事例で学ぶ!BtoB企業向け『成果を出すためのサイト』とは

BtoBビジネスの場において、Webによる情報発信の重要性は年々高まっています。情報収集の手段は「Web検索」が主流となり、各社が必死に自社サイトの情報を充実させようと躍起になっています。


イノーバにもBtoB企業様からサイトに関するご相談やお問合せを多数いただきます。
・情報を充実させても訪問者数が一向に伸びない
・閲覧数は十分だが、商談に結び付かない
・何をもって成果とするのかがわからない
・サイトから商談を獲得したいがどうやったらいいかわからない


イノーバはコンテンツマーケティングのリーディングカンパニーとして、コンテンツのみならずBtoB企業のための「成果を出すためのサイト制作」を行っています。成果を出すためのサイトとは、デザインが優れていればよいというものでもなく、また、やみくもに閲覧数の増加だけを追うものでもありません。

本当に成果を出すサイトとは、企業のマーケティング施策のプラットフォームとして機能しなければいけません。


本セミナーでは、イノーバがこれまで支援してきた事例をもとに、サイトの分析方法、運用体制など、「BtoB企業が成果を出すためのサイト」について、具体的にお伝えいたします。

※会場の関係上、8名様限定となっており、定員となり次第受付終了となります。

日時 2019年9月26日(木)16:00〜18:00(受付15:30〜)
会場 東京都文京区後楽二丁目2番23号 住友不動産飯田橋ビル2号館5階
最寄り駅:飯田橋駅(JR総武線・大江戸線・東西線・有楽町線・南北線)
※駐車場はございませんので公共交通機関でお越しください。         ※警視庁遺失物センター向いのビルです。
費用 無料
定員 8名
対象 BtoB企業の営業、マーケティング、経営企画部門の責任者 or 担当者の方
主催 株式会社イノーバ
内容
  1. BtoB企業がWebサイトに注力すべき理由
  2. 成果を出すためのBtoBサイトの条件
  3. 自社サイトの分析ワークショップ
  4. BtoBサイト事例紹介
  5. まとめ

講師紹介

宗像 淳

株式会社イノーバ 代表取締役CEO

福島県立安積高校、東京大学文学部卒業。ペンシルバニア大学ウォートン校MBA(マーケティング専攻)。
1998年に富士通に入社、北米ビジネスにおけるオペレーション構築や価格戦略、子会社の経営管理等の広汎な業務を経験。
MBA留学後、インターネットビジネスを手がけたいという思いから転職し、楽天で物流事業立ち上げ、ネクスパス(現トーチライト)で、ソーシャルメディアマーケティング立ち上げを担当。ネクスパスでは、事業開発部長として米国のベンチャー企業との提携をまとめた。
2011年6月にコンテンツマーケティング支援の株式会社イノーバを設立、代表取締役に就任。
著作に、『商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる』(日経BP社)、「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り (「いちばんやさしい教本」シリーズ」)(インプレス)がある。