BACKGROUND

テレマーケティング会社で外資及び国内IT企業での中小企業向けサーバーのインサイドセールスを約8年経験する。
その後検索キーワード型広告で知られるオーバーチュアに転職し、リスティング広告のインサイドセールスを担当(ヤフーに買収され転籍)約7年間勤務。
自身のチャレンジのため製造会社にイヤホンの自社ブランド企画を持ち込み、立ち上げからマーケティング・営業のすべてを行う。
自社ブランドのマーケティング手法の勉強中にコンテンツマーケティングを知り、書籍「商品を売るな」と出会い感銘を受け、コンテンツマーケティングのインサイドセールスとしてイノーバに入社。

なぜイノーバに入社したのか?きっかけは?

イノーバに入社する直前の会社は小規模な下請けの音響製造会社に勤務していました。
自社ブランドの企画から製品化、営業、マーケティングまで行っているなかで、代表の宗像の書籍「商品を売るな」に出会い、“コンテンツマーケティングの力で日本企業を支援する”という考えに共感しました。
ちょうどインサイドセールスの募集をしており、IT業界・ネット業界と常に新しいテクノロジーやマーケティング関連におけるインサイドセールスに携わった経験値を活かせると思い入社しました。

入社してみてどうだったか?

当然ながら若いメンバーが多く、会社の平均年齢を上げてしまいました(笑)
入社した理由の一つに、若い人と仕事をしたかったこともあり、大いに刺激を受けています。また、若いメンバーからアイデアをもらったり、自分の経験と掛け合わせてアイデアを出したりと、たくさんのアイデアが生まれています。

業務のやりがい

インサイドセールスはまだまだ発展途上で、未知数の分野です。顧客との接点になる部署なので、常にどうしたらさらに良くなるかを試行錯誤しながら、改善、実行を繰り返し、成果につなげていくことが大きなやりがいです。

業務のやりがい

チームとの連携

インサイドセールスはあらゆる業種や立場の方との話から、お客様の課題や問題点をより多く聞き、お客様の声をマーケティング部や営業部をはじめとする各部署にフィードバックすることで、イノーバのサービスに反映される重要な役割を担っています。

これからやっていきたいこと

インサイドセールスという言葉もよく聞くようになってきましたが、どのような役割か、まだ知られていないのが実情です。
イノーバのコンテンツマーケティングとインサイドセールスの親和性はかなり高いので、インサイドセールスの役割や必要性を知ってもらうためにも、成果をもっと上げていきたいと思っています。

その他、応募してほしい人へのメッセージ

インサイドセールスはあらゆる業種の企業担当者様とお話をして、マーケティングにおける課題や悩みをヒアリングする業務です。
会社の事業や内容に興味があり、“なぜ?”と思う好奇心旺盛な方に来てほしいです。
また、イノーバサービスのよさを分かりやすく伝える必要がありますので、イノーバのコンテンツマーケティングでお客様の事業をよりよくするんだ!と本気で思える人。
そして、集めたデータをもとに分析する、コツコツ確実タイプの方にも是非来てほしいです。