社会の役に立つ職業・ベスト10とワースト10を紹介

経営・ビジネスハック

世界長者番付などで知られる米国の大手経済誌「フォーブス」はこのほど、「高給かつ社会の役立つ職業」を発表した。最も社会に有益で高収入の仕事は「整形外科医」で、平均所得は337,800ドル(約4,000万円)だった。ベストテンには、警察署長、牧師、小学校の校長先生など、人を育てたり、守ったりする職業が並んでいる。

世の中のためになる職業・ベスト10とワースト10

【ベスト10】

1位タイ: 整形外科医 平均年収 $337,800(約4,000万円)

1位タイ: 警察署長 平均年収 $63,100(約760万円)

1位タイ: 青年牧師平均年収 $35,000(約420万円)

4位タイ: 小学校校長平均年収 $80,000(約960万円)

4位タイ: 介護管理職平均年収 $50,900(約611万円)

4位タイ: 応用行動分析(ABA)セラピスト平均年収 $26,600(約320万円)

7位タイ: ソーシャルワーク管理監督者平均年収 $51,300(約616万円)

7位タイ: 学校業務士(用務員)平均年収 $110,500(約1,327万円)

7位タイ: NPO事務局長平均年収 $61,000(約733万円)

10位:  手話通訳士平均年収 $36,600(約440万円)

【ワースト10】

1位: シニア・メディア・バイヤー平均年収 $58,700(約705万円)

2位: レタッチャー 平均年収 $50,100(約602万円)

3位: 上級ウェブデザイナー平均年収 $68,000(約817万円)

4位: カスタマーサクセスマネジャー(CSM)平均年収 $75,200(約903万円)

5位: 印刷技能士平均年収 $38,200(約459万円)

6位: シニア・セールス・アソシエイト平均年収 $41,700(約500万円)

7位: 配達員平均年収 $27,700(約333万円)

8位: ファッション・デザイナー平均年収 $58,100(約700万円)

9位: ファスト・フード副店長平均年収 $25,500(約306万円)

10位:商品プランナー平均年収 $68,600(約824万円)

宗像はこう考える

どうだろうか?仕事をする以上、金銭的な報酬は絶対必要である。しかし、個人的には、ベスト10にランクインしている職業を見て、人を助ける仕事が多いのが印象的だった。特に、セラピストは、給料が320万円と低いにも関わらず、ランクインしている。人を助ける事が人間の根源的な満足に繋がるのかもしれない。あなたの今の仕事は人の役に立っているだろうか?どうしたら人の役に立てるだろうか? 働く事の意味に、向きあう必要がありそうだ。

 

記事執筆:(株)イノーバ。イノーバでは、コンテンツマーケティングのノウハウを詰め込んだ無料のebookや事例集をご提供しています。ダウンロードはこちらからどうぞ→https://innova-jp.com/library/

Source: Forbes

Photo Credit: Sean MacEntee from Flickr