起業家へのインタビュー音声を無料配信して1億円ビジネスへと発展させた「Entrepreneur on Fire」の事例

コンテンツマーケティング

ビジネスを始めてたったの2年間で、200万ドル稼いだ起業家がいる。サンディエゴ在住のJohn Lee Dumas氏だ。

彼のビジネスは、成功した起業家たちにインタビューし、その音声を無料でポッドキャスト配信するというもの。起業家には、日本でもおなじみのブライアン・トレイシーや、セス・ゴーディンなども含まれており、かなり豪華な顔ぶれだ。

本記事では、「Entrepreneur on Fire」をもっと詳しくご紹介すると共に、急成長の秘密を見ていく。

「Entrepreneur on Fire」とは、何なのか?

「Entrepreneur on Fire」は、Dumas氏の気付きから生まれた。「素晴らしいポッドキャストは存在するのに、なぜ、誰も毎日聴けるプログラムをつくらないのだろう?」

彼は、すぐに行動を起こし、起業家へのインタビュー音声を毎日配信し始める。

数カ月後には、iTunesのビジネスポッドキャストのカテゴリで、上位にランクイン。ダウンロード数は7400万を超え、世界の145カ国で視聴者を獲得した。そして、「Best of iTunes」リストに入るという、快挙を成し遂げる。

2012年9月にスタートしたビジネスは、どんどん成長していく。年商もそれに比例して上がっていき、2013年は約40万ドル、2014年は8月の時点で、すでに約160万ドルを超えている。

「Entrepreneur on Fire」のポッドキャストは、公式サイト・iTunes・Sticher・SoundCloudで、視聴/ダウンロードが可能だ。もちろん今でも、毎日新しいコンテンツが配信されている。週に1日だけ時間を取って、7~8週間分の収録をするのだそうだ。

今では、さぞや多くの社員を抱えていることだろう……と、お思いになったのではないだろうか? しかし、実は、そうでもない。

社員は、Dumas氏と、コンテンツクリエイター/コミュニティマネージャーである彼の恋人、Kate Erickson氏の2人。加えて、フィリピンに2人、パキスタンに1人、フルタイムのアシスタントがいる。収益は大きいが、あくまでもスモールビジネスであることがわかるだろう。

entrepreneur-on-fire_2.png出典:「Entrepreneur on Fire」の公式サイトより:ポッドキャストのページ

急成長の秘密その1:コンテンツマーケティング

それでは、「Entrepreneur on Fire」が短期間で急成長を遂げた理由を見ていこう。まず挙げられるのは、コンテンツマーケティングを効果的に取り入れている点である。

第一のコンテンツは、もちろん起業家へのインタビュー音声だ。この無料ポッドキャストがどれだけの価値を持ち、視聴者をどれだけ惹きつけたかを、わざわざ説明する必要はないだろう。

しかし、「Entrepreneur on Fire」がビジネスを大きくするために提供したコンテンツは、これだけではない。

Dumas氏は、公式サイト内でブログを始め、ビジネスの成長や収益化に奮闘する起業家に向けたアドバイス記事を公開した。「素晴らしいアイデアを形にすること」「自由を生み出すシステムを作ること」といった、興味深いタイトルが並んでいる。

さらに、「The Fire Path」というニュースレターも週に1回配信し、読者を1万4000人まで増やすことに成功した。こちらも、「オーディエンスのために適切な商品/サービスをつくる方法」「ニッチ分野で信頼を獲得し、権威者として認められる方法」など、内容が充実している。

Dumas氏の勝因の1つは、価値の高いコンテンツを無料で、毎日提供し続けていることだろう。彼はコンテンツマーケティングの基本を押さえ、忠実に実践していると言える。

急成長の秘密その2:ファンの悩みに耳を傾ける

「コンテンツを無料で提供しているのに、どうやって2年で200万ドル稼いだの?」と、思われる方もいるかもしれない。もちろん、収入源はある。その1つが、スポンサーの存在だ。

「Entrepreneur on Fire」の人気がこれだけ高まれば、当然、スポンサーとして名乗りを上げる企業が出てくる。スポンサーからの収入は、月にだいたい4~5万ドルのようだ。

しかし、Dumas氏は、収入源をもっと広げたいと考えた。そこで、次のようなサービスを展開していく。

・Podcasters' Paradise
ポッドキャスト配信で、成功したい人たちのためのメンバーシップサイト

 

・WebinarOnFire
ウェビナーを成功させるためのトレーニングプログラム

 

・PodcastOnFire
ポッドキャストを14日間で作成して、ローンチさせるためのプログラム

 

・Mentor On Fire
Dumas氏による、1対1のコンサルティングサービス

ここで注目したいのが、Dumas氏が、有料サービスや商品をつくるよりも何よりも先に、自分の視聴者の悩みに耳を傾けたことだ。彼らのニーズを見極め、問題の解決策を提示したわけである。

Dumas氏が有料販売を始める頃、彼には、すでにたくさんのファンが存在した。皆がポッドキャストを通して彼を知っており、信頼し、感謝していたからだ。有料ビジネスも、すぐに軌道に乗ったことは言うまでもないだろう。

最後に

コンテンツマーケティングやコンテンツのアイデアを含めて、いろいろなヒントを得られたのではないだろうか?

実は、Dumas氏はアイデアを思い付いてから、たったの3カ月後には、最初のインタビュー音声を配信している。彼が、どれだけ素早く行動したかがわかるだろう。

すぐ実行に移すことは、ビジネスだけでなく、日々の生活においても重要なこと。それだけ結果を早く見られるということだし、勢いとモチベーションを維持できるからだ。

「思い立ったらすぐ行動」……。一番大きい学びは、これなのかもしれない。

参考元: Case Study: How One Veteran’s Podcast Built a Million-Dollar Business How To Podcast For Profit ($2M Sales In Year 2) With Entrepreneur On Fire John Dumas Entrepreneur on Fire

関連記事: 3つの成功事例に学ぶ、ベンチャー・スタートアップ向け コンテンツマーケティング活用術 ベンチャー・スタートアップこそコンテンツマーケティングを始めるべき10の理由 パーソナリティを重視して「記憶に刻み込まれる」コンテンツにする3つの心得 Y Combinatorが輩出した、注目の最新スタートアップ5選