コンテンツマーケティングの3つのステップ

コンテンツマーケティング

今は、自社のホームページを持っているのは当たり前で、逆にホームページが無い会社の方が珍しい位になっている。しかし、Webサイトを活用して集客し、売上を上げている会社となるとごくごく一部である。

よくある失敗談を紹介しよう。

想像して見て欲しい。あなたは中小企業の社長である。そして、ウェブ制作会社の営業マンから、「今の時代はWebサイトですよ」と営業をかけられる。たしかに、新聞やテレビもインターネットの話題ばかりだ。やはりホームページは必要だろうという事で、制作会社にWebサイトを発注する。 「どういうWebサイトがいいですか?」という話しになっても、結局、どういうWebサイトにしたら良いのか、良くわからない。そこで、競合他社のホームページや、制作会社が見つけて来た、かっこいいWebサイトを真似て作る事になる。

そして、「ホームページは会社の顔」だからと考えて、競合他社よりも格好いいWebサイト、デザインにこだわったWebサイトを作ってしまう。確かに出来上がったWebサイトは格好いい。見ていて非常に気持ちがいい。一種の達成感すら感じられる。

しかし、1カ月もすると問題に気付く。 せっかくWebサイトを作ったのに、問合せが一件も来ない。注文が一件も入らない。全くビジネスを生み出していないという事に気づくのだ。

しかし、このようなWebサイトは、決して例外ではない。ほとんどの企業のWebサイトはこの運命をたどっている。

企業の経営者は、格好いいデザイン、イコール、売れるWebサイトだと勘違いをしている。 ウェブ制作会社もそうだ。格好いいWebサイトを作る事が仕事だと思っている。しかし、それでいいのだろうか?確かに、お客さんは満足するだろう。しかし、ビジネスに繋がらなくては、Webサイトの意味が全くない。

どうして、このような問題が起きてしまうのだろうか?

なぜWebサイトが役に立たないのか?

それは、“単にWebサイトを作っただけ”で、マーケティングを実施していないからである。Webサイトをマーケティングツールとして上手く機能させるためには、顧客を惹きつけるコンテンツを制作し、将来顧客になる可能性のある人々に、自社のWebサイトの存在を知ってもらう方法を考えなければならない。そう、ウェブマーケティングの最初の一歩は、“未来の顧客に、自社サイトを発見してもらうこと”なのだ。

今回は、Webサイトを見込み顧客に見つけてもらうための方法について解説しよう。

コンテンツマーケティングの3つのステップ

Step1. 戦略を立てる:見込み客と目標の設定

WEBマーケティングの第1歩は、自社の見込み顧客を考える事からだ。 具体的には、以下の質問に対する答えを考えてみる。

・お金を出してあなたの商品を買ってくれるのはどのような人々だろうか? ・すぐには買わないまでも、あなたの商品に興味を持ってくれるのはどのような人々だろうか? ・人々が、あなたの業界について検索するとしたら、どのようなキーワードだろうか? ・人々が、あたなの会社の商品やサービスを検索するとしたら、どのようなキーワードだろうか?

人々が検索する時は、常にキーワードを使って検索する。だから、キーワードが本当に大事になるのだ。

まず、自社サイトがヒットする可能性のある検索キーワードをリストアップしてみよう。そしてそれらキーワードの全てを、Google のキーワードツールのようなツールで調べてみよう。 Google のキーワードツールでは、それぞれのキーワードが月間に何回検索されているのか知ることが出来る。この数字を見れば、人々がどのようなキーワードで検索しているのかが理解できるのだ。

検索キーワードの見極めは極めて重要だ。最初にじっくりと時間をかけて、自分達の会社が狙うべきキーワードを設定しよう。

Step2. コンテンツ戦略

ターゲットとキーワードの見きわめが出来たら、いよいよ実際の作業に入る。コンテンツ制作は、WEBマーケティングの重要パートだ。魅力的なコンテンツを作る必要があるが、その真の目的は、検索エンジンのリスト上位に載り、多くの検索トラフィックを獲得することにある。

コンテンツ形式 有効なコンテンツとして、以下のものが挙げられる

・ ブログ ・ youtubeなどのビデオ ・ プレゼンテーション資料 ・ インフォグラフィックス(統計データを図解したカラフルな資料) ・ ポッドキャスト ・ eブック(PDFタイプの小冊子)

