人事担当者のリード獲得方法とは?おすすめの施策を解説

コンテンツマーケティング

インターネットの普及やIT技術の進化により、業種や職種に関わらず業務内容や役割は大きく変化しています。人事部もIT導入によるデジタル化や新たな人事手法の登場で、従来の人事業務から戦略人事への転換期を迎えているといってよいでしょう。そこで、今回は人事担当者向けの商材を提供している企業のマーケターがいかに人事担当者からリードを獲得するかについてお伝えします。従来の人事業務や新たな戦略人事の概要、人事部向けのマーケターが知っておきたいメディアなども紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

人事部の主な業務内容

現在、多くの企業で人事部の業務は過渡期にあり大きく変換しようとしていますが、ここではまず現時点での人事部の主な業務を紹介します。

採用業務

人事部であれば必ず行うのが採用業務です。具体的には、経営計画に基づいた採用計画の立案を行い、どの部署にどのような社員が何人必要かを策定します。新卒だけではなく、中途社員の採用も行うため、採用計画は年間で立案し、遂行していくのが一般的です。

教育・育成業務

人事部は、社員を採用したらそれで終わりではありません。採用した社員の教育や育成も人事部の重要な業務です。自社のビジョンや目標の実現に向け、情報を共有し合い、同じ視点でゴールへ向かっていける人材の育成を行います。

また、新卒や中途入社した社員だけではなく、管理職向けの研修やリーダー育成業務などの手配、運営も人事部が行う業務です。

人事評価業務

昇進、昇給に欠かせない人事評価制度を策定し、全社員の適正な評価を行います。また、人事業過制度の結果に応じて配置や異動を決めるのも人事部の業務です。

人事評価業務は、社員の適性や能力を適切に評価できないと、社員のモチベーションダウンや離職率の上昇にもつながるため、重要な業務といえるでしょう。

労務・給与管理業務

労務管理では、労働時間の管理のほか、健康診断やストレスチェック、安全衛生管理など社員が心身ともに健康な状態で働くための管理を行います。

給与管理は、毎月の給与計算や振込、年末調整、源泉徴収票の発行などを行う業務です。なお、労務管理での健康診断や給与計算などは、企業によっては、総務部や経理部が行う場合もあります。

従来の人事業務から戦略人事への変化

従来、人事部は採用や教育、労務管理などが基本的な業務でした。しかし、現在では自社の経営戦略を実現させるためのマネジメント業務が求められるようになっています。単純に経営計画に基づいた採用、教育をするのではなく、経営目標や経営戦略の実現を見据えたマネジメント業務が欠かせません。

就業規則や採用計画に合った人材採用ではなく、経営層との協力により新商品開発や新規事業創出など、より生産性の高い目標の実現に向けた人事業務、それが戦略人事です。

大きな転換期を迎える人事業務

人事部に戦略的なマネジメントが求められるようになった背景には、政府によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が挙げられます。デジタル化を進め、革新的な製品の開発や新たな事業の創出を実現するには、先端IT人材や自社に変革を起こす人材の獲得が欠かせません。

これまでの採用人事は、従来型の人材採用であれば問題ありませんでしたが、上述したような人材の確保には、新たな事業戦略に基づいた採用計画の立案が求められます。そこで、経営層と対等に意見を出し合い、採用人事や育成マネジメントを行う戦略人事の重要性が増しているのです。

また、近年になって採用手段も多様化が進んでいます。どの採用手段を用い、どのような人材を採用するかは、従来の人事業務だけでの対応は難しいでしょう。ダイレクトリクルーティング、リファラル採用、ソーシャル採用など、さまざまな採用手段の効果的な活用も戦略人事が求められる背景の一つです。

もちろん、これまでの人事業務も必要が必要なくなったわけではありません。そこで、今後は労務や給与管理など毎月発生するルーティン業務はデジタル化や外注を進め、戦略人事とは分離して行うようになっていくでしょう。そうした意味でもこれまでの人事業務から戦略人事への転換期であり、新たな需要が増える可能性が高い今こそ、人事部向け商材を扱う企業には大きなチャンスだといえます。

人事のリード獲得におすすめの施策

戦略人事や人事DXなどの転換期である現在、人事部担当者は、競合に先んじて変わらなければならないといった風潮があるため、情報収集に対するニーズも高まっています。そこで、人事のリードを獲得するには、次のような施策がおすすめです。

Webコンテンツの活用

ビジネスの現場においても、情報収集をと考えた場合にまず活用するのは検索エンジンではないでしょうか。そこで自社Webサイトを活用し、人事担当者が求める有益な情報を掲載すれば、自社の認知の獲得が可能です。

ホワイトペーパーやebookの作成

自社Webサイトに誘導し、情報を閲覧してもらいさらに興味を持った担当者に向け、ホワイトペーパーやebookを用意します。メールアドレスと引き換えにダウンロードをしてもらうことで、新製品の案内やウェビナーへの招待が行えるようになり、リード獲得が実現するでしょう。

リード獲得におすすめのキーワード

人事担当者のリード獲得におすすめの主なキーワードとしては、次のものが挙げられます。

「戦略人事」「人事部 役割」「CHRO」「タレントマネジメント」「人材開発」「リーダー育成」「キャリアパス」「グローバル人事」「給与計算」「人事管理」「働き方改革」「人事 ペーパーレス」

これらのキーワードを基にして担当者にとって有益なコンテンツを作成し、ホワイトペーパーやebbokとして提供すれば、リード獲得の可能性が高まります。

知っておきたい人事系メディア

Web上での情報収集手段としては、検索エンジンのほか、人事系のメディアがあります。人事担当者をターゲットとしたWebメディアは多数存在するため、人事のリード獲得には、Webメディアの活用も欠かせません。ここでは、主な人事系メディアを紹介します。

人事関連の最新ニュース、コラム、人事用語辞典のほか、事例やレポート、フォーマットの無料ダウンロード、人事Q&Aなど人事に関する情報を網羅しています。

特集記事やお役立ち資料のほか、さまざまなアンケートの集計結果、無料オンラインセミナーの案内などを掲載しています。

人事関連ニュース、特集記事、関連セミナー検索のほか、キーパーソンへのインタビュー、対談記事も豊富に用意されています。

大卒求人情報、高齢者雇用情報など雇用に関する情報やレポート、アンケートなどさまざまな最新雇用関連情報を入手できます。

人事関連コラム、インタビュー・特集記事のほか、労務や教育支援のためのebookダウンロードなどを行っています。

大きな転換期を迎える人事部のリード獲得にはターゲットに合わせたマーケティング施策が重要

大きな転換期を迎えている人事業務。従来の採用計画に基づいた採用人事だけでは革新的な人材採用は難しく、経営層との協力のもと、戦略的な人材マネジメントが求められるようになっています。

また、人事部として戦略人事を行っていくには、労務や給与といった毎月発生するルーティンワークのデジタル化による効率化も欠かせません。システムやツール導入といったニーズが高まるため、人事向け商材の提供を行っている企業マーケターにとっては大きなチャンスといえるでしょう。

人事部担当者のリードを獲得するには、さまざまな施策が考えられますが、情報収集ニーズが高い現在においては、Webを活用した施策がおすすめです。ホワイトペーパーやebookなど担当者にとって有益な情報を提供する引き換えにメールアドレスを取得することで、リード獲得が可能になります。

イノーバはお客様の商材ごとにペルソナを設計し、効果の出る施策を提案・実行することを重要視してBtoBマーケティング支援サービスを行っています。人事担当者のリード獲得にお悩みの際は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

BtoBマーケティング支援サービスについて見てみる

人気記事