イノーバが採用で大事にしたいコト

経営・ビジネスハック

皆さんこんにちは。イノーバ代表の宗像です。

先日、イノーバにマーケティング職で応募してくれた方との面談がありました。一次面接なので私は参加せず、マーケチームと人事が面談しました。非常に経験ある方で良い方だったとの事ですが、私が報告を聞いていて一番嬉しかったのは、「マーケティングが大好きだ」と言ってくれたという事です。

僕も、起業して色々なビジネスをトライ&エラーして、それこそ「ピボット」しまくった訳ですが、やっぱり最後に大事なのは、自分がパッションを感じられるかどうかです。家族に内緒で作ったカードローンの残高も膨らんで、いよいよ進退窮まった時に、最後のチャレンジをしたいと思ったのが、「コンテンツマーケティング」でした。

自分が「パッション」を感じられるから、それに打ち込めるし、挑戦出来るし、失敗から学べる。それがベンチャーでは大事なんだと思っています。

最近呼んだ本、Talent Codeという本には、人が能力を発揮するために重要なのは、生まれもっての才能ではない、努力であるという事が明確に書かれています。ただ、違いを生むのは、試行錯誤をしながら密度の高い学習が出来るかどうか。もっというと、試行錯誤という苦しいプロセスを乗り越えたいと思えるような、強い「動機」が必要なのだという事でした。

ベンチャーは、他の会社よりも「試行錯誤」の度合いが高いと思います。

正直苦しいプロセスです。そこを乗り越えられるかどうか。それは、本当にパッションを感じられるか。今後の採用ではそこを大事にしていきたいと思っています。

次回から、イノーバのメンバーがどんな経緯で一緒に働くことになったか、ベンチャーで働くということや、コンテンツマーケティングへの想いなどをご紹介していきます!

 

記事執筆:(株)イノーバ。イノーバでは、コンテンツマーケティングのノウハウを詰め込んだ無料のebookや事例集をご提供しています。ダウンロードはこちらからどうぞ→https://innova-jp.com/library/