新しいピザメニューを考案して売上ゲット!ドミノ・ピザの新プロモーション

デジタルマーケティング

世界中でデジタルマーケティングを積極的に展開している「ドミノ・ピザ」。

現在オーストラリアのドミノ・ピザで、「Pizza Mogul (ピザ王)」という面白いキャンペーンを実施している。

ユーザーはWebサイトまたはスマートフォンのアプリから、オリジナルピザを創作、宣伝という作業を行う。自分の作ったピザが売れれば、マージンを受け取ることができる。

無料で参加でき収入も見込めるのなら、ぜひやってみようと思うのがスマートフォン世代の若者たち。いつでもどこでも短時間で参加でき、運が良ければお小遣いも稼げるというのは非常に魅力的である。

では、そのキャンペーンの詳細と、デジタルマーケティング施策を見ていこう。

誰もがクリエーターに

オリジナルピザの考案から宣伝に至るまで、ユーザー自身が手がける。平等にクリエーターとしてのチャンスを与えられることで、ユーザーのキャンペーンへの関心度が高まる。

Pizza Mogulで創作できるメニューは何と140万種類にもおよび、ユーザーはダブルクリック、または、クリック・アンド・ドラッグで、簡単にオリジナルピザをデザインできる。出来上がったピザに商品名をつければ、ドミノ・ピザのオンラインメニューに新商品として登録される。

同社は従来のように、自社の売りたいピザを提供するという形態にとらわれず、顧客がドミノ・ピザで売って、欲しいピザを顧客自身が作っていくという斬新な方法をとった。

ドミノ・ピザ,デジタルマーケティング,キャンペーン,アプリ,プロモーション,Win-Win
Pizza Mogul

作品を世の中に発表

登録されたオリジナルピザを宣伝するのも、ユーザーの役目である。より多くの人たちに自分のピザを知ってもらうには、ソーシャルメディアの活用が妥当である。

そこでPizza MogulのWebサイトでは、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Pinterestといったソーシャルメディアを宣伝目的で、効果的に活用するコツをシンプルにまとめている。

ユーザーは、自分がデザインした世界に1つだけのピザを、テキストや動画を使って自分なりにプロモーションしていく「楽しさ」、誰かが自分の作品を気に入り購入してくれた時の「胸の高鳴り」を経験できる。

このように同社は、他では経験できない付加価値をユーザーに与え、彼らの心をつかむのに成功している。

大金持ちになるチャンス

自分のピザが1枚売れるごとに報酬として、25セントから最大4.5ドル受け取ることができる。この価格帯はトッピングの量で決まる。

最も人気があるピザを考案し、週間第1位の売り上げを達成したユーザーには、賞金2500ドルが贈与される。また、オリジナルピザの売り上げを伸ばし続けているユーザーに対しては、ドミノ・ピザが広告塔としてそのピザを大々的にプロモーションしてくれるという特典もついている。

同社のCEOであるドン・メイ氏は、このアプリを使って、若者たちを彼らの親より稼がせることが同社の夢であると語っている。

まとめ

このキャンペーンで、ユーザーは「創造」「戦略」「成果」と、まさに企業の一員となった感覚を気軽に経験できる。ビジネスそのものがデジタル化した今、事業拡大に最も必要なのは、このような付加価値の高いコンテンツの提供なのである。

あなたの会社も、一方的に自社から商品や情報を与えるのではなく、「ユーザーに機会を与える」という切り口でプロモーションを行い、お互いにWin-Winの関係を築いてみるのはいかがだろうか。