プロが選ぶ!BtoBマーケティングを支援する企業。頼れるパートナーを見つけて飛躍しよう

BtoBマーケティング

BtoBマーケティングの手法は進化を続けています。営業部員がテレアポして訪問し商品パンフレットを見せながら見込み客にセールスする、という従来の営業活動から、WEBマーケティングを組み合わせて営業活動がより効率的・効果的に展開できるようになっています。例えば、展示会やセミナー等で集めた見込み客のリストをマーケティングオートメーション(マーケティングを自動化できるツール)を利用して、購買意向の高い見込み客と低い見込み客に選別し、購買意向の高い見込み客に積極的にセールスをすることで受注率を高める仕組みがあります。このように、最新のBtoBマーケティングの手法を取り入れることで、営業活動の労力を軽減させることができるだけでなく、成果を高めることが可能です。しかし、手法が進化するほど仕組みの構築に専門性が要求され自社だけで運用するのが難しくなってきているのも事実です。そこでここでは、BtoBマーケティングを支援しているおすすめの企業を紹介。頼れるパートナーを見つけてビジネスを飛躍させましょう。

マーケティング戦略設計を支援する企業

BtoBマーケティングの戦略設計から運用までワンストップで依頼できる企業を紹介します。ゼロからマーケティングの仕組みを構築したいときはもちろん、仕組みはあるものの成果が芳しくないときの相談相手としても活用できるでしょう。

  • 株式会社イノーバ

手前味噌恐縮ですが、弊社からご紹介させていただきます。コンテンツマーケティングのリーディングカンパニーとして、500社以上の支援実績があります。強みであるコンテンツマーケティングだけでなく、コンサルティング、マーケティングオートメーションツール、SEOコンテンツ制作、商談を創り出すWebサイト制作、マーケティングと営業の橋渡しの役目をはたすインサイドセールスをワンストップで提供しています。

  • 株式会社Nexal

デジタルマーケティングを中心に、クライアントの個別の課題にコンサルティングを提供している企業です。戦略策定はもちろん、設計・施策支援、体制構築支援、分析・評価支援まで手厚くコンサルティングしているのが特徴です。現状とあるべき姿のギャップ(課題)を抽出し、それを見失わないことをコンサルティングポリシーとしており、コンサルティングをうけるなかで当初の要望からブレてしまうことを避けることができます。

  • ワンマーケティング株式会社

社名の“ワン”は、ワンストップでBtoBマーケティングを支援する、という想いからつけられたそうです。その理念の通り、戦略立案から施策設計、体制構築までまるごと相談することができます。特徴は、売上拡大にフォーカスした支援であることです。プロセスにおける成功ではなく、売上に連動する成果をだすことを重視した仕組みの構築をしています。

 

特定テーマに専門性の高い企業

マーケティングの全体的な仕組みはすでに構築されており、特定のテーマに改善課題がある場合は、そのテーマに専門性の高い企業をパートナーに選ぶといいでしょう。改善課題として挙げられることが多いSEO、SNS、PR・ブランディングの分野でおすすめの企業を紹介します。

SEO対策に強い企業

  • 株式会社イノーバ

戦略設計でも紹介しましたが、弊社イノーバはSEO対策の分野でも評価の高い企業です。コンテンツマーケティングに突出した強みがあり、商談を創出するためのWEBサイトの制作から、そこに集客するためのSEOコンテンツの制作まで実務の代行が可能です

 

  • 株式会社ハートラス

SEO、UX、CROを軸としたWEBサイトの改善コンサルティングを手掛けており、その支援実績は1000サイト以上になります。検索順位の改善はもちろん、コンテンツマーケティングによる興味・関心の醸成、ランディングページの作成によるWEB接客の強化まで、売れるWEBサイトの設計を全般的に支援してくれます。

  • 株式会社ドコドア

自社の売上の99%を検索エンジン経由で獲得してきたノウハウをベースにSEO対策のコンサルティングとホームページの制作を手掛けている企業です。料金プランが細かく設定されており、これからホームページやランディングページを作成したい方は相談に乗ってもらうといいでしょう。

 

