CTAはスマートに!成約率をアップさせるダイナミックCTA、3つのコツ

デジタルマーケティング

ペルソナや閲覧ページによってCTAボタンの内容を変える、「ダイナミックCTA(あるいは、スマートCTA)」。

これは今後、より狙いを定めたWebマーケティングを行う際に、必要となってくるだろう。

今回は、ダイナミックCTAを、具体的にどのように使い分けていくべきなのか? 3つまとめてご紹介しよう。

効果の出るダイナミックCTA、3つのポイント

1.用途に合わせたオファーを用意する

自社のWebサイトに訪れた全てのユーザーが、同じものに興味を持つとは限らない。もし、各ユーザーの興味に応じて、異なるオファーを用意することができたら、成約率を上げることができるのではないだろうか。

例えば、自社が、あるマーケティングツールを販売していたとしよう。しかし、ユーザーによって、そのツールの使い方は異なるはずだ。

ECサイトの運営者であれば、そのツールを使うことで、「どのようにして、ECサイトの売り上げを伸ばすことができるか」を気にしているのかもしれない。一方で、NPO団体などの非営利団体が訪れたのなら、ツールを使って、「効果的に援助金を集めるための方法」を求めているかもしれない。

ツールの活用方法を、ひとつの資料としてまとめて作成するのではなく、このような目的に合わせて、具体的な提案ができたほうが興味を持ってくれるはずだ。

このように、あらかじめ、自社のサービスや商品に興味を持つ人には、どんなタイプの人がいるのかを考え、各ユーザーに合わせたダイナミックCTAを用意することが大切となる。

2.購入ステップに合わせた仕掛けをする

次に、ユーザーの購入ステップに合わせたダイナミックCTAの設置だ。初めてWebサイトを訪れたユーザーに対してと、以前、メルマガに登録してくれたユーザーに対してでは、アピールするべきポイントは変わるはずだ。

前者であれば、自社のサービスや商品について、あまり知識がないと予測できる。そんな人に対しては、まず、サービスや商品について認知してもらうという、最初のステップを踏むことが重要である。そのためには、メールアドレスだけで登録できるメルマガの読者登録など、できるだけユーザーに負担のかからないダイナミックCTAを設置するといいだろう。

しかし、すでにメルマガ読者であるなら、購入を検討している段階だと判断し、自社の商品やサービスに関するキャンペーン情報などをプッシュすることが必要となる。さらに、サービスや商品の詳しい使い方や活用方法などを紹介する、ダイナミックCTAを用意することで、ユーザーが真剣に購入を検討してくれるきっかけ作りができるのではないだろうか。

3.訪れたページに合わせてオファーを変える

自社のサービス・商品の料金ページを見ている人と、「よくある質問」のページを見ている人とでは興味が異なるはずだ。

料金ページを見ている人なら購入を検討している可能性が高いだろうし、「よくある質問」ページを見ている人なら、購入に当たって、何か解決したいことがあるのかもしれないと考えることができる。

料金ページを見ている人には、無料のお見積もりをCTAで提案し、「よくある質問」ページであれば、お問い合わせしてもらうことを提案しよう。一括に、まとめてお問い合わせページから連絡させようとするのではなく、各ページから読み取れるユーザーの悩みを意識しながら、少しでも連絡が取りやすくなるように工夫することが大切となるのだ。

また、自社でコンテンツマーケティングを実施しているのなら、読んでいるコンテンツのカテゴリーや記事ごとによっても、「ユーザーが、どんなことに興味を持っているのか?」を判断することができる。

ユーザーのニーズに合わせたダイナミックCTAを

いかがだっただろうか? ユーザーへ、「サービスや商品を売りたい」というゴールは一緒でも、それぞれのアプローチ方法は異なる。

各ユーザーが、「どんな悩みを持って、Webサイトにやってきたのか」を先読みしながら、興味を引きやすいダイナミックCTAを設置していくことで、反応率を上げることができるのではないだろうか。

参考元: 6 Smart Strategies for Segmenting Your Dynamic CTAs by Pamela Vaughan Dynamic Calls to Action: How to deliver the right message at the right time by Steve Oakman

関連記事: ユーザーがつい反応!「その気にさせる」CTAボタンの作り方 コンバージョン率を劇的に改善するためのCTAのチェックポイント