最も効果的な昼寝の仕方とは?最新の調査結果の紹介

経営・ビジネスハック

昼寝をすると生産性が上がるというのは良く知られています。しかし、もっとも効果的な昼寝はどのようにすれば良いのでしょうか?海外の研究成果を元に、最も効果的な昼寝の仕方をご紹介しましょう。

適切な昼寝の時間は20分まで

実は、最適な昼寝の時間は15〜20分程度だとされています。長時間昼寝をした際に、疲労感を感じたり、頭痛を感じるのは、深い眠りに入ってしまい、脳が目を覚ましにくくなってしまっているからなのです。

最適な方法はコーヒーと昼寝の合わせ技

イギリスのラフバラー大学での研究成果によると、コーヒーを飲んで15分程度の昼寝をした場合、昼寝のみの場合や、コーヒーのみの場合よりも集中力が増す事が判明しています。

疲労物質アデノシンを取り除くメカニズム

脳が疲れを感じる際には、アデノシンという物質が生成されます。昼寝はこのアデノシンを減らす効果があるのです。また、コーヒーに含まれるカフェインにも、このアデノシンの働きをブロックする働きがある事が判っています。コーヒーと昼寝の両方が疲労回復を助ける仕組みです。

コーヒーを飲んでも昼寝が出来る理由

更には、コーヒーに含まれるカフェインは、眠気を妨げる効果がありますが、コーヒーを飲んでから消化吸収までに20分程度かかります。昼寝の直前にコーヒーを飲む事で、スムーズに昼寝をする事ができ、なおかつ、昼寝が終わる20分後にはすっきりと目が覚めるという仕組みなのです。

眠れなくても疲れは取れる

どうでしょうか?コーヒーと昼寝の合わせ技、なかなか理にかなっているのではないでしょうか?ちなみに、昼寝が苦手な人は、目をつぶってじっとしているだけでも疲労回復効果が見られたそうです。ぜひ、昼寝にチャレンジして、仕事の生産性を上げる事に挑戦しましょう。

宗像はこう考える

どうだろう?なかなか参考になったのではないだろうか?僕も、記事を読んで実際に、コーヒーを飲んでから昼寝をした所、通常よりすっきりと目を覚ます事が出来た。ぜひ、皆さんも試してみて欲しい。

 

記事執筆:(株)イノーバ。イノーバでは、コンテンツマーケティングのノウハウを詰め込んだ無料のebookや事例集をご提供しています。ダウンロードはこちらからどうぞ→https://innova-jp.com/library/

Source: Vox

Photo Credit: 2-Dog-Farm from Flickr