SNSマーケティングに強い企業

  • 株式会社ガイアックス

1000社以上の支援実績をもつ大手のSNSマーケティング支援企業です。SNSマーケティングの設計支援から運用コンサル、広告運用代行、SNS上の投稿分析、炎上対策まで幅広くサービスを展開しています。また、自社メディアも豊富に保有しており、自社メディアの運用で得た知見をコンサルティングに活かしており、実践的なノウハウを提供してくれます。

  • 株式会社World Wide System

SNSマーケティングの総合支援企業です。特に評判が高いのが各種SNSを利用したオリジナルのキャンペーン支援ツール、SmartPRシリーズです。インスタグラムのコメントキャンペーンやデジタルクジなど多彩なラインアップで、SNSを利用したキャンペーンの際にはチェックしておくことをおすすめします。

  • サムライト株式会社

大手から中小企業まで幅広くSNSマーケティングを支援している企業です。InstagramやTwitterの代行からインフルエンサーのマッチングサービス、動画マーケティングなど、SNSのマーケティングに関するサービスが充実しています。これからSNSマーケティングを始める企業から、もっと成果を高めたい企業まで相談に乗ってくれるでしょう。

 

PR・ブランディングに強い企業

  • 株式会社ベクトル

戦略PR、ブランディングを手掛ける業界のリーディングカンパニーです。モノを広めるスペシャリストとしてクライアントの課題に合ったPRコンテンツの開発から、コミュニケーションのインフラの提供までカバーしています。デジタルマーケティングやSNSの知見も豊富で、商品・サービスにマッチしたメディアプランニングをしてくれます。

  • 株式会社フルハウス

パブリシティやメディアリレーションを中心とした総合PR会社です。テレビだけでなく、新聞、雑誌、WEB、ソーシャル、イベントなど特定の媒体に依存せずに、商品・サービスに最も効果的なPRプランニングを得意にしています。話題性を高めることを重視したPR・ブランディング活動の頼れるパートナーとなってくれるでしょう。

パートナー企業の選び方のポイント

料金が安いから、実績が豊富だったから、など安易にパートナー企業を選んでしまうと、後になって「依頼したい分野と先方の得意分野にズレがあった」、「アウトプットが要求する基準を満たしていない」ということになりかねません。事前にパートナー選びのポイントをおさえて、このようなミスを防止しましょう。

  • 事前に依頼範囲を明確にしておく

戦略設計から実務代行まで全般的に依頼したいのか、SNSやSEOなど特定の分野のコンサルティングを依頼したいのか、依頼範囲を事前に明確にしておくことが重要です。自社に得意・不得意があるように、パートナー企業にも得手不得手があります。何を依頼してどのような成果を得たいのか、を明確にすることが自社にマッチするパートナーを選ぶ上での必須条件です。

  • 担当者の対応力を確認する

依頼前に担当者の対応能力を確認しましょう。具体的には、スピード、専門知識、要望への理解力などです。企業の取引は、初めは企業対企業ですが、プロジェクトを進めるうちに個人対個人になっていきます。どれだけ会社が立派でも、担当者の手腕が低ければプロジェクトの成功は期待できません。

  • 目標とそれの達成期間を明確にする

パートナーとはまず達成したい目標を共有することから始まります。パートナーに目標に対する十分なスキルとコミットメントがあることが選定の最初のポイントになります。そして、達成する期間もチェックしましょう。同じ目標でも3か月で達成できる企業と、一年かかる企業では同じプロジェクトでもかかる労力は大きく変わります。基本的には短期間で目標を達成できるにこしたことはありませんが、その分スケジュールが過密になる可能性もあるので注意しましょう。

パートナーとともにBtoBマーケティングを成功させよう

現代はモノがあふれユーザーの価値観は多様化したといわれています。価値観の多様化は購買行動の多様化につながり、それにあわせてマーケティングも高度化・複雑化していきました。マーケティングの高度化・複雑化は、手法の選択肢が増えたといえますが、一方で専門性が高くなったことで自社だけでマーケティング活動を完結させることがより難しくなっています。パートナーの専門性を活用し、価値観の多様化したユーザーに適切に商品・サービスを届けることでビジネスを成長させていきましょう。