イノーバは、「コンテンツマーケティング」という最新のデジタルマーケティング・サービスを提供しています。見込み顧客が興味を持ちそうなコンテンツをウェブ上に継続的に発信していくことにより、顧客のほうからサービスや商品に興味をもってもらう。私は、弊社のサービスを通じて、日本企業が世界中から新しい顧客を獲得し、ビジネスを成長させる世界を実現したいと思っています。

「ベンチャービジネスは人がすべて」

僕は、イノーバを成功させるために、世界中の成功したベンチャーの経営者のエピソードや著名なベンチャーキャピタルの話を調べています。彼らが共通して言っているのは、「ベンチャービジネスは人が全て」だという事です。だからこそ、僕は、採用活動と組織作りを会社のもっとも重要な活動だと位置づけています。

優秀な人材を引きつけ、最高のパフォーマンスを発揮できる舞台を準備する、それこそがイノーバの経営者として自分がやるべき仕事だと思っています。社員がやりがいを感じ、自分のキャリアゴールに向かってスキルと経験を磨いていく、そのための最高の舞台を用意していきます。

「理想のイノーバ社員像とは?」

僕のイメージする理想の組織は、サッカーに例えるならば、ブラジルのようなスタイルです。圧倒的な「個」としての能力の高さと、組織としての連携プレー。次々と変わる局面に応じて、1人1人が素早くアクションを起こしていく。ベンチャー企業は、新しいビジネスチャンスを見つけ、大企業と肩を並べて戦っていく必要があります。そんな大きなゴールを達成するには、ブラジル型のサッカーチームが一番いいと思っています。僕がイノーバの社員に求めているのは、「強い成長意欲」と「社会を変えるという使命感」です。

ベンチャーは少人数で最大の成果を求めるため、ひとりひとりの負荷・責任が大きいのは確かです。しかしながら、自分の努力や成長がそのまま会社の成長につながるのもまたベンチャー。成長意欲が高く、変化を楽しめる人にとってベンチャーはこれ以上ない環境です。そして、なんのために日々努力するのかというと、それはビジネスの成長を通じて、社会に価値を生み出し、世の中を革新していくという事。それは、自らに与えられた使命を果たしていくという事なのです。

最高のメンバーがいる環境で、自らを成長させたい人。そして、世の中に大きなインパクトを残す仕事をしたい人。ぜひ一緒に、世界一のマーケティングカンパニーを創りあげましょう。

株式会社イノーバ
代表取締役社長 宗像淳