これらの中で、最も重要なのはブログだ。検索トラフィック数のうち、ブログから来るものが約55%という数字もある。 また、ビデオ、インフォグラフィックス、eブック(PDF形式の小冊子)は、ソーシャルメディアで話題が広がる可能性があるので、要注目だ。

ここで、どのようなブログを書けば良いのか?という問題が出て来るが、答えは簡単、自分のビジネス分野についての情報を書けばいいのだ。例えば、 ・ ちょっとした豆知識や、お役立ち情報 ・ ハウツー記事 ・ 最新トレンド

など。自社商品のカテゴリーに関心のある閲覧者に役立ちそうなものなら、どんな内容でも構わない。そして毎回ブログを書くごとに、Step1で選定した主要キーワードのリストを確認して、キーワードを含んだ記事を書くように心がける事である。

Step3. コンテンツの宣伝

コンテンツを多くの人に知ってもらうためには、以下の3つの方法がある。

・ SEO(検索エンジン最適化) ・ ソーシャルメディア ・ リスティング広告(成果報酬型広告)

ブログ記事を書くなど、コンテンツが出来たら、次はそのコンテンツを広める事である。主要な作戦としては、SEOとソーシャルメディアだ。

まず、SEOについて開設しよう。SEOとは、Serch Engine Optimizationの略であり、日本語では、検索エンジン最適化と訳される。すなわち、検索エンジンランキングの検索結果で、上位を獲るためのテクニックのことだ。詳しくは、今後のブログ記事で解説するので、安心して欲しい。今は、検索エンジンの検索結果で上位表示をする事が大事で、そのためのテクニックがSEOだと理解してもらえれば良い。

ソーシャルメディアは、コンテンツの認知を高めるためのもう一つの有効な手段だ。なぜなら、ソーシャルネットワークの口コミ効果でコンテンツが拡散するからだ。上手く行けば大量の検索トラフィックを獲得出来るのも夢ではない。

THE CONTENT MARKETINGでも、ソーシャルメディアですさまじい口コミを体験した事がある。「スタンフォードの心理学教授に学ぶ子供のほめ方」という記事を書いて、ブログに掲載した所、すさまじい勢いで口コミが広がった。わずか1週間でFacebookのいいねボタンのカウントは1万を超えた。現在いいねボタンの数は1.5万となっている。これまでに6万人以上の人がこのブログ記事を読んでくれている。

もちろん毎回このような大ヒットが出るわけでは無いが、それでもFacebookやTwitterを見て、ブログを訪れてくれる人は、常に全体の50%を超えている。だから、ブログでもビデオでも、コンテンツを更新したら必ずソーシャルネットワークでシェアした方が良い。

最後はリスティング広告やFacebook広告などの成果報酬型の広告である。リスティング広告というのは、Google やYahooなどで検索した際に、画面の端に表示される検索連動型の広告の事である。そして、Facebook広告というのは、Facebookの画面の右側に表示される四角い広告の事だ。

これらは、Webサイトへの訪問者を手っ取り早く増やしたい時には使ってもよいだろう。前述のSEOの効果が出てくるまでには、一定の時間が必要なので、短期的に売上を上げたい時には、リスティング広告を選ぶ事になるだろう。もちろん、SEOよりもコストがかかるが、それでも意味はある。しかし、WEBマーケティングの本当の成功は、長期的な努力によって、検索エンジンの検索結果で上位にランク入りする事だ、ということを覚えておいてほしい。

コンテンツマーケティングの3つのステップ

1)どのような人々にWebサイトを見てもらえば良いかをよく考え、ターゲットを明確に絞る 2)魅力的なコンテンツを制作する 3)SEO、ソーシャルメディア、リスティング広告(任意)を使ってコンテンツの認知度を上げる

まとめ

どうだろうか?参考になっただろうか? これまで繰り返し説明している通り、コンテンツマーケティングは、見込み顧客に読んでもらえるような情報・コンテンツを提供する事が重要だ。そのためには、自社のターゲット顧客を考え、魅力的なコンテンツを作る事が大事だ。そして、SEOとソーシャルメディア対策を行えば、あなたの作ったコンテンツに興味を持ってくれる人を大勢集める事が出来る。

多くの人は、今までブログを書いた事が無い、何を書いていいのか分からないと感じているかもしれない。しかし、安心して欲しい。コンテンツマーケティングは世界中の人が実践している。決して難しいテクニックではない。しかも、じっくりと取り組めば、確実に効果の出るテクニックだ。具体的な方法論は、ブログで紹介していくので、楽しみに待っていて欲しい。