を使うと書かれている。議論後に日本人側からフォローアップがなければ、「ノー」だと受け入れるべき、と助言もしている。

確かに、私たち日本人は討論を避けるために、真意を明かさず「ご検討いたします。」と話を流すことが多いかもしれない。

おもしろいことに、私はドイツでドイツ人が「今後、話し合って決めます。」と決断を先延ばしにしている光景を見たこともある。その場合、粘り強い人は「では、いつ頃ご連絡を差し上げてもよろしいですか?」と次回の話し合いを決めようとする。

もし本当にその商談や提案に応じる気がなく、話し合いにストップをかけないのならば、相手に期待を持たせず、その場で断るか後日改めて連絡を入れた方が良いだろう。

2.分かりました。/分かります。/I understand.

「はい、分かりました。」は欧米社会では「同意します。」(I agree.)というポジティブな意味合いを含む。しかし、日本では必ずしもそうではない。

相手の話を聞き、理解しているという意味で「分かりました」を用いる人が多い。欧米人が自分の話に賛同してくれている、と有頂天になるのが困るのであれば、“I see.“や“Really?“と色々な表現を混ぜてあいづちを打ってみてはいかがだろうか?

3.おそらく~だと思います。/ Maybe I think so.

欧米人が悩む日本人との会話の解釈に「たぶん」や「~かもしれない」がある。

「おそらく~だと思います。」は欧米人にとって自信なさげに聞こえ、果たして信頼して良いものか不安に感じてしまう。欧米人は率直な言い方“I think so.“(そうだと思います。)に慣れている。インパクトを弱くする表現の捉え方を知らない場合が多いので、欧米人の前では物事を言い切った方が良さそうだ。

4.会議に出席した方が良いですよ。/You had better attend the meeting.

「~した方が良い」(had better)は日本語で「~するべきだ」(should)と提唱している表現である。

「会議に出席した方が良いですよ。」は出席を強く求めているシグナルだが、欧米人はただ提案していることだと受け取りがちである。また、ある日本人がhad betterを用いて、外国のビジネスパートナーに「あなたの考え方を変えた方が良いですよ」と言った。

日本語流解釈は「あなたは間違っています」。間接的な同意・反対表現は外国人にしっかり伝わっていない場合、もしくは嫌みに聞こえてしまうことがあるので、誤解を招かない率直な言い方をすすめる。

仕事を円満に進めるためには相互理解が不可欠

以上の4つの表現を読んで「あ、自分も知らぬ間に使っている・・・」と思われた方も多いのではないだろうか?

実は、筆者も日本人と会話する時にはこれらの表現を使用している。

しかし、ドイツに住んで思うのはあまりにも間接的な言葉や曖昧な単語を用いると自分自身が「考えがまとまっていない、自分に自信がないような人」に写ってしまう恐れがある。

欧米人にはあうんの呼吸や空気を読む文化はないので、雰囲気だけで物事の理解を求めるのは困難だ。

日本人とほとんど関わったことがない外国人と接触する際は、相手は日本のコミュニケーションの取り方を知らない者だと思い、いつもと別の方法で会話をしてみたら上手くいくのではないかと思う。

参考、画像:http://www.jetro.go.jp/costarica/mercadeo/communicationwith.pdf

記事執筆:(株)イノーバ。イノーバでは、コンテンツマーケティングのノウハウを詰め込んだ無料のebookや事例集をご提供しています。ダウンロードはこちらからどうぞ→https://innova-jp.com/library/