BACKGROUND

家庭用ゲーム機向けソフトの設計と開発を経験した後、Webプログラマに転向。
2016年6月よりイノーバ開発部にて勤務。
主力製品である「Cloud CMO」を中心に各種システムの開発に従事。

なぜイノーバに入社したのか?きっかけは?

これまで自分が経験した仕事では、基本的に企画の業務と開発の業務は切り離されており、サービスの内容に直接関わるということは無かったように思います。
しかしお客様に喜んでいただけるようなサービスを開発するには、エンジニアを含むチーム全員がサービスの内容とビジネスモデルを把握する必要があると感じるようになり、現状の自分の仕事に疑問をもつようになりました。

そんな時、当時のイノーバのCTOの方とお話する機会があり、イノーバの環境は非常に魅力的だと感じました。
サービスを作る際には本質以外の部分、ワークフロー、ミドルウェア、勤務体系やその他の様々な部分を考慮しなければなりませんが、一般にそれらは「会社の方針」で決まってしまうことが多いような気がします。
イノーバの良いところは、特に「会社の方針」にとらわれず、個々の従業員がいろいろな方法を次々に試していけるような環境にあるように感じます。

入社してみてどうだったか?

実のところ入社して実際にシステムを触るまで、イノーバのサービスがどのような価値を提供するものなのか、よく理解しておりませんでした。
というのも今までに自分が携わってきたビジネスというのはいわゆる「コンシューマ向け」であり、一般の消費者でも良し悪しのわかる分野でした。
「Cloud CMO」はWeb上でのマーケティング施策を展開したい企業様に向けたものになるため、マーケティングに関する知識があってはじめて機能するサービスとなっています。

入社した当時もそうですが、現在もマーケティングの手法について学びながらサービスを開発していて、自分の世界が少しずつ広がっていくように感じています。

入社してみてどうだったか?

業務のやりがい

イノーバでは業務に関するアイディアや感想を「Qiita Team」に自由に投稿できるようになっていて、人気の記事にはコメントがつくようになっています。
例えば社内で使っているお客様の契約管理ツールについての記事を投稿すると、他の部署の方から「実際の運用と違う」、「目立たないけどこの機能はとても重要」といった感想があがってくることもあります。
こういった文化によってほどよい緊張感と張り合いが生まれ、とても気に入っています。

チームとの連携

イノーバ開発部ではチーム"外"との連携にかなり注意を払っていて、連絡の方法と段取りには工夫しています。
小規模のチームではいちいち連絡するのが面倒という理由で、担当者間だけでやり取りしてしまいがちなのですが、関係者全員に情報が行き渡らなくなってしまうリスクがあります。
情報共有には「チャットワーク」、プロジェクトの進行管理には「JIRA」、システムの図解には「Cacoo」というようにツールを使い分け、連携が滞らないようにしています。

これからやっていきたいこと

組織の文化づくりについてもっと工夫して、イノベーションが起こるようなチームを作りたいと考えています。

その他、応募してほしい人へのメッセージ

個人的な体験を言えば、イノーバ以前の自分は、自身が理解できるような範疇のことにだけしか挑戦してこなかったように思います。
特に、Webマーケティングの業務に携わるというのは全く想像しておりませんでした。
ただ、全く新しいことをやろうとしているときには自分も含めて理解できる方はいないので、臆せずに挑戦できる方の応募があればと思っています。