マーケティング用ブログを翻訳するためのクラウドソーシング活用法

イノーバニュース

ブログをはじめとするマーケティング用のコンテンツを、国内だけでなく海外へも発信できれば、プロモーション活動に新たな活路が開ける。とはいえ、翻訳会社に委託すると費用対効果が悪い。

そこで検討したいのが、クラウドソーシングである。品質よりも量を優先した翻訳の委託ができ、さまざまな言語の翻訳も受けられるのが特徴だ。事前準備と社内体制さえ整えれば、ブログコンテンツの翻訳を委託するのにクラウドソーシングは有益である。

活況を見せる翻訳のクラウドソーシング

インターネット上で業務の委託・受託ができるクラウドソーシングは、翻訳作業の外注手段としても活用されている。

クラウドソーシングによる翻訳の委託・受託は、海外ではoDesk(オーデスク)のような大規模なサイトで頻繁に行われている。日本国内でも、同様のサービスを運営しているクラウドワークスやランサーズでこうした業務の委託が増え始め、多くの案件が成約している。

一方、翻訳業務を専門に扱うクラウドソーシングサイトもある。こうしたサイトでは、独自の採用テストに合格した人のみが仕事を請け負う仕組みをとっている。テストはプロレベルの技能がなければ合格できないため、ネイティブで高品質な翻訳サービスが受けられる。

最近では、電子書籍を翻訳して海外販売まで手がけてくれる新たなクラウドソーシングのサービスも登場した。クラウドソーシングを使った翻訳業務は活況を見せており、さらなる発展が期待される。

迅速・大量発注・多言語にも対応するクラウドソーシングの翻訳委託

クラウドソーシングで翻訳業務を委託するメリットは、複数の人に仕事を依頼できる点である。しかも、比較的納品が早い。短期間で大量の翻訳を委託するには好都合だ。

さらに、クラウドソーシングのサイトには世界中の人が登録しているため、翻訳してほしい言語を母国語としている人に業務を委託できる。英語や中国語などはもとより、タイやベトナム、インドネシアなど東南アジア諸国の言語でも、引き受け手が見つかるケースが多い。

つまり、クラウドソーシングによる翻訳は、迅速で大量発注が可能、対応する言語が多彩という点が大きな魅力と言える。

海外配信用のブログコンテンツの翻訳にクラウドソーシングを活用

クラウドソーシングを使った翻訳は、海外配信用のブログコンテンツを作成するのに活用しやすい。

ブログコンテンツは更新頻度が高いため、専門の翻訳会社に委託すると費用がかさんでしまう。どちらかというと品質よりもスピード重視で、タイムリーにアップしていきたい、というケースがあるだそう。このようなタイプの翻訳外注には、クラウドソーシングが威力を発する。

oDesk、クラウドワークス、ランサーズのような総合型のクラウドソーシングサイトでは、登録者に翻訳のプロもいるが、前にも述べたように翻訳したい言語を母国語としている人も登録している。そのため、大量翻訳に必要な人員を確保でき、短期間での納品も可能だ。

また、同時にさまざまな言語での翻訳を複数人に依頼することもできる。多言語に翻訳されたコンテンツを手に入れることで、海外配信の幅を広げられるだろう。

クラウドソーシングを活用した翻訳の委託で良い成果を上げるには

クラウドソーシングを活用した翻訳業務の委託は、事前準備と社内体制をきちんと整えなければ成果をもたらさない。翻訳会社に外注する場合と異なり、先方にまかせきりにすると、期待通りの納品が得られるとは限らないからだ。

まず、募集案内に依頼したい業務内容を詳細に明記しなければならない。翻訳言語や文量、納期はもちろんのこと、どのようなコンテンツの翻訳を依頼したいのか、どの程度の翻訳技能を持っている人を求めているかなどを提示するのは重要である。また、機械翻訳による納品を避けるため、手作業での翻訳を明記しておくのも忘れてはならない。

次に、契約交渉も入念さが肝要である。応募者から実務経験や実績の提示がないときは、翻訳サンプルを見せてもらうなど、技能レベルを直接確認するのを怠ってはならない。また、相手が外国人であれば、作業中の事務連絡を日本語で支障なく行えるかも確かめておこう。

納品された翻訳は必ずしも完璧とは限らない。専門用語や細かい表現の手直しは必要である。社内で納品内容の確認と仕上げをするための編集体制を整えておくようにしたい。

ブログコンテンツのような大量の翻訳を、クラウドソーシングで委託するのは費用対効果と効率を考えると有用な手段である。作業体制が軌道に乗れば、自社のマーケティング用コンテンツの海外配信にとって大きな戦力となるだろう。

参考元: Translation crowdsourcing: Weighing the pros and cons What are the advantages and disadvantages of crowdsourcing translation?

関連記事: やはり大事なのは「人」 コンテンツマーケティングチームに必要な4人のキーパーソンとは?