すぐに実行できる!ビジネスブログ作成のために、業界関連のコンテンツをキュレーションする方法

デジタルマーケティング

効果的なコンテンツを作るためには、情報収集が欠かせない。とは言え、常にネットで情報を探しているわけにもいかない。今回は、自社のコンテンツに生かせる情報や素材を、素早く効率的にキュレーションする方法を紹介しよう。

どうやってコンテンツを探すのか?

1.Google ブログ検索

Google ブログ検索で、業界に関連の高いキーワードを入れて検索してみよう。検索結果の1ページ目に常に表示されるブログがあるはずだ。まずはそれらのブログをフォローし、チェックすることから始めよう。

2.LinkedIn News

LinkedIn Newsをご存じだろうか? 人気のコンテンツをチェックできるほか、インフルエンサーやカテゴリーをフォローし、興味のある分野のコンテンツも見られる。LinkedIn Newsの存在を初めて知ったという方は、ぜひチェックしてみてほしい。

3.Twitter

Twitterは、セレブのゴシップをフォローするためだけのツールではない。もっともパワフルなコンテンツ検索ツールの1つであるTwitterは、過小評価されていると言える。Twitter Searchを使って、フォローすべきユーザーやハッシュタグ、トレンドを探せば、自身のビジネスに有益な情報が入ってくる。

4.Google+ Communities

立ち上がってから間もないが、Google+ Communitiesには興味深いコンテンツが集まっている。自身の業界に関係のあるコミュニティを探してみよう。良いモデレーターがいる、あるいは影響力のあるフォロワーがいるコミュニティがオススメだ。ただ、フォローするコミュニティを増やしすぎると、Google+のフィードがグチャグチャになるので気をつけよう。

5.リッチメディアサイト

コンテンツを探す時に、すぐに思いつかないのがYouTubeやFlickrといったメディアだろう。これらのリッチメディアサイトには、膨大なコンテンツが存在しており、ビデオや画像をコンテンツに加えることで、自社のコンテンツの幅がグッと広がってくるだろう。

6.他のキュレーションメディア

上記のサイトもすでにキュレーションメディアと考えられるが、より早くコンテンツを見つけたい場合には、他のキュレーションメディアをチェックするのも1つの手だ。BuzzfeedやAntennaなどのキュレーションメディアを見てみると良いだろう。

キュレーションした後は?

これらのサイトからコンテンツをキュレーションした後は、実際のコンテンツ制作が待っている。記事のランキングを作ったり、ユーザーの声を反映したり、データを活用したりして、バラエティに富んだ内容で制作してみよう。

また、コンテンツ作った後は、ソーシャルメディアや広告などで拡散させる努力も忘れずに。

参考元: How to Find, Curate & Create Effective Content 7 Quick Ways to Curate Industry Content for Your Blog

関連記事: いいコンテンツなのに読んでもらえない!そんな悩みを解決する、あなたのコンテンツのファンを作る5つのポイント 企業のブランディングにブログを活用?米国で人気が高いコーポレートブログの特徴 今日から実践できるソートリーダーになるための5つの秘訣