IoT(モノのインターネット)とは?活用事例の6つのアイディア

経営・ビジネスハック

最近、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)という話を良く聞くのではないだろうか?特に、Ciscoは、IoTを積極的に推進していて、IoE (Internet of Everythings)というキーワードでこのトレンドを啓蒙している。今回、Ciscoのインタビュー記事で、活用事例を説明していたので、いくつかを紹介したい。

IoTの活用事例

1 小売でのアイトラッキングデータの活用

アイトラッキングで店舗に来店している人の目の動きを追う。どんな商品を見ているのか?どの商品を手にとったのか?どの商品を購入せずに元の場所に戻したのか?などがわかる。更には、買わずに戻した商品に関しては、その場でプロモーションコードを発行するなどして、購入を促す事も。

2 空き駐車場を見つけて交通渋滞を緩和

交通渋滞の40%は駐車場を探す車が原因だとの事。センサーで空き駐車場を探知し、駐車場探しによる渋滞を解消。

3 自動でオンオフする照明で電気代を削減

屋外の照明や家庭の明かりなどをセンサーで自動オンオフ。人が近くにいる時だけ点灯するようにする。

4 センサーを活用してワイン製造を最適化

既に、ワイン農場ではセンサーが活用されている。温度、湿気、日射状況をモニターして、収穫のタイミングを最適化している。今後は、発酵状態、流通や店舗での 取扱いもモニタリングし、ワインの品質を維持する。

5 ウェアラブルで健康な生活をしている人をトラッキング

運動をして健康的な食生活を取り入れている人はローン返却率が高いというデータがある。ローンの利率などが、運動状況や食生活で決められるようになる。

6 オフィス家具にセンサーを埋め込む

オフィス家具にセンサーを埋め込み、体調管理を行う。生産性アップや社員の健康維持に役立てる。

IoTの市場規模は?

シスコの見積によると、2020年までにIoTの市場規模は19 兆ドル(2300兆円)の価値を生み出すと見積もっている。IoEでコネクトされる人、デバイス、モノの総数は500億になるとの事だ。上記の例を見た通り、センサーを組み込む事で、ビジネスチャンスが生まれる領域は広汎に渡っている。

宗像はこう考える

どうだろう?IoTというと、言葉が一人歩きしている印象があるが、こうして一つ一つの利用事例を見て行く事が大事なのだと思う。インターネットが生まれた時代にも、多くのネットベンチャーが生まれて倒産していったが、IoTにも同じ事が起きる可能性は大きい。しっかりと事例を研究しつつ、ビジネスチャンスを見極める必要がありそうだ。

 

記事執筆:(株)イノーバ。イノーバでは、コンテンツマーケティングのノウハウを詰め込んだ無料のebookや事例集をご提供しています。ダウンロードはこちらからどうぞ→https://innova-jp.com/library/

Source:SingularityHub

Photo Credit:kris krüg