ホームページ制作におけるライティングの重要性とは

ホームページ制作

SEO対策としてホームページ内のコンテンツを充実させようと考えている方も多いと思います。BtoB企業にとっても、自社の商品やサービスの魅力を文章を通して伝えていくことは、ホームページの成功を左右する重大な要素です。本記事では、ホームページに掲載するコンテンツのライティングにおいて重要なポイントについて解説していきます。

 

なぜライティングが重要なのか?

ライティングの品質を高めることで、自社のことをより理解してもらえる

自社の商品・サービスをより理解してもらうためには良質なサービスページやコンテンツの提供が必要であり、ライティングの品質を高めることが欠かせません。ユーザーにとって良質なコンテンツとは、ユーザが知りたい情報、ユーザーのニーズに答えているコンテンツです。サービスのメリットや何をしている会社なのか、ということが明確にユーザーに伝わらなければ、問い合わせや受注の決め手にはなりません。取り扱う商品・サービスの専門性が高いBtoB業界においてはなおさらのことでしょう。自社の事業内容やメリットをよりわかりやすく伝えるライティングを行うことが何より大切になります。

自社のことを知らないユーザーにもサービス訴求が可能になる

BtoBでもWeb活用は一般的になっているため、自社や提供しているサービスを知らない人のサイト流入もあり得ます。そうしたときに、専門性が高く、業界の人でないと分からないようなコンテンツばかりでは読みにくく興味を惹きにくいため、離脱の要因なってしまいます。なるべく専門用語ばかりの文章は避け、誰が読んでも理解できる、わかりやすいコンテンツを掲載するようにしましょう。そうすることで、自社を知っている人や業界の人だけでなく、幅広いユーザーや顧客の関心を集めることができます。

論理的かつ構造的に書かないと読み進めてもらえない

ライティングの際にはきちんと道筋を立ててロジカルな文章を書くことが求められます。書きたいことを思いつくままに書きなぐるだけでは読み手にメッセージが伝わらず読み進めてもらえません。伝えたい主メッセージは明確か、見出しの粒度が揃っていて順序や親子関係は適切か、小見出しの根拠性は十分か、といった点はSEO上でも重視される観点です。相手にメッセージを伝えるためのライティング技術は、日本の初等教育ではあまり触れられていない分野であり、ライティングに苦手意識を持っている方も多いと思いますが、企業としてコンテンツを掲載する以上は論理的かつ構造的な文章の作成が求められます。社内のリソースで品質を保てない場合は、やっつけで書いてしまうのではなくプロのライターにお願いすることをしっかりと検討してください。

 

 

社内でライティングをおこなう際の注意点

 

クオリティが会社のイメージや信用に直結するため社内のチェック体制を整備すること

ライティングのクオリティは、掲載している企業のイメージや信頼に関係してきます。誤字脱字はもちろんのこと、情報の間違いや表現方法、コンプライアンスを遵守していないような内容などに十分注意しましょう。掲載前にダブルチェックを行うといった管理体制を整え、万が一掲載後にミスが発覚した際には迅速に対処できるように準備しておくことが必要です。間違いを放置していると場合によっては拡散されてしまい、取り返しのつかない状況にもなりかねません。

一定の工数を要するため、余裕をもってスケジュール・リソースを確保する

コンテンツのボリュームにもよりますが、ライティングで良質な記事を生産するには工数がかかります。企画から構成案を作成し、ライティングの後にチェックと修正、入稿作業というように、いくつもの工程を経て掲載に至ります。また作ったばかりのホームページの場合、1つのコンテンツだけ追加しても効果は薄いため、いくつかまとまったコンテンツ数を用意する必要があります。それらを一斉に公開することを考えると、1ヶ月ほどの準備期間は必要です。社内でライティングを担当する人員があったとしても用意したいコンテンツの量からみてリソースが足りない場合には、入稿などの一部の作業を外部委託することも検討しましょう。

 

まとめ

ライティングとは誰にでも伝わりやすく丁寧に制作することが求められる分野です。一見「文章を書くくらい誰でもできる」と思われるかもしれませんが、論理的・構造的なライティングを行うためには高度なスキルが必要であり、目的に特化したライティング技術も存在します。こうしたスキルを持った人材が社内で確保できれば、定期的な更新や修正が必要になった際の対処をしたり、会社の特色を活かした魅力的なコンテンツを生み出すことができますが、社内で品質を保てない場合はプロのライターへの委託を検討しましょう。

また、実際にライティングを行う前後には、企画の設計や校正・入稿作業と様々な工程が存在します。編集者や責任者など役割を決め、チェック体制を整えておくことも必要です。社内のリソースでまかなえない場合は一部の作業を外注することも検討し、スケジュールやリソースを十分に確保したうえで施策を進めましょう。